NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2019.03.22現在
 
技術
名称
ポストデリニエーター(車両誘導灯) 
事後評価未実施技術 登録No. CG-150015-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2016.02.19
収集整備局 中国地方整備局
開発年 2013 登録年月日 2016.02.19 最終更新年月日 2016.02.19
キー 
ワード
安全・安心、公共工事の品質確保・向上
自由記入
視線誘導 交通安全施設 夜間点灯
開発目標
安全性の向上、省資源・省エネルギ、品質の向上
開発体制
単独 産、 官、 学) 共同研究 産・産、 産・官、 産・学、 産・官・学)
開発会社 株式会社大晃工業、地方独立行政法人鳥取県産業技術センター、株式会社トミサワ、株式会社ケイケイ
問合せ先 技術 会 社 株式会社大晃工業
担当部署 企画開発部 担当者 森村裕二、平尾健二
住 所 〒680-0934 鳥取県鳥取市徳尾178番地4
TEL 0857-22-0777 FAX 0857-22-5020
E−MAIL morimura@daikoux.jp
URL -
営業 会 社 株式会社大晃工業
担当部署 企画開発部 担当者 森村裕二、尾崎耕作
住 所 〒680-0934 鳥取県鳥取市徳尾178番地4
TEL 0857-22-0777 FAX 0857-22-5020
E−MAIL osaki@daikoux.jp
URL -
問合せ先
番号会社担当部署担当者住所
TELFAXE-MAILURL
1地方独立行政法人鳥取県産業技術センター電子・有機素材研究所有機材料科、企画・連携推進部吉田晋一、吉田裕亮鳥取県鳥取市若葉台南7丁目1-1
0857-38-62000857-38-6210syosida@pref.tottori.jphttp://www.tiit.or.jp
実績件数
国土交通省 その他公共機関 民間等
0件 2件 0件
実験等実施状況
1. 実車踏付け試験
@試験実施日 ; 2015年11月4日(木)
A試験場所 ; 自社敷地内
B目的 ; 屈曲復元の維持機能
C試験方法 ; 2tトラックで踏付け試験を200回行った後の復元性を確認
D結果 ; ポール本体・反射テープとも異常はなし
E考察 ; 踏付け試験200回行った後、亀裂・破損の発生はなく復元を確認した
2. 衝撃応力値測定試験
@試験実施日 ; 2015年4月27日(月)
A試験場所 ; 自社敷地内
B目的 ; 車両衝突による引き抜け・内部基盤の飛散ないこと
C試験方法 ; 車高の低い一般車両で速度30q・60q・80q制動ありの条件で各30回衝突し確認
D結果 ; 30q・60q・80qの速度で衝撃しても、本体引き抜け・内部基盤の飛散はなく、本体応力値は軽減
E考察 ; 30q・60q・80qの速度で各30回の衝撃をしても、応力軽減により、本体引き抜け・内部基盤の飛散ないことを確認した
3. 屋外輝度測定実験
@試験実施日 ; 【1回目】2015年7月24日(金) 及び 【2回目】2015年12月18日(金)
A試験場所 ; 鳥取県産業技術センター敷地内
B目的 ; LEDライト・反射テープの輝度
C試験方法 ; ロービーム40m地点(1回目)及び100m地点(2回目)にて測定
D結果 ; 【1回目】LEDライト・反射テープともに輝度の向上を確認
【2回目】100m先での輝度は25.81cd/uの高い数値を計測し、目視でも確認
E考察 ; 【1回目】LEDライトは約27倍の輝度を、反射テープ自社使用分は約1.1倍の輝度を確認した
【2回目】100m先でのLEDライト輝度は視認性が高いことを確認した
4. 防水試験
@試験実施日 ; 2016年2月12日(金)
A試験場所 ; 鳥取県産業技術センター
B目的 ; 電気部内に水が入らないこと
C試験方法 ; 防水試験「保護等級3 IPX3」の毎分10gの水を注水し防水性を確認
D結果 ; 毎分10gの水を5分間注水して、電気部内に水が浸入しないことを確認
E考察 ; 製品の防水性があることを確認した
5. 耐候性試験
@試験実施日 ; 2016年2月9日(火)〜2月12日(金)
A試験場所 ; 鳥取県産業技術センター
B目的 ; 自然環境下での苛酷な状況に耐候できる製品証明
C試験方法 ; 高温試験、サイクル試験、高湿試験
D結果 ; 3つの試験は寿命加速試験機に各24時間入れてから取り出し、LEDライト輝度が試験前後で差異のないこと、本体形状も異変ないことを確認
E考察 ; 製品の耐候性があることを確認した


 
添付資料等 添付資料

添付資料ー1. カタログ

添付資料ー2. 製品単価表

添付資料ー3. 試験結果一覧表

添付資料ー4. 施工実績
参考文献
 
その他(写真及びタイトル)

国道9号溝川交差点の試験施工(鳥取市伏野)


県道21号千代大橋東詰交差点の試験施工(鳥取市幸町)


県道31号立川地内の試験施工(鳥取市立川町)

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について