NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2019.03.23現在
 
技術
名称
GOR工法 
事後評価済み技術
(2018.02.15)
登録No. CG-120011-VR
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VR
活用効果調査入力システムを使用してください。
-VR 評価:平成30年2月15日〜

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2018.02.26
収集整備局 中国地方整備局
開発年 2003 登録年月日 2012.07.30 最終更新年月日 2018.02.26
キー 
ワード
環境、コスト縮減・生産性の向上、リサイクル
自由記入
微生物 チップ ゼオライト
開発目標
経済性の向上、地球環境への影響抑制、リサイクル性向上
開発体制
単独 産、 官、 学) 共同研究 産・産、 産・官、 産・学、 産・官・学)
開発会社 今岡工業株式会社・株式会社イズカ・FOREXトーリン株式会社
問合せ先 技術 会 社 今岡工業株式会社
担当部署 土木事業部 担当者 名原 芳昭
住 所 〒693-0024 島根県出雲市塩冶神前2-8-16
TEL 0853-23-7778 FAX 0853-22-5959
E−MAIL gor001@imaokakogyo.co.jp
URL http://.imaokakogyo.com
営業 会 社 株式会社イズカ
担当部署 総務部 担当者 桑本 吉明
住 所 〒693-0043 島根県出雲市長浜町337-13
TEL 0853-28-2688 FAX 0853-28-2802
E−MAIL kuwamoto@izuka.co.jp
URL http://www.izuka.co.jp
問合せ先
番号会社担当部署担当者住所
TELFAXE-MAILURL
1FOREXトーリン株式会社-五升田 茂広島県三次市三原町16-1
0824-63-18190824-63-2751shigeru-goshoda-torin@forex-mori.com 
実績件数
国土交通省 その他公共機関 民間等
10件 65件 1件
実験等実施状況
人工降雨試験
試験実施日:平成20年5月19日〜5月26日
試験場所:島根県出雲市長浜町(株)イズカ
目的:耐侵食効果の確認
試験方法:勾配S=1:0.8・吹付厚t=5pの仮想法面に降雨強度100mm/hr(落下高2m)にて60分の降雨を行った
試験結果:173g/m2の流出量となり 300g/m2の基準値以下である結果を得た
考察:流出土量については、1日後の試験では若干の流出があるが一般的な植生基材吹付用の基盤材の半分程度である。3日後で大幅に減少し1週間後では降雨時間による変化は見られない。

急勾配での生育基盤材安定度試験
試験実施日:平成20年3月18日〜平成20年5月12日(2ヶ月間)
試験場所:島根県出雲市長浜町(株)イズカ
目的:生育基盤が、天候や急勾配等の悪条件下で安定しているかを確認
試験方法:勾配S=1:0.6・吹付厚t=5pの高分子樹脂系結合剤使用の仮想法面と同条件の無機質系安定剤使用の仮想法面の2タイプを用意し2ヶ月放置して種子が発芽した辞典で育成基盤の変化を調査した。
試験結果:両タイプ共に安定した生育基盤であることを目視(写真)にて確認できた。
考察:高分子樹脂系結合剤を使用したタイプでは計上の大きいチップがやや移動しており、無機質系安定材を使用したタイプではほとんど変化が見られなかった。

酸性土壌環境における育成試験
試験実施日:平成21年10月16日:吹付 平成22年6月16日:効果判定
試験場所:島根県出雲市内
目的:酸性土壌環境における育成効果
試験方法:土壌pH測定(H2O2法)pH=3.92の土壌にGOR工法にて施工を行い同地質条件の近隣施工現場との育成状況の比較を行った。
試験結果:周辺地域における従来植生基材吹付工による緑化状況は発芽後に酸性土壌の影響により次第に衰退しているのに対し、GOR工法では良好な緑化状況を目視(写真)にて確認ができた。
考察:pH=4以上の弱酸性土壌での緑化にもGOR工法が有効であることが確認できた。

 
添付資料等 添付資料
【添付1】GOR工法積算資料
【添付2】人工降雨による耐浸食試験
【添付3】試験施工
【添付4】急勾配での生育基盤安定度試験
【添付5】GOR工法施工実績 H29.4
【添付6】GOR工法技術資料 H29
【添付7】酸性土壌におけるGOR工法の効果
【添付8】破砕ヤード図
【添付9】従来技術の日数算定
参考文献
道路土工 切土工・斜面安定工指針(H21年度版)
その他(写真及びタイトル)

施工状況(Option 1)


施工状況(Option 3)


吹付状況

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について