ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.06.26現在
技術
名称
エポガードシステム 
事後評価済み技術
(2013.03.29)
登録No. CB-080011-V
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-V
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2015.12.15
副    題 錆転換型防食塗装 区分 材料
分 類 1 道路維持修繕工 − 橋梁補修補強工 − 防食対策工 
概要
@何について何をする技術なのか?
・鋼構造物全般に対する赤錆から黒錆転換への防食及び鋼構造物(母材)の延命技術。

A従来はどのような技術で対応していたのか?
・従来技術は、フッ素樹脂塗装による、鋼道路橋塗装・防食便覧塗装系記号Rc-1による再塗装であり、ケレン(素地調整)後4層〜5層の工程で行っていた。
・5年毎にケレン、錆止め(鉛丹)、下塗り、中塗り、上塗りの工程を繰り返し点検補修を行っていた。

B公共工事のどこに適用できるのか?
・鋼構造物全般

エポガードシステムは洗浄【ノンクロール200】下地処理【JM-S200】下塗り【エポガード200】から構成されています。
【ノンクロール200】
・汚れに対する浸透性や溶解力が強く、脱脂洗浄性に優れています。
・洗浄後、塗料面の密着性が向上します。
・対象金属面を腐食させません(塩素、ふっ素などを含みません)。
・化学物質管理促進法(PRTR法)、有機溶剤中毒予防規則に該当しません。
・大気汚染防止法の規制に該当する物質は含まれていません。

【JM-S200】
素地(鉄錆層)への浸透性に優れ、特殊キレート剤の作用により「エポガード200」の錆転換作用を助長・促進します(成分中にクロム、鉛などの重金属を含みません)。

【エポガード200】
・旧塗膜や、上塗り塗膜との幅広い適性を有します。
・適当な粘性を有すため、刷毛塗り作業性が良く、鉄錆層への浸透性に優れ、赤錆を安定した黒錆に転換させます。
・四季を通じて使用可能な(可使時間に配慮した)オールシーズンタイプの下塗り塗料です。
・強靭な環境遮断塗膜を形成し、素地の動きにも充分に追随する可撓(柔軟)性を有する他、密着性、耐薬品性、耐熱性などに優れており、長期防食への要請に対応できます。

エポガードシステム断面
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
1)安定錆の形成
・従来技術はふっ素樹脂による塗装であったが、エポガードシステムは赤錆を緻密で安定した黒錆に転換させることを特徴とする。
※ヘマタイト(赤錆)例・(OH)3.FeOOHを脱水、または還元することによりマグネタイト(黒錆)Fe3O4となる。
2)1種ケレン(ブラスト)が不要
・従来技術は素地調整時に1種ケレン(ブラスト処理)が必要であったが、エポガードシステムは素地表面が安定錆(黒錆)化しているので1種ケレンからの工程が不要となった。
3)有害金属の未使用
・一般的なジンクリッチ塗装は亜鉛等が含有しているが、エポガードシステムは鉛、クロム、亜鉛等の有害金属は使用していない。
4)塗装工程の簡略化
・従来技術は5層(標準)程度の多層塗装であるが、エポガードシステムは3層(標準)塗装とすることができた。
5)維持管理等
・素地が安定錆に転換しているため、上塗り層が劣化して来た時には表層部の塗り替え作業ですむ。

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
上述した5つの特長に対して、以下のようなメリットがある。
1)安定錆の形成
・安定錆となるため、長期防食性能を確保できる。
・安定錆は鋼材の有する構造強度を維持できる。
2)1種ケレン(ブラスト)が不要
・1種ケレン(ブラスト処理)が不要となるため、粉塵や騒音を極端に低減できる。
・エポガードシステムは重ね塗りの適合性に優れているため、上層を目荒しケレン(表面に傷を付け上層塗料との密着性を向上させる為)することで、上塗り塗料は白化(チョーキング)した部分の塗り替えとなり、工程の短縮やコスト削減ができる。
3)有害金属の未使用
・環境問題に配慮できる。
・施工作業者や環境問題に配慮できる。
4)塗装回数の軽減(工程の簡略化)
・エポガードシステムは、塗装工程が簡略化できることにより施工面の大幅なコスト削減ができる。
 
