ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2018.07.18現在
技術
名称
2液混合型けい酸塩系表面含浸材CS-21ビルダー 
事後評価未実施技術 登録No. CG-170009-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2017.09.12
副    題 既設コンクリート構造物の表面保護 区分 材料
分 類 1 コンクリート工 − コンクリート工 − その他 
分 類 2 道路維持修繕工 − 橋梁補修補強工 − 表面保護工 
分 類 3 道路維持修繕工 − トンネル補修補強工 − その他 
分 類 4 共通工 − ボックスカルバート工 − 躯体工 
分 類 5 ダム − ダム維持管理工  
概要
@何について何をする技術なのか?

・中性化の進行した既設コンクリート構造物に適用する表面保護材。
・2液混合型のけい酸塩系表面含浸材で、混合直後から一定時間、低粘度状態を保ち、浸透した空隙内でゲル化する性質を有している。コンクリート表面に塗布し浸透させることで、ひび割れ深部を含む表層部を緻密化し、施工後新たに発生する微細空隙を継続的に充填して、水や各種劣化因子の侵入を長期にわたり抑制する。かぶりコンクリートを健全に保つことができ、既設コンクリート構造物の長寿命化に寄与する。

A従来はどのような技術で対応していたのか?

・けい酸塩系表面含浸材、補助剤を別々に塗布することによる既設コンクリート構造物の表面保護工法。

B公共工事のどこに適用できるのか?

・既設構造物の補修工事におけるコンクリートの表面保護工。

例)
・橋梁
・トンネル
・ボックスカルバート
・ダム
・建築物
など
CS-21ビルダー 物性(標準配合)
項目 主剤 + 助剤 → 混合液 
外観 無色透明液体   白色または淡桃白色液体   白色または淡桃白色液体 
主成分 けい酸ナトリウム   水酸化カルシウム   けい酸ナトリウム/水酸化カルシウム 
比重(密度:g/cm3) 1.22〜1.26   1.01〜1.05   1.18〜1.22 
pH値 11.0〜13.0   12.8〜13.8   11.0〜13.0 
蒸発残留物(wt%) 30.0〜33.0   1.0〜5.0   25.0〜29.0 
粘度(mPa・s) 7.1   -   5.2 

CS-21ビルダー 主剤・助剤
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)

・2液を別々に塗布するのではなく、混合した含浸材を塗布するものとした。
・混合直後は低粘度で浸透性に優れており、散水を伴う工程を削減できる。
・混合後一定時間経過するとゲル化し、滞留性に優れている。

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)

・主剤はコンクリート中および助剤から補給されるカルシウム成分等と反応物(CSH結晶)を生成して微細空隙を充填し、助剤は経年と共に減少する水酸化カルシウムを補給する性能を有しており、材齢の古い既設コンクリート構造物の表面保護に適用可能。
・これら2液を混合した低粘度の液体材料をコンクリート表面から塗布することで、ひび割れ深部を含む表層部を緻密化させ、継続的に微細空隙を充填することにより、水や各種劣化因子の侵入を長期にわたり抑制し、かぶりコンクリートを健全に保つことができる。
・2液の混合から最大30時間(標準配合・20℃)低粘度の液体状態を保ち、その後、浸透した空隙内で急速にゲル化して滞留し、ゲル化後も主剤の反応は継続、時間経過と共に微細空隙の充填効果が高まる。(ゲル化時間は混合比の変更により調整可能。)
・本技術は、補助剤の塗布、散水を伴う工程を省略できるため、従来技術より83%の工期短縮が可能である。
 
適用条件
@自然条件

■気温
・5℃未満:-2℃以下で凍結するため、低温時の施工・保管には注意が必要。(施工面の指触乾燥確認後であれば、0℃未満となっても問題ない。)
・5℃以上30℃未満:適用可能。
・30℃以上:散水により表面温度をさげることを推奨。

■天 候
・晴天:適用可能。
・曇天:適用可能。
・雨天:適用する場合検討が必要。(施工面に水が溜まらない程度の降雨であれば施工可能。)
・強風:適用可能であるが、飛散防止措置が必要。

