NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.09.26現在
 
技術
名称
ランディングボックス(足場作業用簡易リフト) 
事後評価未実施技術 登録No. KT-130051-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2013.09.19
収集整備局 関東地方整備局
開発年 2012 登録年月日 2013.09.11 最終更新年月日 2013.09.19
キー 
ワード
安全・安心、コスト縮減・生産性の向上
自由記入
玉掛け不要 落下防止ブレーキ 荷揚げリフト
開発目標
省力化、経済性の向上、安全性の向上
開発体制
単独 産、 官、 学) 共同研究 産・産、 産・官、 産・学、 産・官・学)
開発会社 信和株式会社
問合せ先 技術 会 社 信和株式会社
担当部署 商品開発部 担当者 青山 敏朗
住 所 〒503-0311 岐阜県海津市平田町仏師川30-7
TEL 0584-66-4411 FAX 0584-66-4522
E−MAIL toshiro@shinwa-jp.com
URL http://www.shinwa-jp.com/
営業 会 社 信和株式会社
担当部署 大阪支店 担当者 上垣 理和
住 所 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-101 大同生命江坂ビル10階
TEL 06-6386-4801 FAX 06-6386-4802
E−MAIL uegaki@shinwa-jp.com
URL http://www.shinwa-jp.com/
問合せ先
番号会社担当部署担当者住所
TELFAXE-MAILURL
実績件数
国土交通省 その他公共機関 民間等
0件 0件 0件
実験等実施状況
【チェーンブロックハンガー引張試験】

1.試験実施日 : 2011年5月25日
2.試験場所 : 信和株式会社 本社工場 (岐阜県海津市)
3.目的 : チェーンブロックハンガーに吊下げ荷重(引張荷重)をかけた場合において、安全性を確認する
4.試験方法 : チェーンブロックハンガーに許容値以上(定格荷重の10倍)の荷重をかけた引張試験により測定する
5.試験結果 :
・荷重2,500Kgまで加えたのち、荷重を0に戻した時、残留変異は0mmであった
6.考察
・チェーンブロックの許容荷重が240Kgであるので、十分安全であることが確認された
・搬器重量は合計70.8Kg(搬器本体、レールガイド上・下)であり、最大積載量150Kgに対しても安全であることが確認された


【ランディングボックス落下試験】

1.試験実施日 : 2011年5月25日
2.試験場所 : 信和株式会社 本社工場 (岐阜県海津市)
3.目的 : 過荷重状態で搬器が落下した場合において、自動ブレーキの動作(安全性)を確認する
4.試験方法 : 搬器に400Kg、600Kgの重しを載せた落下試験により測定する
5.試験結果 :
・400Kg、600Kgいずれの場合も、ガイドレール上の自動ブレーキ(ロッカーアーム)が作動し、レール上で搬器が停止した
・レールからの脱落はなかった
・試験値
積載重量400Kgの場合は、落下距離80oで停止した
積載重量600Kgの場合は、落下距離95oで停止した
6.考察 :
・4倍の安全率(600Kg)についても安全ブレーキが確実に作動することが確認された
・参考として安全帯構造指針(産業安全研究所)によると、安全ブロックでは許容落下距離は2,000o以内なので、十分安全であると言える
・搬器の最大積載荷重150Kg、チェーンブロックの揚重荷重(定格荷重)は240Kgであるので、十分安全であると言える
・レールガイド部のレールを保持するベアリング部と自動ブレーキ部は、別体であるため、落下時のリフト脱落は考えにくい


ランディングボックス強度試験
添付資料等 添付資料
1 「ランディングボックス」取扱説明書
2 積算明細
3 国土交通省 土木工事積算基準(平成24年度版)
4 建設物価(平成24年8月版)
5 落下試験結果
6 試験施工現場資料1
7 リーフレットカタログ
8 チェーンブロックハンガー引張試験結果
9 チェーンブロック仕様書
10 試験施工現場資料2
11 信和足場部材 資料
参考文献
 
その他(写真及びタイトル)

施工写真1


施工写真2


施工写真3

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について