NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。

更新履歴


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果
















            

2017.02.26現在
 
技術
名称
箱型擁壁「フリーウォール・キャッスルウォール」 
事後評価済み技術
(2014.09.24)
登録No. CB-040038-VE
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VE
活用効果調査は不要です。(フィールド提供型、テーマ設定型で活用する場合を除く。)
「V」から「VE」付与 H27.3.13〜

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2014.12.02
収集整備局 中部地方整備局
開発年 1992 登録年月日 2004.07.28 最終更新年月日 2014.12.02
キー 
ワード
安全・安心、コスト縮減・生産性の向上
自由記入
擁壁 緑化 工期短縮
開発目標
経済性の向上、耐久性の向上
開発体制
単独 産、 官、 学) 共同研究 産・産、 産・官、 産・学、 産・官・学)
開発会社 株式会社箱型擁壁研究所、箱型擁壁協会
問合せ先 技術 会 社 昭和コンクリート工業株式会社
担当部署 営業本部 技術設計部 担当者 吉田辰也
住 所 〒500-8703 岐阜県岐阜市香蘭1丁目1番地
TEL 058-255-3348 FAX 058-252-3177
E−MAIL yosidata@showa-con.co.jp
URL www.showa-con.co.jp
営業 会 社 昭和コンクリート工業株式会社
担当部署 営業本部 技術営業部 担当者 橘修
住 所 〒500-8703 岐阜県岐阜市香蘭1丁目1番地
TEL 058-255-3337 FAX 058-252-3348
E−MAIL itayajun@showa-con.co.jp
URL www.showa-con.co.jp
問合せ先
番号会社担当部署担当者住所
TELFAXE-MAILURL
1潟nタナカ昭和営業部佐藤誠司北海道留萌市本町3丁目60番
0164-42-34330164-43-6515sato@hatanaka-gr.co.jp 
2アスザック営業花岡 民男長野県上高井郡高山村大字中山981
0268-62-01210263-62-3004hana-tami@asuzac.co.jphttp://www.asuzac.co.jp/
3大和クレス開発営業草地 茂彰大阪市東淀川区西淡路1-1-35 幹線東ビル701号
06-6322-312506-6322-6751shigeaki.kusachi@daiwa-cres.co.jphttp://www.daiwa-cres.co.jp/
4株n渡商会営業松尾 哲佐賀県武雄市朝日町大字甘久3498-2
0952-40-80050952-40-8006ms-saga@mawatari-s.co.jphttp://www.mawatari-s.co.jp/
5土佐屋コンクリート工業取締役事業部長麻生 博幸熊本県熊本市中央区坪井6丁目38番15号 建峰ビル6F
096-343-3855096-345-9606hiro-asou@tosaya-con.co.jphttp://www.tosaya-con.co.jp/
6南州コンクリート工業営業田中 昭弘鹿児島市小山田町448番地
099-238-2222099-238-4452a-tanaka@nanshu-con.co.jphttp://www.nanshu-con.co.jp/
7工藤コンクリート営業工藤 泰輔山形県西村山郡河北町谷地字真木348番地
0237-73-25510237-73-2190taizoo@fine.ocn.ne.jphttp://www.kudocon.co.jp/
8葛Z研技術部後藤 琢磨青森県青森市桂木4丁目3番地14
017-734-4033017-734-4320tech@giken-pat.comhttp://www.giken-pat.com/
9三井化学産資土木資材部松本 七保子東京都文京区湯島三丁目39番10号 上野THビル
03-3837-158503-3837-5818Nahoko.Matsumoto@mitsui-chem.co.jphttp://www.mitsui-sanshi.co.jp/
10潟hウワ工業営業部大泉 将史石川県金沢市専光寺町タ12番地
076-268-5233076-268-9283dowa@yacht.ocn.ne.jphttp://www2.spacelan.ne.jp/~dowa/
11會澤高圧コンクリート札幌支社 VEチーム佐々木 良滋北海道札幌市白石区菊水町4条4丁目95-1
011-820-1611011-820-6788ryoji.sassaki@aizawa-group.co.jphttp://www.aizawa-group.co.jp/
12インフラテック経営戦略部福留 勝志鹿児島県鹿児島市与次郎2-7-25
099-252-9911099-259-4800fukudome_k@infratec.co.jphttp://www.infratec.co.jp/
13潟Cズコン技術開発部内田 英樹島根県出雲市大津町1778-1
0853-23-26330853-25-1024h_uchida@izcon.co.jphttp://www.izcon.jp/
14三洋土木建材課石賀 保男鳥取県鳥取市千代水2丁目105番地
0857-31-03400857-31-0201y-ishiga@sanyo-kabu.co.jp 
15且R一総業営業山口 順也北海道室蘭市中島町3-7-1
0143-45-77220143-45-7750s-yama1@siren.ocn.ne.jp 
16平和コンクリート工業営業部松原 伸之三重県四日市市楠町吉崎1番地
0593-97-31710593-98-0001n_matsubara@heiwa-con.co.jphttp://www.heiwa-con.co.jp/
17丸栄コンクリート工業(株)営業伊藤 良和岐阜県羽島市福寿町間島1518番地
058-393-0711058-392-9982mar-hsal@maruei-con.co.jphttp://www.maruei-con.co.jp/
18潟Aドヴァンス営業部技術課市川 秀明新潟県新潟市秋葉区七日町上身5151番
0250-22-17390250-22-1730ichikawa-h@advance-kk.co.jphttp://www.advance-kk.co.jp/
19潟~ルコン営業本部 広域営業木津 和幸福井市長本町202番地
0776-52-80150776-52-8001k-kizu@po.milcon.co.jphttp://www.milcon.jp/
20前田製管開発営業部阿部 久東京都江東区木場5-11-17 商工中金深川ビル6F
03-5621-647103-5621-6455s060-k@maeta.co.jphttp://www.maeta.co.jp/
21東京インキ''東京都北区王子1-12-4 TIC王子ビル
03-5902-762803-5390-4933  
22株趨リ興産本社営業部二木 誠福岡県行橋市中央2丁目11-5 行橋センータービル7F
0930-23-14720930-22-4510mfutatugi@kashiwagi-k.co.jphttp://www.kashiwagi-k.co.jp/
23三洋コンクリート工業営業部遠藤 稔千葉県山武郡九十九里町片貝4025
0475-76-33310475-76-3332sanyo-5@feel.ocn.ne.jphttp://www.sanyo-ck.co.jp/
24土屋建材営業諸伏 宏昌静岡県伊豆の国市吉田120-1
0558-76-13290558-76-2574head-office@tsuchiya-kenzai.co.jphttp://www.tsuchiya-kenzai.co.jp/
25株型擁壁研究所企画部糸井 元保大阪市淀川区西中島5丁目2番5号 中島第二ビル3F
0797-87-13570797-96-0445i-motoyasu@h8.dion.ne.jphttp://www.hakoken.jp/
実績件数
国土交通省 その他公共機関 民間等
102件 2012件 187件
実験等実施状況
「箱型擁壁」耐震性技術検討(財団法人 土木研究センター)