適用条件
@自然条件

下記の様な気象条件では施工は避けてください。

・降雨、降雪の時、またはそのおそれがある時。
・被塗装面に湿気がある時。


A現場条件

有機ガス用防毒マスク、保護メガネ、保護衣、保護手袋を着用してください。


B技術提供可能地域

全国


C関係法令等

・特定化学物質の環境への排出量の把握及び管理の改善の促進に関する法律(PRTR法)
・消防法
・毒物劇物取締法
適用範囲
@適用可能な範囲

・鋼構造物全般


A特に効果の高い適用範囲

エポガードシステムは防食効果が高いので、下記のような箇所への適用が効果的です。

・沿岸地帯の悪環境下(塩害)にある鋼構造物に効果が高い。
・山間部、寒冷地帯における塩化カリウム(凍結防止剤)が大量に散布されている鋼橋に効果が高い。


B適用できない範囲

・特になし


C適用にあたり、関係する基準およびその引用元

鋼道路橋塗装・防食便覧( 平成17年12月日本道路協会発行)平成18年改訂より
塗装系記号、Rc-T参照
留意事項
@設計時

標準使用量表を参照の事。


A施工時

1)自然条件
下記のような気象条件では施工は避けてください。
・気温が5℃以下の時。
・湿度が85%以上の時。
・降雨、降雪の時、またはそのおそれがある時。
・被塗装面に湿気がある時。

2)現場条件
有機ガス用防毒マスク、保護メガネ、保護衣、保護手袋を着用してください。

3)施工(完了)時の確認事項
・洗浄剤「ノンクロール200」で拭き取り洗浄後、「ノンクロール200」が乾燥したことを確認。その後下地処理剤「JM-S200」を塗布すること。
・塗り替え時、旧塗膜面に「JM-S200」は塗布しないこと。
・「JM-S200」塗布後、「JM-S200」が乾燥したことを確認。その後下塗り剤「エポガード200」を塗布すること。
・「エポガード200」は主剤、硬化剤の2液タイプであり、所定の配合を行うこと。
・「エポガード200」塗布後、10日以内に(中)上塗りを実施すること。


B維持管理時

特になし。


Cその他

1)詳細な打合せと指導内容を下記に示す。
・鋼構造物の作業前の状態を現場写真などを参考にして打合せをする。
・現場の状況を把握する為に写真やEメール等を活用し詳細な情報交換をし作業内容・工程の打合せを行う。
・施工にあたり事前に弊社規定の施工講習を受講したものが工事に従事する。