A現場条件

・上向き、横向き、下向きを問わず適用可能。(上向きは垂れ防止対策が必要。)
・塗布面は乾燥状態、湿潤状態ともに適用可能。
・ローラー刷毛などによる塗布作業が可能なスペースが必要。
(およそ1m×1m)

B技術提供可能地域

・技術提供可能地域については制限なし。

C関係法令等

・特になし。
適用範囲
@適用可能な範囲

・既設コンクリート構造物。
・注入工法による補修までの必要がないと判断され、漏水がなく挙動の小さい場合のひび割れ補修。

A特に効果の高い適用範囲

・中性化が進んだコンクリート構造物。
・微細ひび割れや打継目などで、劣化が進行した部分。

B適用できない範囲

・セメント成分を含まないもの。(樹脂コンクリートなど。)
・既に浸透性吸水防止材などが塗布され、撥水性が付与されたコンクリート。
・劣化要因にASRや化学的浸食が含まれる場合。
・塗布後、他工法の施工に影響を与えないために、2週間以上の期間が確保できない場合。

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元

引用元:
・土木学会発刊 コンクリートライブラリー119 表面保護工法設計施工指針(案) 工種別マニュアル編P.143〜187 表面含浸工マニュアル
・土木学会発刊 コンクリートライブラリー137 けい酸塩系表面含浸工法の設計施工指針(案)
・コンクリート工学会発刊 コンクリートのひび割れ調査,補修・補強指針-2009・2013-
留意事項
@設計時

・劣化部など断面修復の必要がある箇所については、事前に処理を行うこと。
・注入工法などによるひび割れ補修が必要な箇所については、事前に処理を行うこと。
・打ち放し仕上げを原則とするため、施工後早期に接着や被覆等を伴う他工法を併用する場合は、検討が必要。
・駐車場、屋上、地下、水槽などの躯体防水を目的とする場合は、他の工法が優位になる可能性がある。
・新設コンクリート構造物の表面保護を目的とする場合は、他の工法が優位になる可能性がある。

A施工時

・CS-21ビルダーの含浸を阻害する付着物(はく離剤等の油脂類、さび、レイタンス等)については、事前に除去し、ほこり等も清掃すること。
・アルミやガラスなどに付着すると除去し難いため、施工時にコンクリート以外の部分に直接触れないよう養生などの対策が必要。
・助剤は混合前に沈殿物がなくなるまで攪拌を行うこと。
・「主剤」に「助剤」を混合する手順を遵守し、混合は素早く行うこと。
・ゲル化時間は標準配合の場合、混合比や温度により変化するため、混合後施工できる量ずつ混合すること。
・ゲル化が始まった材料は使用せず、混合した状態で保管しないこと。
・保管場所は、直射日光の当たる所や温度が40℃以上になる場所を避ける。(冬季は凍結をさけるため、屋内に保管するなどの対策が必要。)
・取り扱い中は保護マスク、保護メガネ、不浸透性の保護手袋、前掛け等を着用し、直接皮膚に触れないようにする。
・効果は施工に左右されるため、知識・経験を有する管理者(アストン技士/技能士)が必要。

B維持管理等

施工後の管理
・曝露状態を保持。(特に対策の必要なし。)
*経年後については、通常のコンクリート面と同様に、CS-21ビルダーの再塗布の他、各種コンクリート用補修・補強工法の適用が可能。

