ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2018.09.26現在
技術
名称
近隣告知用電子看板及び朝礼用電子看板 
事後評価未実施技術 登録No. KT-170083-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2018.01.11
副    題 フルインターネット型電子看板を利用した近隣告知用電子看板及び朝礼用電子看板 区分 システム
分 類 1 共通工 − その他  
概要
@何について何をする技術なのか?

・工事現場に設置する近隣告知用電子看板と朝礼用電子看板

A従来はどのような技術で対応していたのか?

・金属製の看板

B公共工事のどこに適用できるのか?

・近隣住宅がある工事現場や工事現場内の朝礼台の看板

Cその他
・更新作業は、手元のパソコンから瞬時に表示内容を一新出来る。
・電子看板の輝度 (2500CD〜4000CD)
・電子看板とは、屋外や店頭などに設置された液晶ディスプレイなどの映像表示装置。近くにいる人や通りすがりの人に案内情報や広告などを表示する装置で、看板やポスターなどを電子化したもの。
近隣用(37インチ)・朝礼用(55インチ)電子看板
型番  QS-55(主に朝礼用) QS-37(主に近隣用) 
外形寸法 約1500o(W)×1130o(H)×200o(D) 約1000o(W)×990o(H)×150o(D) 
重量  約120s  約70s  
液晶サイズ  55インチ(121.54o×68.45o)  37インチ(81.76o×46.05o)  
明るさ(自動調光)  4000cd/u 2500cd/u 
コントラスト  5000:01:00 5000:01:00 
解像度  1080×1920(FullHD)  1080×1920(FullHD)  
搭載OS  Android/windows Android/windows 
インタフェイス  USB×4、Wi-Fi×1、4Gモジュール  USB×4、Wi-Fi×1、4Gモジュール 
対応ファイル形式  動画:MPEG-4、/写真:JPEG、PNG、 動画:MPEG-4、/写真:JPEG、PNG、 
電源  電源・・・AC100-240V  電源・・・AC100-240V  
消費電力  250W  120W  
周囲温度(正常動作範囲) -10℃〜35℃  -10℃〜35℃  
屋外仕様  防塵・防滴対応 IP55 防塵・防滴対応 IP55 
湿度環境  90%以下  90%以下 
標準販売単価 150万円  100万円 

近隣用・朝礼用8窓
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)

・金属製の看板から高輝度液晶ディスプレイに変えた。


A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)

・高輝度液晶ディスプレイに変えたことにより、従来技術に比べ情報量、及び内容が充実し、電子看板にすることで、視認性も向上するので、品質が向上します。
・高輝度液晶ディスプレイに変えたことにより、視認性が向上し、歩行者(住民・通行者等)への告知環境が向上する。
・高輝度液晶ディスプレイに変えたことにより、気象庁からの天気予報の掲示や(振動・騒音値等)とも連動で表示できるようにした為、周辺作業環境における近隣住民とのコミュニケーションが向上する。
・高輝度液晶ディスプレイに変えたことにより、通信機能で内容の遠隔更新ができる為、データーの情報量が向上する。

 
適用条件
@自然条件

・電子看板の周囲温度:-10℃以上、35℃以下

A現場条件

・本装置を設置するに際し、単管パイプ等を準備、安全鋼板等の切欠きをしておくこと。
・55インチ〜1500x1130x200(単位o)=0.339m3、37インチ〜990X1000X150(単位o)=0.149m3のスペースが必要


