NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  


2810件検索されました(1件目から10件目を表示中)


事前審査がなされた新技術(評価試行方式)やフィールドで試行された新技術(テーマ設定技術募集方式:フィールド提供等)の一覧を閲覧することができます。


マークは、該当する項目に登録があることを意味します。
 
技術名称(登録番号)
※項目を選択すると内容が変更されます
事前
審査

 
試行
実証
評価

 
活用
効果
評価

 
技術の
位置付け

 
備考
1 ドレーンシート工法(CB-090002-VE) 
本製品のシート部(不織布含む)は、地山に密着し、表面水を速やかに排水する機能を持つ。さらに装着された土壌凝集剤が、土壌微粒子を団粒化させ移動を抑制し、濁水の発生を抑える。本技術は、従来と比べ耐侵食性に優れ、周辺の水環境の保全にも配慮した製品である。

     
2 EPSパネル養生工法(CB-090003-VE) 
EPSパネル養生工法は、発泡スチロール(EPS)のパネルをコンクリート表面に密着させ、その保温と保湿の効果により、初期強度の増進とひび割れ低減を図るコンクリート養生工法である。

     
3 NATMトンネルロックボルトキャップ「AKキャップ」(CB-090004-VE) 
ロックボルト頭部の突出による止水シートの破損を防ぐためのロックボルトキャップ。羽根型の保護板によりナット部だけでなく角座金の角部までカバーできるため、シートの防護効果が高く、ワンタッチではめ込むだけで施工性が良い。

      [H26活用促進(旧)]
[活用促進]

4 GRPロックボルトシステム(パワースレッド)(CB-090005-VE) 
ロックボルトの素材をねじり棒鋼からガラス繊維強化プラスチックとし、ナット・プレートも樹脂化することによってねじり棒鋼と同等以上の耐力を実現した。 重量はねじり棒鋼の1/4と軽量であり、耐腐食性、耐酸性にも優れており、長期にわたって性能を維持できる。

     
5 KCドレーン(CB-090006-VE) 
本技術は、堤防強化工法におけるドレーン工用堤脚水路に用いるプレキャストU字溝です。片土留め付きのJ型と通常形状のU型を用意しており、堤脚水路の設置状況に合わせて形式を選択できます。また、通常のU字溝同様オープン型ですのでメンテ等も容易に行えます。(蓋材有)

      [活用促進]

6 LSハイテングレーチング(CB-090008-VE) 
・LSハイテングレーチングとはグレーチングの主部材に高張力鋼(60kg鋼以上)を用いて製作をする技術であり、これにより従来品と比べ製品価格を抑えたり重量を軽減することができます。

     
7 ピンテール破断面のバリ研削機(ボルトシェーバー)(CB-090009-VE) 
本技術は、トルシア形高力ボルトのピンテール破断面を平坦面に切削処理する集塵機能付きバリ研削機(ボルトシェーバー)である。切削に伴う鉄粉飛散を完全に防止することができるため、塗装面の品質確保や作業効率の向上等に繋がります。

     
8 DBヘッドせん断補強鉄筋(CB-090014-VR) 
本製品は土木工事における配筋作業の効率化を図ることを主な目的として開発しました。使用する鉄筋母材は一般異形棒鋼で良くメーカーは選びません。製造は全国にある工法認定業者が行うため輸送コストも軽減され、足場の無い狭所作業も軽減されます。

     
9 南濃式覆土(客土)ブロック工法(CB-090018-VE) 
本製品は、覆土(客土)保持の目的で突起や格子状の土留めを設けたコンクリート二次製品シリーズです。 現場の状況に合わせ、数種類のブロックから単体又は組み合わせを選ぶ事で、現地の景観や目的に合わせた護岸を構築出来ます。

     
10 路面切削機搭載型粉じん防止システム(CB-090020-VE) 
本技術は、路面切削機を使用する切削作業で発生する粉じんの発生を抑制するもので、従来は、粉じん対策のない路面切削機で作業をしてきた。本技術により粉じんの発生を抑制することが可能で、粉じんを受ける沿道や道路利用者の環境を改善することができます。

     
ページのトップに戻る 
<< 前の10件を表示 次の10件を表示 >>

「CSV出力」:カンマ区切りのテキストデータを出力します。出力されたデータはMicrosoft Excel等で利用できます。

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について