Cその他

納期
・受注後5営業日以内に出荷。
・5000kg以上は納期の確認が必要。
活用の効果        
比較する従来技術 表面含浸工法(補助剤を併用した反応型けい酸塩系表面含浸工法)
項  目 活用の効果 比較の根拠
経済性 向上( 39.16 %) 同程度 低下( %) 補助剤の塗布、散水を伴う工程の省略により、経済性向上。
工 程 短縮( 83.33 %) 同程度 増加( %) 補助剤の塗布、散水を伴う工程の省略により、工程を短縮。
品 質 向上 同程度 低下 反応性は保持され、継続的な微細空隙の充填性が期待できる。
安全性 向上 同程度 低下  
施工性 向上 同程度 低下 補助剤の塗布、散水を伴う工程の省略により、施工性向上。
周辺環境への影響 向上 同程度 低下 塗布・浸透後にゲル化し流出・拡散し難いため、周辺環境への影響を低減。
その他、技術の
アピールポイント等
散水を伴う工程不要。2液を別々に塗布する必要がないため施工性良好。浸透後に空隙内でゲル化し滞留。微細空隙を継続的に充填する反応性が保持され、長期的な耐久性向上に寄与。
コストタイプ
コストタイプの種類
並行型:B(+)型
活用効果の根拠
基準とする数量 300  単位 u 
  新技術 従来技術 向上の程度
経済性 898700円 1477100円 39.16%
工程 2日 12日 83.33%
新技術の内訳
項目仕様数量単位単価金額摘要
材料費CS-21ビルダー:主剤82.5kg7000円577500円標準配合 ロス率10%
材料費CS-21ビルダー:助剤16.5kg7000円115500円標準配合 ロス率10%
労務費世話役(アストン技士/アストン技能士)225000円50000円アストン協会単価
労務費アストン工法作業員818000円144000円アストン協会単価
諸雑費攪拌機、ローラー、刷毛等111700円11700円労務費の6% 端数調整済
従来技術の内訳
項目仕様数量単位単価金額摘要
材料費補助剤99kg3500円346500円ロス率10%
材料費けい酸塩系表面含浸材33kg8000円264000円ロス率10%
労務費土木一般世話役919400円174600円平成29年度広島県単価
労務費特殊作業員2718500円499500円平成29年度広島県単価
労務費普通作業員916800円151200円平成29年度広島県単価
諸雑費 141300円41300円労務費の5% 端数調整済
特許・実用新案
種  類 特許の有無 特許番号
特  許
有り 出願中 出願予定 無し
  
特 許 詳 細  
特許情報無し
実用新案 特許の有無
有り 出願中 出願予定 無し
備 考   
第三者評価・表彰等
  建設技術審査証明 建設技術評価
証明機関    
番   号    
証明年月日    
URL    
その他の制度等による証明
制度の名称    
番   号    
証明年月日    
証明機関    
証明範囲    
URL    
評価・証明項目と結果
証明項目 試験・調査内容 結果



施工単価
積算条件
■各技術共通
・施工条件:施工面積300u以上。
・前処理(断面修復・ひび割れ補修)、素地調整(付着物の除去・清掃)は含まない。
・施工方法:水平面を上から塗布。

■従来技術
・労務単価:平成29年度広島県労務単価
・積算条件:自社歩掛
・施工内容:@補助剤塗布1回目、A補助剤塗布2回目、B補助剤養生、Cけい酸塩系表面含浸材塗布、D散水、養生

■新技術
・労務単価:アストン協会単価
・積算条件:協会歩掛(アストン技士またはアストン技能士による施工管理が必要。)
・施工内容:@主剤と助剤の混合、塗布1回目、A主剤と助剤の混合、塗布2回目

※NETIS登録時の情報であり、確認が必要である。
CS-21ビルダー 材料単価
項 目 単位 単価 荷姿 
CS-21ビルダー 主剤 kg 7,000円 5kgポリ缶 
CS-21ビルダー 助剤 kg 7,000円 4kgポリ缶 
歩掛り表あり 標準歩掛, 暫定歩掛, 協会歩掛, 自社歩掛)
施工方法
CS-21ビルダー塗布工法の施工手順

@施工前点検
施工前に、前処理(下地処理・劣化部除去・断面修復)および付着物除去状況などを目視点検し、適切な状態であるか確認する。
A素地調整
施工箇所表面のほこりや汚れをサンダーケレン、高圧洗浄等により除去する。
BCS-21ビルダー 1回目塗布
塗布箇所の乾燥状態を確認後、主剤に助剤を混合・撹拌し、ローラーまたはコテバケで塗布する。
CCS-21ビルダー 2回目塗布
塗布箇所の乾燥状態を確認後、主剤に助剤を混合・撹拌し、ローラーまたはコテバケで塗布する。