B技術提供可能地域

・技術提供可能地域については、制限無し
・ドコモの4G携帯の電波の届く場所かインターネットの接続ができる場所

C関係法令等

・電気用品安全法
発行年 (改正:平成26年6月18日法律第72号)
発行元:経済産業省
適用範囲
@適用可能な範囲

・電子看板の周囲温度が-10℃以上、35℃以下の工事現場。
・ドコモの4G携帯の電波の届く場所かインターネットの接続ができる場所

A特に効果の高い適用範囲

・工期が1年以上ある中規模以上の工事現場
・近隣住民が多い工事現場

B適用できない範囲

・電子看板の周囲温度が-11℃以下、36℃以上となる工事現場。
・ドコモの4G携帯の電波の届かない場所かインターネットの接続ができない場所


C適用にあたり、関係する基準およびその引用元

・特になし
留意事項
@設計時

・クェスタ株式会社に連絡して下さい。
・ドコモの4G携帯の電波の届く場所かインターネットの接続ができる場所か確認すること。

A施工時

・クェスタ株式会社に連絡して下さい。
・設置方法については、製品添付の取扱説明書により行って下さい。

B維持管理等

・クェスタ株式会社に連絡して下さい。

Cその他

・特になし
活用の効果        
比較する従来技術 金属製の看板
項  目 活用の効果 比較の根拠
経済性 向上( %) 同程度 低下( 118.08 %) 液晶ディスプレィの為、従来技術に比べて、高価
工 程 短縮( %) 同程度 増加( %)  
品 質 向上 同程度 低下 従来技術に比べ情報量、及び内容が充実し、電子看板にすることで、視認性も向上するので、品質の向上が図れます
安全性 向上 同程度 低下  
施工性 向上 同程度 低下 従来技術は重量も軽く、据え置き型であるが、新技術では、液晶ディスプレイの設置準備などの作業を行うので低下
周辺環境への影響 向上 同程度 低下 視認性が向上し、歩行者(住民・通行者等)への告知環境が向上する
環境計測情報の表示 向上 同程度 低下 気象庁からの天気予報の掲示や(振動・騒音値等)とも連動で表示できるようにした為、周辺作業環境における近隣住民とのコミュニケーションが向上する。
遠隔更新機能 向上 同程度 低下 通信機能で内容の遠隔更新ができる為、データーの情報量が向上する
その他、技術の
アピールポイント等
従来技術は、金属製の看板の為、視認性が悪く、情報量が制限される課題があった、本技術の活用により、従来技術に比べ情報量、及び内容が充実し、電子看板にすることで、視認性も向上するので、品質の向上が図れます。
コストタイプ
コストタイプの種類
発散型:C(+)型
活用効果の根拠
基準とする数量 6  単位 ヶ月 
  新技術 従来技術 向上の程度
経済性 686720円 314900円 -118.08%
工程 1日 1日 0%
新技術の内訳
項目仕様数量単位単価金額摘要
37インチ電子看板QS-376ヶ月100000円600000円月額10万(ランニングコスト) 自社歩掛
37インチ電子看板コンテンツ制作等基本料、設定費、フレーム制作160000円60000円初回のみ(自社歩掛)
設置費用日/人・箇所(2人×0.5日)119700円19700円東京都公共工事設計労務単価普通作業員29年3月版
電気料金東京都/重量電灯1800時間3.9円7020円1日10時間点灯×180日間 消費電力約150W 19.52/1000WH
従来技術の内訳
項目仕様数量単位単価金額摘要
金属製の看板8つの工事看板836900円295200円掲示板:850×1200×30厚 お知らせ用8枚
設置工事時間/人・枚数119700円19700円東京都公共工事設計単価普通作業員平成29年3月版
特許・実用新案
種  類 特許の有無 特許番号
特  許
有り 出願中 出願予定 無し
  
特 許 詳 細  
特許情報無し
実用新案 特許の有無
有り 出願中 出願予定 無し
備 考   
第三者評価・表彰等
  建設技術審査証明 建設技術評価
証明機関    
番   号    
証明年月日    
URL    
その他の制度等による証明
制度の名称    
番   号    
証明年月日    
証明機関    
証明範囲    
URL    
評価・証明項目と結果
証明項目 試験・調査内容 結果