2)特許
特許第3659822号 平成17年3月25日(取得)
発明の名称・・・鉄鋼材料の補修塗装施工方法
※特許使用料は、不要

3)商標登録証
登録第4776495号 平成16年6月4日(取得)
商標・・・エポガード
活用の効果        
比較する従来技術 塗り替え塗装系(一般外面の塗り替えRc-T)
項  目 活用の効果 比較の根拠
経済性 向上( 25.34 %) 同程度 低下( %) 素地面(母材)の調整が3種ケレン以上でできる。
工 程 短縮( 40 %) 同程度 増加( %) ケレン作業から上塗りまでが最短3日にて行うことができる。
品 質 向上 同程度 低下 腐食を生じさせない為には、Fe+H2O+1/2O2→FeOH2.Fe(OH)2.Fe(OH)3の反応を制御することであり、即ち安定なFe3OH4(黒錆)とすることである。本剤を使用することにより鋼構造物が安定錆になり延命に繋がる。
安全性 向上 同程度 低下 亜鉛、クロム等の有害物質を含んでいない。
施工性 向上 同程度 低下 ケレン作業が軽微であることにより作業能力が向上する。
周辺環境への影響 向上 同程度 低下 1種ケレンが不要であり粉塵等が飛散せず周辺環境の維持確保ができる。
その他、技術の
アピールポイント等
ブラスト処理は不要となり、再塗装が3種ケレン以上にて可能となった。母材表面の赤錆を黒錆(安定錆)に転換することにより再塗装時のランニングコスト削減が可能となった。
コストタイプ
コストタイプの種類
発散型:C(+)型
活用効果の根拠
基準とする数量 1  単位 u 
  新技術 従来技術 向上の程度
経済性 7614円 10198円 25.34%
工程 3日 5日 40%
新技術の内訳
項目仕様数量単位単価金額摘要
素地調整3種ケレンB1u1000円1000円土木コスト情報(2015年4月春号)
脱脂洗浄ノンクロール2001u1420円1420円自社見積りによる
下地処理JM-S2001u193円193円自社見積りによる
下塗りエポガード2001u3045円3045円自社見積りによる
中塗りふっ素樹脂塗料中塗り1u696円696円土木コスト情報(2015年4月春号)
上塗りふっ素樹脂塗料上塗り1u1260円1260円土木コスト情報(2015年4月春号)
従来技術の内訳
項目仕様数量単位単価金額摘要
素地調整1種ケレン1u5950円5950円土木コスト情報(2015年4月春号)
下塗りジンクリッチペイント1u1008円1008円土木コスト情報(2015年4月春号)
下塗り弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗り1u720円720円土木コスト情報(2015年4月春号)
下塗り弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗り1u720円720円土木コスト情報(2015年4月春号)
中塗り弱溶剤形ふっ素樹脂塗料中塗り1u612円612円土木コスト情報(2015年4月春号)
上塗り弱溶剤形ふっ素樹脂塗料上塗り1u1188円1188円土木コスト情報(2015年4月春号)
特許・実用新案
種  類 特許の有無 特許番号
特  許
有り 出願中 出願予定 無し
特許第3659822号  
特許詳細
特許番号 3659822 実施権
通常実施権 専用実施権
特許権者 クスノキ化学株式会社 
実施権者 株式会社エコクリーン 
特許料等 無償 
実施形態 特許に関する塗料を用いた防食塗装施工 
問合せ先 クスノキ化学株式会社 TEL(0721)-26-2271 
実用新案 特許の有無
有り 出願中 出願予定 無し
備 考   
第三者評価・表彰等
  建設技術審査証明 建設技術評価
証明機関    
番   号    
証明年月日    
URL    
その他の制度等による証明
制度の名称 錆転換型防食塗装「エポガードシステム」  
番   号 17港整技第184号  
証明年月日 2005.09.14  
証明機関    
証明範囲    
URL http://www.kouwan.metro.tokyo.jp/business/shin-gijutsu/index.html  
評価・証明項目と結果
証明項目 試験・調査内容 結果
新材料・新工法の選定結果について(通知)東京都港湾局港湾整備部より「港湾局新材料・新工法データーベース」に掲載し、関係部所の周知します。本工法について当局関係部署への提供の対象としてふさわしいものと選定されましたのでお知らせいたします。
施工単価
積算条件
・再塗装・・・平滑面1uあたり(500u未満にて積算)
・地域・・・三重県
・積算年度・・・平成25年度
・積算資料・・・自社歩掛・建設物価土木コスト情報
※消耗費・諸経費等は別途。
歩掛り表あり 標準歩掛, 暫定歩掛, 協会歩掛, 自社歩掛)
施工方法
1) 素地調整
3種ケレン以上(劣化塗膜、浮き錆、層状錆は除去し、鉄肌を出す)とします。

2) 洗浄
塗装前処理洗浄剤「ノンクロール200」を使用します。
金属粉、油脂などの汚れを除去し、表面を清浄にします。
※塗布量は下記『標準仕様』を参照

3) 下地処理
下地処理剤「JM-S200」を使用します。
「JM-S200」は錆を安定なキレート化鉄に変換し、防錆被膜を形成するとともに、鉄素地とエポガード200との密着性を向上させる機能を有します。
※不安定な赤錆(水酸化鉄)をキレート剤で封止することで安定なキレート化鉄とする。
※塗布量は下記『標準仕様』を参照