【参考】
■標準塗布量(標準配合=5:1)
・1回目塗布 200g/u
・2回目塗布 100g/u

■混合比(重量比)とゲル化時間の目安
<主剤>:<助剤>
5:1 およそ30時間(標準配合)
4:1 およそ24時間
3:1 およそ12時間
2:1 およそ4時間
1:1 およそ1時間
主剤の割合が少なくなるほどゲル化までの時間が短くなる。

■塗布箇所の乾燥状態
・乾燥:適用可能。
・湿潤:適用可能。(表面を指で触って指に水が付かない程度の乾燥状態であること、浮き水等がある場合は、乾燥を待つまたは除去。)

■塗布後の養生
・施工後、曝露状態で、2週間以上の養生期間を確保。
(養生期間中は、@雨水や朝露により塗布面が濡れること、A塗布面上の歩行や車両通行、シートを敷いて資材を置くこと、B塗布面を土で覆うことなどは可能。)

*ひび割れの部分補修の場合には、上記B、Cの手順にて、ひび割れにCS-21ビルダーが浸透するよう、ひび割れに沿って刷毛等で塗布する。
CS-21ビルダー塗布工法の材料使用量算出方法
項 目 CS-21ビルダー塗布工法 
施工面積(u) ひび割れ部分塗布の場合は、ひび割れの総延長×塗布幅 
CS-21ビルダー設計塗布量(kg/u) 施工面積×標準塗布量(0.3kg/u)×標準ロス率(10%) 
内、主剤必要量(kg/u) 設計塗布量中の83%(重量比) 
内、助剤必要量(kg/u) 設計塗布量中の17%(重量比) 
備 考 適用箇所の表層品質、施工条件などにより塗布量・ロス率が変動する場合あり 


