NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2018.06.18現在
 
技術
名称
CPG工法 
事後評価未実施技術 登録No. KTK-140005-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2015.12.01
収集整備局 関東地方整備局
開発年 2008 登録年月日 2014.12.05 最終更新年月日 2015.12.01
キー 
ワード
環境、コスト縮減・生産性の向上
自由記入
液状化対策 静的締固め 長期耐久性
開発目標
経済性の向上、周辺環境への影響抑制
開発体制
単独 産、 官、 学) 共同研究 産・産、 産・官、 産・学、 産・官・学)
開発会社 (独)港湾空港技術研究所、みらい建設工業株式会社、三信建設工業株式会社、復建調査設計株式会社、東興ジオテック株式会社、九州大学
問合せ先 技術 会 社 静的圧入締固め工法(CPG工法)研究会
担当部署 技術工法部会 担当者 新坂孝志
住 所 〒111-0052 東京都台東区柳橋2-19-6 三信建設工業鞄
TEL 03-5825-3752 FAX 03-5825-3756
E−MAIL office@cpg-kouhou.jp
URL www.cpg-kouhou.jp
営業 会 社 静的圧入締固め工法(CPG工法)研究会
担当部署 事務局 担当者 岡野英和
住 所 〒111-0052 東京都台東区柳橋2-19-6 三信建設工業鞄
TEL 03-5825-3752 FAX 03-5825-3756
E−MAIL office@cpg-kouhou.jp
URL www.cpg-kouhou.jp
問合せ先
番号会社担当部署担当者住所
TELFAXE-MAILURL
1あおみ建設株式会社土木本部竹内 純東京都港区海岸3-18-21 プライストイースト芝浦
03-5439-101403-5439-1052takeuchi.jun@aomi-const.jphttp://www.aomi-const.jp/
2株式会社エムエルティーソイル 畠山 寛之新潟県新潟市北区下大谷内378-41
025-259-9005025-259-2230mltsoil@mlt.ecnet.jphttp://www.ncokyoudoukumiai.jp/mlt/index.html
3株式会社大本組技術本部 エンジニアリング部安井 秀則東京都千代田区永田町2-17-3
03-3593-154203-3593-1543yasui@gw.ohmoto.co.jphttp://www.ohmoto.co.jp/
4ケミカルグラウト株式会社技術本部 技術開発部舘下 和行東京都港区虎ノ門2-2-5
03-5575-046603-5575-0571k-tateshita@chemicalgrout.co.jphttp://www.chemicalgrout.co.jp/
5五洋建設株式会社土木本部 土木部長津 辰男東京都文京区後楽2-2-8
03-3817-759503-3812-7009Tatsuo.Nagatsu@mail.penta-ocean.co.jphttp://www.penta-ocean.co.jp/
6三信建設工業株式会社東京支店 営業部渡邉 将美東京都台東区柳橋2-19-6
03-5825-410803-5825-3758m-watanabe@sanshin-corp.co.jphttp://www.sanshin-corp.co.jp/
7三和土質基礎株式会社営業技術部宅見 真一札幌市西区二十四軒4条5丁目73番地
011-642-9391011-644-8911shinichi.takumi@sanwa-dositu.co.jphttp://www.sanwa-dositu.co.jp/
8東亜建設工業株式会社技術研究開発センター三輪 徹東京都新宿区西新宿3-7-1
03-6757-386203-6757-3846t_miwa@toa-const.co.jphttp://www.toa-const.co.jp/
9東興ジオテック株式会社東京地中支店 営業部文野 隆行東京都港区芝4-8-2
03-6436-429003-6436-4299takayukibunno@toko-geo.co.jphttp://www.toko-geo.co.jp/
10東洋建設株式会社土木事業本部 土木技術部久保 滋東京都江東区青海2-4-24 青海フロンティアビル
03-6361-545603-5530-2914kubo-shigeru@toyo-const.co.jphttp://www.toyo-const.co.jp/
11株式会社不動テトラ地盤事業本部 技術部田邊 重雄東京都中央区日本橋小網町6-1
