NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.09.23現在
 
技術
名称
プロテクトウォールLP 
事後評価済み技術
(2016.04.05)
登録No. CB-090025-VE
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VE
活用効果調査は不要です。(フィールド提供型、テーマ設定型で活用する場合を除く。)
「A」から「VE」付与 H28.6.16〜

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2012.05.28
収集整備局 中部地方整備局
開発年 2008 登録年月日 2009.12.10 最終更新年月日 2012.05.28
キー 
ワード
安全・安心、コスト縮減・生産性の向上
自由記入
プレキャストL形擁壁 防護柵基礎  
開発目標
省人化、経済性の向上、作業環境の向上
開発体制
単独 産、 官、 学) 共同研究 産・産、 産・官、 産・学、 産・官・学)
開発会社 丸栄コンクリート工業株式会社
問合せ先 技術 会 社 丸栄コンクリート工業株式会社
担当部署 技術部 担当者 松下 裕昭
住 所 〒501-6293 岐阜県羽島市福寿町間島1518
TEL 058-393-0215 FAX 058-393-3999
E−MAIL mar-hgis@maruei-con.co.jp
URL http://www.maruei-con.co.jp
営業 会 社 丸栄コンクリート工業株式会社
担当部署 営業管理部 担当者 本田 智
住 所 〒501-6293 岐阜県羽島市福寿町間島1518
TEL 058-393-0700 FAX 058-392-6090
E−MAIL mar-hsal@maruei-con.co.jp
URL http://www.maruei-con.co.jp
問合せ先
番号会社担当部署担当者住所
TELFAXE-MAILURL
1丸栄コンクリート工業株式会社東京支店営業部千代田区鍛治町1-10-7
03-3252-527703-3252-5266tokyo@maruei-con.co.jphttp://www.maruei-con.co.jp
2丸栄コンクリート工業株式会社北関東支店営業部つくば市春日4-1-12
029-860-3517029-855-7253tsukuba@maruei-con.co.jphttp://www.maruei-con.co.jp
3丸栄コンクリート工業株式会社静岡支店営業部掛川市菊浜645
0537-72-22210537-72-5061mar-sg@maruei-con.co.jphttp://www.maruei-con.co.jp
4丸栄コンクリート工業株式会社名古屋支店営業部名古屋市中区上前津2-3-24
052-323-3400052-323-4500mar-ng@maruei-con.co.jphttp://www.maruei-con.co.jp
5丸栄コンクリート工業株式会社中部支店営業部羽島市福寿町間島1518
058-393-0711058-392-9982gifu@maruei-con.co.jphttp://www.maruei-con.co.jp
6丸栄コンクリート工業株式会社大阪支店営業部大阪市淀川区西中島2-14-6-2F
06-6307-048006-6307-0392osaka@maruei-con.co.jphttp://www.maruei-con.co.jp
実績件数
国土交通省 その他公共機関 民間等
0件 1件 0件
実験等実施状況
プロテクトウォールの強度確認を行うため、以下の条件で載荷試験を実施した。

製品サイズ H1500×L2000
載荷荷重 32.4kN(衝突荷重B,C種時の側壁付け根での発生モーメントから算出)
載荷位置 製品天端から0.60m

試験日時 2008年11月
試験場所 丸栄中部コンクリート工業 今尾工場


結果
衝突荷重時に有害なひび割れは発生しなかったため、プロテクトウォールは十分な強度を有すると判断する。


載荷試験状況
添付資料等 添付資料
@概算工事費
A構造計算書
B載荷試験結果
Cアルカリシリカ反応性試験報告書、製品の配合、コンクリート試験報告書
D鋼材検査証明書
E工程根拠
参考文献
「日本道路協会 道路土工 擁壁工指針(平成11年3月)」
「土木学会 コンクリート標準示方書(2002年)」
「車両用防護柵標準仕様・同解説(平成16年3月)」
「防護柵の設置基準・同解説(平成16年3月)」
その他(写真及びタイトル)

現場写真(犬山市)

 

 

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について