「箱型擁壁」の耐震性能を把握するため、平成15年2月26日独立行政法人 土木研究所の「大型遠心力載荷試験装置」を使用し、以下に示す3手法を用いて耐震性の検証を行った。

(1)遠心力載荷模型実験
(2)二次元動的弾塑性FEM解析
(3)二次元静的弾塑性FEM解析
【実験結果】(資料-2「箱型擁壁」耐震性技術検討委員会 報告書より)
a)耐震性・・箱型擁壁は地震時に想定される荷重に対して、崩壊に対する安定性を有し過大な変形も生じない、十分な地震時の安定性と変形特性を有することが確認された。
b)設計法・・実験の直線状のすべり形状は試行くさび法で想定される破壊モードと同様であり、また、もたれ擁壁設計法を準用した箱型擁壁設計法は実験と比較して安全側の 計算結果を与えるなど、その適用性は高い。


実験状況
添付資料等 添付資料
@「箱型擁壁」建設技術審査証明報告書
A「箱型擁壁」耐震性技術検討委員会 報告書
B新潟県中越地震報告書
C施工実績表
D箱型擁壁協会設計・施工マニュアル
E工事費・工程比較資料
F製造工場調査要領書
参考文献
<参考文献>
1)(社)日本道路協会 :道路土工―擁壁工指針 平成11年
2) 〃 : 〃 ―土質調査指針 平成11年
3) 〃 : 〃 ―施工指針 平成3年
4) 〃 : 〃 ―軟弱地盤対策工指針 昭和61年
5) 〃 : 〃 ―のり面工、斜面安定工指針 平成11年
6) 〃 :道路防雪便覧 平成2年
7) 〃 :道路橋示方書・同解説 平成10年
8) 〃 :視線誘導標識設置基準(構造編)・同解説 昭和54年
9) 〃 :道路トンネル技術基準・同解説 平成元年
10)(社)土木学会:【2002年制定】コンクリート標準示方書 [構造性能照査編] 平成14年
11) 〃 : 〃 [施工編] 平成14年
12) 〃 : 〃 [規準編] 平成14年
13)日本まちづくり協会編 :土工・岩石工学「土木施工法」 平成13年
14)(財)土木研究センター:箱型擁壁耐震性検討委員会報告書 平成15年
15)安孫子・澤共著 :改訂道路工学 コロナ社 昭和63年
16)擁壁緑化研究会・小橋、森本ほか:箱型擁壁緑化マニュアル 平成12年
17)箱型擁壁協会・篠ほか :箱型擁壁のしくみ 平成6年
18) 〃 ・技術部会 : 〃 設計マニュアル 平成11年
19) 〃 ・技術部会 : 〃 施工マニュアル 平成12年
その他(写真及びタイトル)

福島県/工事名 国道399号杉平地区/工事高さ10m/工


鹿児島県/工事名 県単道路整備根占〜辺塚第3号/工事


新潟県/工事名 仲間町道路その3工事/工事高さm/工事

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について