 
今後の課題とその対応計画
@今後の課題
・特になし

A対応計画
・特になし
収集整備局 中国地方整備局
開発年 2015 登録年月日 2017.09.12 最終更新年月日 2017.09.12
キー 
ワード
環境、コスト縮減・生産性の向上、公共工事の品質確保・向上
自由記入
補修材 長寿命化 ライフサイクルデザイン
開発目標
省力化、経済性の向上、耐久性の向上
開発体制
単独 産、 官、 学) 共同研究 産・産、 産・官、 産・学、 産・官・学)
開発会社 株式会社アストン
問合せ先 技術 会 社 株式会社アストン
担当部署 技術部 担当者 谷村 成
住 所 〒700-0075 岡山県岡山市北区矢坂本町14-16
TEL 086-255-1511 FAX 086-251-3270
E−MAIL aston_2@cs21.jp
URL http://www.cs21.jp/
営業 会 社 アストン協会
担当部署 事務局 担当者 山本 昌宏
住 所 〒700-0075 岡山県岡山市北区矢坂本町14-16
TEL 086-255-1511 FAX 086-251-3270
E−MAIL aston_2@cs21.jp
URL http://www.cs21.jp/
問合せ先
番号会社担当部署担当者住所
TELFAXE-MAILURL
1札幌ペック株式会社..北海道札幌市北区百合が原7-6-15
011-772-6992011-773-3690 http://www.penki.com/
2株式会社アイテック..岩手県一関市千厩町千厩字上駒場91-8
0191-53-31050191-52-2220 http://www.t-itech.co.jp/
3株式会社橋本工務店..岩手県一関市千厩町千厩字岩間36-1
0191-53-21850191-52-3501 http://www.hashimoto-const.com/
4株式会社テラ..岩手県遠野市青笹町中沢2-52
0198-62-30530198-62-3087 http://www.terra-co.jp/
5北原建材工業株式会社仙台営業所.宮城県仙台市若林区卸町1-5-8
022-236-6768022-239-1082  
6アルス株式会社..新潟県新潟市中央区愛宕1-4-25
025-280-0337025-280-0330 http://www.arusu.jp/
7株式会社郷土建設藤村組..新潟県上越市浦川原区横川412-1
025-599-2400025-599-2180 http://www.k-fujimura.co.jp/
8株式会社シーテクノ..群馬県前橋市日吉町3-22-3
027-235-5498027-235-5497  
9株式会社シー・エム・エンジニアリングさいたま営業所.埼玉県さいたま市緑区南部領辻3213-1
048-878-7601048-878-7602 http://www.cme2006.com/
10株式会社レスポンス..神奈川県川崎市麻生区栗平2-2-5 ティーオービル306号
044-986-4877044-986-4833 http://www.respons.co.jp/
11株式会社栄松..神奈川県横浜市戸塚区平戸町401-114
045-512-5280045-568-0846  
12北栄工業株式会社..長野県長野市稲里町中央4-11-22
026-285-6661026-284-9137 http://www.y-hokuei.co.jp/
13福美建設株式会社インフラ事業本部.長野県松本市笹賀8041-2
0263-28-67770263-28-6778 http://maintenance.fukumiconst.jp/
14木下建工株式会社..長野県佐久市臼田623-1
0267-82-22130267-82-3148 http://www.k-kenkou.co.jp/
15株式会社天野建設..岐阜県可児市御嵩中切960-1
0574-67-15530574-67-4989  
16株式会社シーエス技研..静岡県浜松市東区神立町461-1
053-443-8171053-545-7671 http://yamanabuild.com/
17東海コンクリート工業株式会社第二営業部.愛知県名古屋市西区幅下1-10-28
052-587-2335052-587-2336 http://www.tcon.co.jp/
18株式会社ヒメノ..愛知県名古屋市東区東大曽根町12-19
052-935-8571052-935-4835 http://www.himeno.co.jp/
19株式会社フジタ..三重県津市高茶屋小森上野町1336-14
059-234-6616059-234-6619 http://www.ftex.jp/
20橋本建設株式会社..三重県桑名市長島町押付三番縄41-3
0594-42-37060594-42-2748  
21山一建設株式会社..三重県伊賀市西明寺字中川原485-2
0595-24-20010595-24-9677 http://www.dkgr.co.jp/yamaichi/
22株式会社米島..富山県中新川郡立山町東野75
076-461-3415076-461-3416 http://yoneshima.jp/
23株式会社摩郷..石川県鳳珠郡穴水町大町ロ27
0768-52-05810768-52-2908 http://www1.ocn.ne.jp/~mago/
24太建工業株式会社..福井県福井市若杉2-107
0776-36-58600776-36-8467  
25株式会社村田組..滋賀県犬上郡多賀町萱原877-7
0749-49-06170749-49-0938  
26株式会社益田工務店..京都府城陽市寺田今橋9-25
0774-52-50890774-54-0262  
27サンパイン技建株式会社..和歌山県和歌山市粟166-11
073-456-3455073-456-3466  
28株式会社片山工務店..岡山県倉敷市神田4-10-15
086-444-5500086-446-6594 http://www.katayama-co.jp/
29株式会社山内工業..岡山県倉敷市中畝3-12-37
086-456-9733086-456-9735 http://www.kk-yamauchi.co.jp/
30有限会社トムワークス..広島県広島市安佐南区西原3-11-17
082-846-2790082-846-2791 http://www.tomuworks.ecnet.jp/
31株式会社総合開発メンテ事業部.香川県観音寺市瀬戸町2-14-16
0875-25-41620875-23-3682 http://www2.ocn.ne.jp/~kaihatsu/mainte/
32四国リニューアル株式会社..高知県高知市高見町325-6
088-832-3320088-832-3321 http://www.shikoku-r.net/
33株式会社計測技研..福岡県糟屋郡粕屋町上大隈617-1
092-939-2606092-939-2619 http://www.keisokugiken.jp/
34株式会社CRTワールド九州営業所.長崎県長崎市小江原2-38-19
080-1075-6196095-845-0580 http://www.crt-shitaji.com/
35株式会社新町組..鹿児島県霧島市国分新町2-15-5
0995-45-12550995-45-1245 http://www.successkey.jp/group_d.html
36株式会社日亜商事..沖縄県島尻郡南風原町字大名308-1
098-888-0080098-888-0112 http://www.ryuseki.co.jp/nichia/
実績件数
国土交通省 その他公共機関 民間等
0件 0件 0件
実験等実施状況
CS-21ビルダー 品質試験結果