4) 下塗り
錆変換型特殊エポキシ樹脂系プライマー「エポガード200」を使用します。
「エポガード200」は、鋼材の赤錆(ヘマタイト)を化学的に安定な黒錆(マグネタイト)に転換する機能を有します。
※塗布量は下記『標準仕様』を参照

5) 中塗り・上塗り
環境条件に適した塗料を選定の上、使用します。


※「エポガードシステム」は一般の施工工程に比べ、工期短縮が可能です。

@3種ケレン以上
Aノンクロール洗浄(清浄)
BJM-S200(黒錆促進剤)
Cエポガード
以上@〜C迄の工程が1日で施工可能
D中塗り・・・1日
E上塗り・・・1日
合計@〜E迄の作業が最短3日で施工となる。

※塗布量は下記『標準仕様』を参照
※尚、従来方法は、別紙添付資料(橋梁塗装ガイドブック)塗り替え塗装系鋼道路橋塗装・防食便覧(塗装間隔)を参考


■ エポガードシステム 錆転換型防食塗装標準仕様 (2012年9月 現在)
・施工は既定の講習会を受講し、施工技術者免許を取得した者が監督もしくは施工に従事することとする。(3名内1名必要)
・支承(沓)は端部が多く、平滑面が少ない為膜厚の確保が容易ではない。また、素地調整が電動工具と手工具との併用となり、 端部の処理が一般部と比べて容易ではない為、下塗りエポガード200の標準使用量を0.25s/uとする。
・耐候性鋼材への施工は、素地の状態が通常の鋼材に比べ多孔質(ポーラス)であるため、下地処理JM-S200の標準使用量を0.06s/u、下塗りエポガード200の標準使用量を0.25s/uとする。
・さらに防食を高める場合は、下塗りのエポガード200を2回塗布してください。
・各材料は、原液のまま使用。
・塩分・油分・酸・アルカリについては充分な水洗いをする。
エポガードシステム 錆転換型防食塗装標準仕様 (2012年9月 現在)
 工程 使用材料名 内容・方法 標準使用量 標準膜厚 工程間隔 
1 素地調整 ― 3種ケレン以上で浮き錆・層状錆・浮き旧塗膜を除去する。 ― ―  
2 脱脂洗浄 ノンクロール200 ウエスに含浸させて被塗面の汚れ(油分・金属粉等)を十分に除去する。塩分、酸、アルカリにおいては、十分な水洗いをしてください。 0.10kg/u ― 10〜30分以上放置 
3 下地処理 JM-S200 原液のまま、ハケ又はローラーで塗布する。(鉄素地、錆面にのみ使用) 0.03kg/u (※耐候性鋼 0.06s/u) ― 10〜30分以上放置 
4 下塗り エポガード200 原液のまま、ハケ又はローラーで塗布する。(主剤:硬化剤 4:1) 0.15kg/u (※支承及び耐候性鋼 0.25kg/u) 70μ以上 16時間以上 10日以内 
5 中塗り   2UE・ウレタン系以上推奨 例:弱溶剤ふっ素樹脂塗料用中塗り 0.14kg/u 30μ以上  
6 上塗り   2UE・ウレタン系以上推奨 例:弱溶剤ふっ素樹脂塗料上塗り 0.12kg/u 25μ以上  


施工手順
今後の課題とその対応計画
@課題

1)作業性の向上・・・・・・現地作業性及び作業環境の改善、素地調整の簡略化(工期短縮他)

2)塗膜物性の向上・・・・素地との密着性、耐薬品性、耐食性の向上(錆安定化の向上)


