NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2018.06.23現在
 
技術
名称
置換式柱状地盤改良工法「SST工法」 
事後評価未実施技術 登録No. KT-150002-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2016.01.25
収集整備局 関東地方整備局
開発年 2011 登録年月日 2015.04.28 最終更新年月日 2016.01.25
キー 
ワード
環境、コスト縮減・生産性の向上、公共工事の品質確保・向上
自由記入
地盤 液状化 残土
開発目標
経済性の向上、周辺環境への影響抑制、品質の向上
開発体制
単独 産、 官、 学) 共同研究 産・産、 産・官、 産・学、 産・官・学)
開発会社 株式会社エスエスティー協会
問合せ先 技術 会 社 株式会社エスエスティー協会
担当部署 技術センター 担当者 高橋 浩
住 所 〒290-0056 千葉県市原市五井2792-1-106
TEL 0436-23-7771 FAX 0436-23-7772
E−MAIL tak@sstkyokai.co.jp
URL http://www.sstkyokai.co.jp
営業 会 社 株式会社エスエスティー協会
担当部署 事業推進部 担当者 山田 武史
住 所 〒290-0056 千葉県市原市五井2792-1-106
TEL 0436-23-3336 FAX 0436-23-7772
E−MAIL yamada@sstkyokai.co.jp
URL http://www.sstkyokai.co.jp
問合せ先
番号会社担当部署担当者住所
TELFAXE-MAILURL
実績件数
国土交通省 その他公共機関 民間等
0件 9件 289件
実験等実施状況
試験実施日:(コラム径φ500o)2011年7月29日
※建築技術性能証明取得をもって試験完了

試験場所:一軸圧縮強度試験は宇部興産(株)技術開発研究所千葉試験室、その他の試験は各試験施工現場

目的:「SST工法施工管理マニュアル」に基づいて築造されるコラムは、土質に応じて700〜2300kN/m2の設計基準強度を確保することが可能であり、配合計画及び品質検査に用いるコラムから採取したコアの一軸圧縮強さの変動係数として、砂質土、粘性土、ローム、有機土で30%が採用できることを確認する。

【コラム材料の実験】
・掘削土と固化材と追加砂の配合割合による強度変化を供試体の一軸圧縮強度試験で確認した
・単一土質及び複合土質における強度変化を供試体の一軸圧縮試験で確認した
・材齢による圧縮強度変化を一軸圧縮試験で確認し、材齢7日の一軸圧縮強さで材齢28日の一軸圧縮強さを推定する場合の伸び率を全ての適用土質で1.3と定められることを確認した。

【施工技術に関する実験】
・掘削土と追加砂及び固化材を地上で混合するための基準を設定するために混合手順を定めてサイクル数を変えてフェノールフタレインによるアルカリ反応試験を行い、4サイクル以上実施することと定めた。
・コラム中央部の固化不足の解消確認の為、打設したコラムの頭部1m付近の断面から25体のコアを採取して一軸圧縮試験を行ったところ、外周部から抜き取ったコアよりも、中央部から抜き取ったコアの一軸圧縮強さは、やや低いが大差がない結果となった。
・コラムの出来形確認のため、打設したコラムを掘り出し、出来形・長さ・直径及び連続性を確認する現場実験を行い、鉛直方向および水平方向への締め固めができていることを確認した。
・打設機械の施工範囲内でのオーガの圧入力を油圧ジャッキと圧力変換機で計測した
・水平方向への締め固め時に発生する可能性がある近隣への影響を確認するため、オーガ機構による締め固め深度と施工位置からの地盤面の隆起発生位置を確認し、隣地境界からの最短打設距離を定めた。

試験結果:上記の実験により、目的とした性能を有することを確認した。


実験状況
添付資料等 添付資料
1.建築技術性能証明書
2.性能証明のための説明資料
3.技術資料
4.SST工法積算資料
5.地盤改良見積資料
6.施工実績表
7.作業スペース検討図
8.施工管理マニュアル
9.防災製品等推奨品証
10.パンフレット(「SST工法の用途」)
参考文献
・(財)日本建築センター「改訂版 建築物のための改良地盤の設計及び品質管理指針」
・(社)日本道路協会 「道路橋示方書・同解説 下部構造編」
・(社)日本建築学会「建築工事標準仕様書・同解説JASS4 杭、地業および基礎工事」
・(社)日本建築学会「建築基礎構造設計指針」
・国土交通省大臣官房官庁営繕部「公共建築工事標準仕様書(建築工事編)」
・JIS A 1216 「土の一軸圧縮試験方法」
・地盤工学会 「地盤材料試験の方法と解説」
・地盤工学会 「地盤調査の方法と解説」
その他(写真及びタイトル)

建築技術性能証明書 GBRC 性能証明 第11-06号 改 1/2


建築技術性能証明書 GBRC 性能証明 第11-06号 改 2/2


防災製品等推奨品証

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について