03-5644-853403-5644-8537shigeo.tanabe@fudotetra.co.jphttp://www.fudotetra.co.jp/
12本間技建株式会社技術部伊藤 彰浩新潟県新潟市西区寺地983-3
025-233-6181025-233-6185itoua@honmagiken.co.jphttp://www.honmagiken.co.jp/
13株式会社本間組エンジニアリング本部 企画営業部菅原 禎新潟県新潟市中央区西湊町通三ノ町3300-3
025-229-8412025-229-4726tadashi-sugahara@honmagumi.co.jphttp://www.honmagumi.co.jp/
14みらい建設工業株式会社建設本部 技術部足立 雅樹東京都港区芝4-8-2
03-6436-371903-6436-3737ma-adachi@mirai-const.co.jphttp://www.mirai-const.co.jp/
15ライト工業株式会社施工技術本部藤澤 伸行東京都千代田区五番町6番地2 ホーマットホライゾンビル
03-3265-245603-3288-0896n-fujisawa@raito.co.jphttp://www.raito.co.jp/
16りんかい日産建設株式会社土木事業部 技術部山本 健吾東京都港区芝2-3-8
03-5476-172803-3453-1678k-yamamoto@rncc.co.jphttp://www.rncc.co.jp/
17若築建設株式会社建設事業部門 技術設計部森 晴夫東京都目黒区下目黒2-23-18
03-3492-042203-5487-3867haruo.mori@wakachiku.co.jphttp://www.wakachiku.co.jp/
実績件数
国土交通省 その他公共機関 民間等
0件 0件 0件
実験等実施状況
本技術は、数多くの室内実験およびフィールド実験を実施しており、論文などの対外発表数も50件を超える。
下表に、主な実験実施項目と確認内容を時系列的に示す。
他の実験などの実施状況については、添付の参考文献集に示す。
表-3 主な確認項目と実施内容
確認項目 実施内容 実施年 参考文献 
施工性の確認 様々な改良率で施工を実施して、改良効果を確認した。 1998 液状化対策としてのコンパクショングラウチングの施工事例,地盤改良シンポジウム 
固化材の安定性 環境への負荷を低減したマグネシウム系固化材について、pH試験、溶出試験、成貝への影響、急性毒性試験、拡散シュミレーションによる海産生物への影響を検討した結果、マグネシウム系固化材が安全であることを確認した。 2002 環境対応型固化材が海産生物に及ぼす影響についての検討,地盤改良シンポジウム 
設計方法 これまで用いてきた設計法のみならず、新たな設計法を提案し、設計法の妥当性を確認した。 2004 静的圧入締固め工法による改良後N値の予測に関する考察,地盤工学研究発表会 
長期耐久性 施工後7年経過後も、静止土圧係数(K値)は、1.0以上を保持し拘束効果を確認した。 2005 静的締固め工法におけるマグネシウム系固化材の適用性,土木学会年次学術講演会 
液状化対策効果 室内液状化実験、現場液状化実験を行い、改良効果を確認した。 2007 静的圧入締固め工法の振動台実験,土木学会年次学術講演会 人工液状化実験におけるCPG施工による液状化対策について,地盤工学研究発表会 
液状化対策効果 人工液状化実験を行い、液状化による影響の定量的把握を行った。 2009 液状化対策に関する実物大の空港施設を用いた実験的研究、(独)港湾空港技術研究所 


写真-2 実施状況の写真 *実験や施工状況の写真です
添付資料等 添付資料
添付資料1.CPG工法施工実績表
添付資料2.2005年土木学会年次学術講習会
添付資料3.現場管理事例
添付資料4.地盤工学会誌58-11.pp26-29
添付資料5.工法比較計算書
添付資料6.港湾に係る民間技術の評価
添付資料7.第45回地盤工学会研究発表会
添付資料8.騒音・振動測定結果報告書
参考文献
・液状化対策としての静的圧入締固め工法技術マニュアル-コンパクショングラウチング工法-(一般財団法人沿岸技術センター:平成25年4月)
・港湾新技術・新工法積算基準ライブラリー(財団法人 港湾空港建設技術サービスセンター:平成21年12月)
・CPG工法説明資料(静的圧入締固め工法(CPG工法)研究会:平成25年度版)
その他(写真及びタイトル)

写真-1 施工状況写真(供用中空港)

 


写真-2 施工状況写真(岸壁)

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について