A計画

1)2008/8月頃
具体的方策 工期短縮を目的としているため、各工程の時間短縮を主眼とする。具体的には使用している溶剤の検討や塗装方法の確立を検討する。

2)2008/12月頃
具体的方策 錆安定化の工程において、効果のあるキレート剤の探索及びその添加量を検討、評価する。
収集整備局 中部地方整備局
開発年 2000 登録年月日 2008.07.18 最終更新年月日 2015.12.15
キー 
ワード
安全・安心、コスト縮減・生産性の向上、公共工事の品質確保・向上
自由記入
メンテナンスの軽減 工期短縮  
開発目標
経済性の向上、耐久性の向上、品質の向上
開発体制
単独 産、 官、 学) 共同研究 産・産、 産・官、 産・学、 産・官・学)
開発会社 クスノキ化学株式会社
問合せ先 技術 会 社 クスノキ化学株式会社
担当部署 技術開発部 担当者 三好 正章
住 所 〒584-0023 大阪市富田林市若松町東1丁目205番地
TEL 0721-26-2271 FAX 0721-26-2273
E−MAIL kusunoki.skyblue@leto.eonet.ne.jp
URL  
営業 会 社 株式会社 エコクリーン
担当部署 エポガード事業部 担当者 細渕 利明
住 所 〒515-0044 三重県松阪市久保町1587-1
TEL 0598-20-2677 FAX 0598-60-1557
E−MAIL info@ecoclean-mie.co.jp
URL http://www.ecoclean-mie.co.jp/
問合せ先
番号会社担当部署担当者住所
TELFAXE-MAILURL
実績件数
国土交通省 その他公共機関 民間等
165件 500件 18件
実験等実施状況
エポガードシステムの塗膜性能試験

※別途添付資料
名称(最新の防食施行技術・・・エポガードシステム)FN190203-2 1/8掲載

(1)耐薬品性 5/8ページ掲載(H.18.12.21)

食塩水 3% 1000時間 異常なし
苛性ソーダ10% 1000時間 異常なし
硝酸 10% 1000時間 異常なし
塩酸 10% 1000時間 異常なし
灯油 1000時間 異常なし
次亜塩素酸ナトリウム 3% 1000時間 異常なし

※供試塗装鋼板作成手順
新鋼板(SS41)→洗浄「ノンクロール200」→下地処理「JM-S200」→下塗り「エポガード200」(70μm以上)→上塗り(30〜50μmウレタン系塗料)→乾燥(20℃.1〜10日間)→評価

(2)新鋼板素地での性能
※(1)以前から継続して評価を行った結果を纏めております。

鉄板との密着性 25/25(2mm.碁盤目、セロテープ剥離)
上塗りとの密着性 25/25(2mm.碁盤目、セロテープ剥離)
塩水噴霧試験1000時間 異常なし(K5600-7-1)
耐水性試験 1000時間異常なし

※供試塗装鋼板作成手順:上記(1)に同じ

(3)発錆鋼板素地での性能

発錆鋼板表面の外観→黒錆に転換

※供試塗装鋼板作成手順:上記(1),(2)に同じ(但し、3種ケレンの工程を加える。)
以降→3年間暴露→剥離剤で塗膜を除去→評価(外観目視)



※上記性能は、クスノキ化学株式会社試験室での測定値の代表例です。

 
添付資料等 添付資料
1)大阪府立産業技術総合研究所報告書試料名ー腐食鋼板 No.02-02676 黒錆変換状況(X線回折)P1〜P3
2)社内技術資料
3)実績表
4)施工方法-最新の防食施工技術 エポガードシステム「エポガードシステム」の概要参照)FN190203-2 (1/8)
5)施工実績-カタログ(最新の錆転換型防食塗装システム・最新の防食施工技術エポガードシステム「エポガードシステム」の写真参照)
6)工事写真-工事名:四国ガルバ株式会社 工事場所:香川県丸亀市 施工者:株式会社ケーユー工業 FN160512(P1〜P5)
7)橋梁塗装ガイドブック鋼道路橋塗装・防食便覧(平成17年12月日本道路協会発行)参照
8)エポガードシステム錆転換型防食塗装標準仕様ESE0003参照
9)委任状
10)特許証 特許第3659822号
11)商標登録証 登録第4776495号
12)17港整技第184号 新材料・新工法の選定結果について(通知)
13)「エポガードシステム」標準現場施工単価表ESE0004(参照)
14)エポガード施工実績表 施工1・2(参照)
参考文献
 
その他(写真及びタイトル)

施工実績例


橋梁支承部への適用事例


キャス(CASS)試験 (耐食性試験)


詳細説明資料(様式3)の様式はExcelで表示されます。