NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.11.25現在
 
技術
名称
親子フィラー 
事後評価未実施技術 登録No. KT-130088-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2015.04.28
特許・実用新案
種 類 特許の有無 特許番号
特 許
有り 出願中 出願予定 無し
  
特 許 詳 細  
特許番号 第5365819号 実施権
通常実施権 専用実施権
特許権者 株式会社構造工学研究所 扶桑機工株式会社 
実施権者
特許料等
実施形態
問合せ先 株式会社構造工学研究所 大沼耕平 TEL03-5981-5621 
実用新案 特許の有無
有り 出願中 出願予定 無し
特許番号 第3184961号   実施権
通常実施権 専用実施権
備 考   
第三者評価・表彰等
  建設技術審査証明 建設技術評価
証明機関    
番   号    
証明年月日    
URL    
その他の制度等による証明
制度の名称 SASST技術評価  
番   号 第14-01号  
証明年月日 2014.04.10  
証明機関 一般社団法人建築鉄骨構造技術支援協会  
証明範囲 親子フィラーの構造安全性  
URL http://www.sasst.jp/  
評価・証明項目と結果
証明項目 試験・調査内容 結果
概要、設計要領、施工要領、品質管理要領、運用体制概要、設計要領、施工要領、品質管理要領、運用体制の資料を提出。親子フィラーの使用に関する設計上の注意点を設計要領にまとめており、その内容は、構造設計上問題のないものと判断された。
部材の構造実験せん断・引張の構造実験資料を提出ロングタイプのフィラーを用いた場合は、ベースプレートにあけた過大孔はフィラー及びモルタルではほぼ完全に充填されるため、構造設計において過大孔の影響は考慮する必要がないものと判断される。一方、ショートタイプのフィラーを用いた場合は、過大孔が完全に充填されることは期待できず、加力実験の結果を考慮するとベースプレートにあけた過大孔の影響は構造設計時に考慮しておくことが必要であると判断された。
柱脚へのモルタル充填施工実験柱脚へのモルタル充填施工実験資料の提出および、実構造物への適用を想定した施工実験についての立会検査ベースモルタルの充填実験では、ベースプレートに各4本のM16、M30、M48のアンカーボルトを配置し、中央に100〜200mm 径のまんじゅうを設けてベースプレート下の空間を高さ30〜40mm とした実験体に無収縮モルタルを充填している。
本実験の結果からロングタイプを使用した場合のモルタル充填率は、ほぼ90〜100%となっているが、ショートタイプを用いた場合には、モルタルの充填率は、ほぼ50〜90%程度となっている。以上の諸実験の結果から、ロングタイプのフィラーを用いた場合は、ベースプレートにあけた過大孔はフィラー及びモルタルではほぼ完全に充填されるため、構造設計において過大孔の影響は考慮する必要がないものと判断される。一方、ショートタイプのフィラーを用いた場合は、過大孔が完全に充填されることは期待できず、加力実験の結果を考慮するとベースプレートにあけた過大孔の影響は構造設計時に考慮しておくことが必要であると判断された。
柱脚全体を対象とした実大実験実大実験の構造実験試料の提出ベースプレート部に曲げとせん断力が作用する形で行っている。この実験は、曲げ破壊が先行する形式の実験であるため、構造上特に問題となる結果とはなっていない。

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について