1.試験実施年月:2016年2〜5月

2..試験実施機関:岡山大学(1〜2、4〜8)、福岡大学(3)

3.試験目的:けい酸塩系表面含浸材によるコンクリートの改質範囲およびコンクリートの各変状に求められる改質効果の確認
B〜Fの試験結果は、CS-21ビルダー塗布試験体と無処理試験体との試験値の比。(無処理との比により効果を求める試験)

4.試験方法:JSCE-K572 けい酸塩系表面含浸材の試験方法(案)
仕様:標準配合・塗布量0.3kg/u(0.2kg/u+0.1kg/u)

5.試験結果
@乾燥固形分率試験→乾燥固形分率26.7%
A種類判定試験→反応型(補助剤との混合により難溶性のCSH結晶が残留するものの、固形分水溶液は水酸化カルシウムとの反応性を有する)
B含浸深さ試験→4.4mm
Cひび割れ透水性試験→ひび割れ透水比0%(ひび割れ透水抑制率100%)
D吸水率試験→吸水比76%(吸水抑制率24%)
E中性化に対する抵抗性試験→中性化深さ比83%(中性化抑制率17%)
F塩化物イオンに対する抵抗性試験→塩化物イオン浸透深さ比96%(塩化物イオン浸透抑制率4%)
Gスケーリングに対する抵抗性試験→質量損失比79%(質量損失抑制率21%)
CS-21ビルダー塗布工法 JSCE-K572 けい酸塩系表面含浸材の試験方法(案) 試験結果
JSCE-K572 試験名 項目 CS-21ビルダーの試験値 備考 
乾燥固形分率試験 乾燥固形分率(%) 26.7%  
種類判定試験 固化型もしくは反応型 反応型  
含浸深さ試験 含浸深さ(mm) 4.4  
ひび割れ透水性試験 ひび割れ透水比(%) 0 無処理との比 
吸水率試験 吸水比(%) 76 〃 
中性化に対する抵抗性試験 中性化深さ比(%) 83 〃 
塩化物イオンに対する抵抗性試験 塩化物イオン浸透深さ比(%) 96 〃 
スケーリングに対する抵抗性試験 質量損失比(%) 79 〃 


JSCE-K572種類判定試験(固形分溶液の反応性)
添付資料等 添付資料
添付資料-1:CS-21ビルダーリーフレット
添付資料-2:CS-21ビルダー安全データシート(主剤)
添付資料-3:CS-21ビルダー安全データシート(助剤)
添付資料-4:CS-21ビルダー塗布工法標準単価表
添付資料-5:CS-21ビルダー塗布工法施工手順書
添付資料-6:CS-21ビルダー試験結果報告書
添付資料-7:CS-21ビルダー表層透気試験結果報告書
添付資料-8:CS-21ビルダー塗布工法の工程と品質管理事項
添付資料-9:CS-21ビルダー凝固点と物性変化
添付資料-10:従来技術歩掛内訳書
添付資料-11:従来技術とCS-21ビルダー工程表
参考文献
コンクリートライブラリー119 表面保護工法 設計施工指針(案) - 土木学会発刊
コンクリートライブラリー137 けい酸塩系表面含浸工法の設計施工指針(案) - 土木学会発刊
コンクリートのひび割れ調査,補修・補強指針-2009・2013- - 日本コンクリート工学会発刊
有機溶剤中毒予防規則 (昭和47年9月30日労働省令第36号)
その他(写真及びタイトル)

CS-21ビルダー施工フロー図

 

 


詳細説明資料(様式3)の様式はExcelで表示されます。