施工単価
@施工条件

【共通】
・工事名:東京都で実施した場合
・設置期間:1工事現場6ヶ月設置

【新技術】
・近隣告知用電子看板及び朝礼用電子看板

【従来技術】
・金属製の看板: 1工事現場8枚設置

A積算条件

【新技術】

・レンタル費:100,000円/1台(月額ランニングコスト) (自社歩掛け)
・基本料:60,000 (初回1回) 基本料、設定費、フレーム制作 (自社歩掛け)
・設置費 19,700 0.5日×2人=1日 東京都公共工事設計労務単価普通作業員29年3月版
※クレーンによる設置の場合の作業車の料金は含まれておりません。
※平成29年10月現在の価格

【従来技術】

・材料費:295,200万円(購入費)
・設置費 19,700 1人×1日 東京都公共工事設計労務単価普通作業員29年3月版
近隣告知用電子看板及び朝礼用電子看板
- (事例) - - - 
37インチ月額レンタル料 100,000 6ヶ月 600,000 単価は自社歩掛 
基本料コンテンツ(設定費、フレーム制作費) 60,000 初回1回 60,000 単価は自社歩掛 
設置費用 19,700 0.5日×2人 19,700 東京都公共工事設計労務単価普通作業員29年3月版 
※クレーンによる設置の場合の作業車の料金は含まれておりません。 - - - - 
※平成29年10月現在の価格 - - - - 
歩掛り表あり 標準歩掛, 暫定歩掛, 協会歩掛, 自社歩掛)
施工方法
@設置の準備
・液晶ディスプレイを設置するための準備を行う。

A液晶ディスプレイの設置
・電源を確保する。

B設置完了
・電子看板を設置後、通電し正常表示する事を確認する。


設置手順
今後の課題とその対応計画
@今後の課題

・軽量化と耐久性の向上
・コンテンツの充実 (KY活動アプリ、ヒヤリハットアプリ等)

A対応計画

・軽量化と耐久性の向上は、ファンレス、背部全面ヒートシンク機能入れる 2018年度課題
・コンテンツの充実 (KY活動アプリ、ヒヤリハットアプリ等) 2018年度課題
収集整備局 関東地方整備局
開発年 2017 登録年月日 2018.01.11 最終更新年月日 2018.01.11
キー 
ワード
環境、情報化、公共工事の品質確保・向上
自由記入
環境計測情報の表示 遠隔更新機能  
開発目標
作業環境の向上、品質の向上
開発体制
単独 産、 官、 学) 共同研究 産・産、 産・官、 産・学、 産・官・学)
開発会社 クェスタ株式会社
問合せ先 技術 会 社 クェスタ株式会社
担当部署 開発部 担当者 大石 守
住 所 〒333-0844 埼玉県川口市上青木3-12-18
TEL 048-485-8593 FAX 048-485-8594
E−MAIL info@questar.ac
URL http://questar.ac
営業 会 社 クェスタ株式会社
担当部署 営業部 担当者 岡 香里
住 所 〒333-0844 埼玉県川口市上青木3-12-18
TEL 048-485-8593 FAX 048-485-8594
E−MAIL info@questar.ac
URL http://questar.ac
問合せ先
番号会社担当部署担当者住所
TELFAXE-MAILURL
実績件数
国土交通省 その他公共機関 民間等
1件 2件 3件
実験等実施状況
自然条件確認調査試験

1.試験実施日 : 2017年7月31日
2.調査試験場所 :
@(動作試験場所)弊社事務所内 埼玉県川口市上青木3丁目
3.目的 : 自然条件‐10℃から35℃までの範囲で正常動作するか確認
4.試験方法 :高温高湿層での試験
5.試験結果 :-10℃から35℃までの範囲で、問題なく動作することを確認した。
6.考察:温度範囲を広げ試験し、正常稼働した為、-10から35℃までの範囲をカバーできるものとした。

調査試験結果
埼玉県産業総合技術センター内 高温高湿層にて試験


7月31日温度試験
添付資料等 添付資料
【添付資料1】 試験結果一覧表
参考文献
 
その他(写真及びタイトル)

某土木工事現場


再開発事業

 


詳細説明資料(様式3)の様式はExcelで表示されます。