NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2018.11.17現在
 
技術
名称
ME溶接継手工法 
事後評価未実施技術 登録No. TH-100001-V
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-V
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2010.04.20
収集整備局 東北地方整備局
開発年 2005 登録年月日 2010.04.20 最終更新年月日 2010.04.20
キー 
ワード
安全・安心、環境、コスト縮減・生産性の向上、公共工事の品質確保・向上
自由記入
先組 鉄筋継手 エンクローズ溶接
開発目標
省力化、経済性の向上、地球環境への影響抑制、省資源・省エネルギ、品質の向上
開発体制
単独 産、 官、 学) 共同研究 産・産、 産・官、 産・学、 産・官・学)
開発会社 有限会社メジャーエンクロ
問合せ先 技術 会 社 有限会社メジャーエンクロ
担当部署 代表 担当者 江村明彦
住 所 〒116-0003 東京都荒川区南千住8-11-1-212
TEL 050-3603-0777 FAX 050-3603-0777
E−MAIL mewm_sd-bar@star.ocn.ne.jp
URL http://www.major-enclo.co.jp/
営業 会 社 有限会社メジャーエンクロ
担当部署 代表 担当者 江村明彦
住 所 〒116-0003 東京都荒川区南千住8-11-1-212
TEL 050-3603-0777 FAX 050-3603-0777
E−MAIL mewm_sd-bar@star.ocn.ne.jp
URL http://www.major-enclo.co.jp/
問合せ先
番号会社担当部署担当者住所
TELFAXE-MAILURL
1株式会社東圧(北海道担当)工事部丹羽理志北海道帯広市西二十二条南1-10-13
0155-37-25250155-37-3090obihiro@touatu.co.jphttp://www.touatu.co.jp/
2有限会社東京ガス圧接秋田店(東北担当)工務部斉藤透秋田県湯沢市山田40-20
0183-73-41850183-73-5148gasutetu@yutopia.or.jphttp://www.gasutetu.co.jp/
3株式会社ウェルテクノ(関東担当)統括部船渡川一良群馬県高崎市島野町68番地33
027-352-7453027-352-7475wltc@weltec.co.jphttp://www.weltec.co.jp/
4株式会社大山工業(関東担当)エンクローズ溶接部田中信吾東京都八王子市上川町3819-1
0426-54-66650426-54-6660tekkin@ooyama-k.co.jp 
5株式会社佐藤ガス圧接(関東担当)代表取締役佐藤久美埼玉県行田市小針3001-1
048-555-1462048-556-2330info@satou-assetsu.co.jphttp://www.satou-assetsu.co.jp/
6有限会社土方商事(関東担当)代表取締役土方満晃埼玉県所沢市下安松952
04-2945-211104-2945-1445hijikata_co@ybb.ne.jp 
7南武建設株式会社(関東担当)工事部栗栖哲治東京都葛飾区奥戸3-9-2
03-3696-701103-3696-2454chinen@nanbukensetu.co.jphttp://www.nanbukensetu.co.jp/
8有限会社中越ガス圧接工業(北陸担当)代表取締役吉本恵一富山県魚津市袋1121-6
0765-24-04640765-24-0419chuetsu@nice-tv.jp 
9有限会社中部ウェルディング(東海担当)代表取締役岩原聡愛知県北名古屋市鍜治ヶ一色33
0568-24-34510568-25-0266wellding@m17.alpha-net.ne.jp 
10神和ジョイント株式会社(近畿担当)代表取締役佐藤大助兵庫県神戸市須磨区多井畑東町27-28
078-766-6872078-766-6873shinwa-shoukai@hi-net.zaq.ne.jp 
11株式会社田頭工業(近畿担当)代表取締役田頭太司大阪府堺市堺区今池町2-3-11
072-238-8674072-238-8679kk.tagasirakougyou@white.plala.or.jp 
12有限会社第一圧接工業(九州担当)代表取締役徳永栄一福岡県筑紫郡那珂川町恵子6-4-5
092-953-1602092-953-4027da1@arion.ocn.ne.jp 
実績件数
国土交通省 その他公共機関 民間等
18件 15件 5件
実験等実施状況
財団法人日本建築センターの評定取得の際に実施した実験
・一方向引張試験:全鉄筋の種類、全鉄筋の呼び名
・曲げ試験:全鉄筋の種類、全鉄筋の呼び名
・一方向繰返し試験:全鉄筋の種類、D19,D32,D51(SD490はD25,D41)
・マクロ試験:全鉄筋の種類、D19,D32,D51(SD490はD25,D41)
・硬さ試験:全鉄筋の種類、D19,D32,D51(SD490はD25,D41)
・その他各種条件下での試験

一方向繰返し試験の方法は以下の通りです。
引張り方向に応力が継手(接合鉄筋)の降伏点強度の1.2倍以上になるまで載荷し、接合鉄筋(継手)の応力が母材の規格鉄筋の降伏点強度の0.05倍になるまで除荷する。この載荷と除荷を20回繰り返した後、引張り破断させた

なお、各鉄筋の種類のJIS規格強度値は以下の通りです
SD345:降伏点345〜440N/mm2、引張り強さ490N/mm2以上
SD390:降伏点390〜510N/mm2、引張り強さ560N/mm2以上
SD490:降伏点490〜625M/mm2、引張り強さ620N/mm2以上
一方向繰返し試験結果
鉄筋の種類 鉄筋の呼び名 継手方向(姿勢) 降伏点(N/mm2) 繰返し負荷(N/mm2) 引張り強さ(N/mm2) 破断位置 
SD345 D19 水平筋下向き 401 481 557 母材 
SD345 D19 鉛直筋横向き 394 473 558 母材 
SD345 D32 水平筋下向き 375 450 550 母材 
SD345 D32 鉛直筋横向き 388 466 563 母材 
SD345 D51 水平筋下向き 375 450 569 母材 
SD345 D51 鉛直筋横向き 375 450 558 母材 
SD390 D19 水平筋下向き 478 478 663 母材 
SD390 D19 鉛直筋横向き 447 447 633 母材 
SD390 D32 水平筋下向き 429 429 622 母材 
SD390 D32 鉛直筋横向き 441 441 638 母材 
SD390 D51 水平筋下向き 431 431 630 母材 
SD390 D51 鉛直筋横向き 426 426 624 母材 
SD490 D25 水平筋下向き 535 642 710 母材 
SD490 D25 鉛直筋横向き 537 644 714 母材 
SD490 D35 水平筋下向き 521 625 695 母材 
SD490 D35 鉛直筋横向き 517 620 690 母材 
SD490 D41 水平筋下向き 521 625 691 母材 
SD490 D41 鉛直筋横向き 515 618 690 母材 


試験片写真
添付資料等 添付資料
財団法人日本建築センターの評定取得時に提出した試験データの一部を添付します
参考文献
・公共建築工事標準仕様書(平成19年版):国土交通省
・2007年版建築物の構造関係技術基準解説書:国土交通省
・コンクリートライブラリ128鉄筋定着・継手指針(2007年版):土木学会
・(2002年制定)コンクリート工事標準示方書
・建築工事標準仕様書・同解説2009(JASS5):日本建築学会
・日本工業規格
その他(写真及びタイトル)

作業可能範囲図


先組・ユニット一例


プレキャストの継手状況

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について