NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2019.10.20現在
 
技術
名称
リハビリカプセル工法 
事後評価済み技術
(2018.04.26)
登録No. CG-120005-VR
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VR
活用効果調査入力システムを使用してください。
−VR評価:平成30年4月26日〜

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2018.07.13
収集整備局 中国地方整備局
開発年 2011 登録年月日 2012.05.21 最終更新年月日 2018.07.13
キー 
ワード
安全・安心、コスト縮減・生産性の向上、公共工事の品質確保・向上
自由記入
ASR 塩害 内部圧入
開発目標
経済性の向上、耐久性の向上、品質の向上
開発体制
単独 産、 官、 学) 共同研究 産・産、 産・官、 産・学、 産・官・学)
開発会社 福徳技研,極東興和,井上建設,広島ガステクノ・サービス
問合せ先 技術 会 社 福徳技研株式会社
担当部署 コンクリート補修部 担当者 河原健児
住 所 〒730-0053 広島県広島市中区東千田町2-3-26
TEL 082-243-5535 FAX 082-243-6444
E−MAIL kawahara@fukutoku-group.co.jp
URL http://www.fukutoku-group.co.jp/
営業 会 社 福徳技研株式会社
担当部署 代表取締役 担当者 徳納武使
住 所 〒730-0053 広島県広島市中区東千田町2-3-26
TEL 082-243-5535 FAX 082-243-6444
E−MAIL tokuno@fukutoku-group.co.jp
URL http://www.fukutoku-group.co.jp/
問合せ先
番号会社担当部署担当者住所
TELFAXE-MAILURL
1極東興和株式会社営業本部補修部補修技術課江良和徳広島県広島市東区光町2-6-31
082-261-1204082-261-1269era@kkn.co.jphttp://www.kkn.co.jp/
2井上建設株式会社補修事業部峯松昇司広島県三原市久井町江木1471
0847-32-71250847-32-5151minematsus@inoken.co.jphttp://www.inoken.co.jp/
3広島ガステクノ・サービス株式会社エンジニアリング事業部建設部土木課佐々木大輔広島県広島市南区皆実町2-6-19
082-252-3068082-252-6749dsasaki@hiroshima-gas.co.jphttp://www.hgts.co.jp/
実績件数
国土交通省 その他公共機関 民間等
5件 1件 1件
実験等実施状況
【リハビリカプセル工法による亜硝酸リチウム浸透確認試験】

実施時期
2018年6月
実施場所
井上建設(株)試験室
実施主体
福徳技研(株)、極東興和(株)、井上建設(株)、広島ガステクノ(株)
試験の目的
リハビリカプセル工法によりコンクリート内に内部圧入された亜硝酸リチウムの浸透状況を確認することを目的としました。
試験内容
600×600×200mmのコンクリート供試体(圧縮強度24N/mm2)にφ10mm、L=100mmの圧入孔を削孔し、リハビリカプセルを用いて亜硝酸リチウムを内部圧入しました。
圧入圧力は0.5MPa、圧入時間は40時間(8時間×5日)としました。
内部圧入が完了した後、コンクリート供試体を切断して呈色反応試験を実施しました。
呈色反応試験として、切断面に呈色試薬を塗布しました。この試薬(無色透明)は、亜硝酸リチウムと反応すると茶褐色に変色する性質を有します。
茶褐色への変色範囲を観察することによって、コンクリート内の亜硝酸リチウムの浸透状況を確認することができます。
試験結果
写真に示すとおり、圧入孔を中心とした同心円状の範囲(半径260〜300mm)に茶褐色に変色した箇所が認められます。
この変色範囲は亜硝酸リチウムが存在していることを示しています。
これは、リハビリカプセルによる内部圧入によって、亜硝酸リチウムがコンクリート中に浸透,したことを示しています。



内部圧入後の亜硝酸リチウムの浸透状況
添付資料等 添付資料
添付資料1 リハビリカプセル工法カタログ
添付資料2 亜硝酸リチウム製品安全データシート(MSDS)
添付資料3 広島県コンクリートメンテナンス協会 技術資料
添付資料4 リハビリカプセル工法 技術資料
添付資料5 リハビリカプセル工法 積算資料
添付資料6 リハビリカプセル工法圧入時間の算定
参考文献
【論文】中性化した鉄筋コンクリート補修工法に関する研究
【論文】亜硝酸リチウム含有ポリマーセメントモルタルの塩害抑制効果に関する長期暴露試験
【論文】亜硝酸リチウムによるアルカリ骨材膨張の抑制効果
【図書】コンクリートライブラリー124 アルカリ骨材反応対策小委員会報告書,平成17年8月,土木学会
(・・・ASR補修材料として亜硝酸リチウムが記載されている)
【図書】設計要領 第二集 橋梁保全編,平成21年7月,中日本高速道路株式会社
(・・・鉄筋腐食抑制材料として亜硝酸リチウムが記載されている)
その他(写真及びタイトル)

圧入状況


供試体切断状況


呈色反応液塗布状況

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について