NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.12.11現在
 
技術
名称
かたわくエコちゃん 
事後評価済み技術
(2014.12.12)
登録No. CG-080020-VE
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VE
活用効果調査は不要です。(フィールド提供型、テーマ設定型で活用する場合を除く。)
活用効果調査が不要な技術です。(VE)

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2015.07.24
収集整備局 中国地方整備局
開発年 1993 登録年月日 2009.01.13 最終更新年月日 2015.07.24
キー 
ワード
環境、コスト縮減・生産性の向上、リサイクル
自由記入
CO2の削減 木材資源使用量の削減 有機廃繊維のリサイクル
開発目標
耐久性の向上、地球環境への影響抑制、省資源・省エネルギ
開発体制
単独 産、 官、 学) 共同研究 産・産、 産・官、 産・学、 産・官・学)
開発会社 株式会社竹中工務店と株式会社トヨタ
問合せ先 技術 会 社 株式会社トヨタ
担当部署   担当者 豊田
住 所 〒729-3103 広島県福山市新市町大字新市158番地
TEL 0847-52-5202 FAX 0847-52-5333
E−MAIL info@ecochan.net
URL http://www.ecochan.net/
営業 会 社 株式会社 トヨタ
担当部署   担当者 豊田
住 所 〒729-3103 広島県福山市新市町大字新市158番地
TEL 0847-52-5202 FAX 0847-52-5333
E−MAIL info@ecochan.net
URL http://www.ecochan.net/
問合せ先
番号会社担当部署担当者住所
TELFAXE-MAILURL
1新洋木材工業株式会社.山内・御手洗大阪府堺市南区大庭寺640番地
072-298-4121072-298-4171info@mengi.co.jphttp://www.mengi.co.jp/
2株式会社エム・ジェイ・ウッド.西田埼玉県川口市神戸146-1
048-290-5240048-290-5241info@mjw.co.jphttp://www.mengi.co.jp/mjw/index.html
3三基型枠工業株式会社営業部佐藤 博東京都江東区亀戸1-28-6タニビル5階
03-5609-388503-5609-4456h.sato@sankikatawaku.co.jp www.sankikatawaku.co.jp
4株式会社星田商会 佐々木新潟県新潟市秋葉1丁目5番24号
025-271-9151025-271-9154sasaki@hoshidasyoukai.co.jphttp://www.hoshidasyoukai.co.jp/index.html
5北丹資材株式会社 岩井岸和田市木材町11-10
0724-37-85320724-37-3216hokutan@sensyu.ne.jphttp://www2.sensyu.ne.jp/hokutan/
6あおき製作株式会社 曽川徳島市川内町平石流通団地57
088-665-1335088-665-5389aoki1@aoki-s.comhttp://www.aoki-s.com/
7昭進産業株式会社 山川課長福岡県小郡市屋山隅191番地2
0942-73-17050942-72-2347info@syoushin.jphttp://shoushin.jp/
8昭和マテリアル株式会社営業部佐々木 和彦岩見沢市上幌向町542-7
0126-26-36360126-26-4533 sasaki@showamaterial.co.jphttp://www.showamaterial.co.jp
9株式会社 フジックス総務甘利 文生千葉県白井市中445-4
047-492-2751047-492-2952info@fujix-co.nethttp://fujix-co.net
10ダイアックス株式会社営業部向中野(ムカイナカノ)札幌市中央区南20条西10丁目3-3 だいりつビル3F
011-562-3330011-531-7682m.mukainakano@dyaxe.co.jphttp://www.dyaxe.co.jp/
実績件数
国土交通省 その他公共機関 民間等
2件 50件 60件
実験等実施状況
@開発したポリプロピレンシートの性能試験
ポリプロピレン樹脂の特性を保持しながら熱や荷重による大きな伸びを抑え、表皮材としての性能を確保できた。
試験項目 引っ張り弾性率
試験方法 JIS K 7113に準拠
試験結果と単位
引張弾性率18,900 kgf/cu 引張伸び 7(%)
試験場所 広島県立西部工業技術センター
年月日 平成4年3月6日
A表面加工コンクリート型枠用合板(JAS規格に準ずる)
JAS規格に定める表皮材としての性能およびを確保できた。
耐アルカリ試験
試験基準
表面にわれ・はがれ・変色の無いもの
結果
表面に変化なし。
年月日 平成4年12月17日
B表面加工コンクリート型枠用合板(JAS規格に準ずる)
JAS規格に定める表皮材としての接着性能を確保できた。
試験項目
煮沸繰り返し試験
試験基準
接着強度7kgf/cu以上
結果
平均値 8.9kgf/cu
煮沸剥離試験
試験基準
接着層で剥離しない部分が50mm以上
結果
接着層との剥離なし。
耐アルカリ試験
試験基準
表面にわれ・はがれ・変色のないもの
結果
表面に変化なし
試験場所 広島県東部工業技術センター
年月日平成5年年2月12日

C従来の塗装合板と比較した試験施工
24回転用で比較し本商品は24回の耐久性能があり、従来の塗装合板と性能を比較した。
比較試験項目 重量・加工性・組立性・耐衝撃性・解体性・耐久性
場所 品川プリンスホテル住宅棟新築工事
部位 妻側PCF返し、およびコア部分
年月日 1994年 4月 ー9月



ウレタン塗装合板との比較
添付資料等 添付資料
@広島県西部工業技術センター(第3618号)試験成績表
A広島県東部工業技術センター(第968号)試験成績書
B広島県東部工業技術センター(1259-1号)試験成績表
C従来の塗装合板との施工比較表(品川プリンスホテル住宅棟新築工事)
D実績表ー1
E比較表ー1
F比較表ー2
G比較表ー3
H製品品質規格
I日本建築学会九州大会論文(1998年9月)
参考文献
@農林水産省ホームぺイジからJASコンクリート型枠用合板の基準
AJASコンクリート型枠用合板の基準((財)日本合板検査会
Bプラスチィック読本(大阪市立工業研究所ほか編集)
C木材の接着((社)日本木材加工技術協会
その他(写真及びタイトル)

広島県安浦高架橋3期工事


境港江島地区橋梁(渡り側)主橋梁部上部工事

 

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について