NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2018.05.21現在
 
技術
名称
草苅用飛散防止ネット 
事後評価済み技術
(2016.12.20)
登録No. KK-100099-VE
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VE
活用効果調査は不要です。(フィールド提供型、テーマ設定型で活用する場合を除く。)
「A」から「VE」 H29.1.19〜

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2011.03.09
特許・実用新案
種 類 特許の有無 特許番号
特 許
有り 出願中 出願予定 無し
  
特 許 詳 細  
特許情報無し
実用新案 特許の有無
有り 出願中 出願予定 無し
特許番号 登録第3149175号   実施権
通常実施権 専用実施権
備 考 従来、道路際および道路センターラインの分離帯における草刈作業は高速回転する草刈刃が誤って小石や空き缶を飛散させ、道路を通行する自動車および人間を傷つける場合が少なくない。そのため、近年飛び石等の飛散事故を防止するため、道路わきの草を刈り取る作業の際に、電動刈取機で草を刈る作業者とは別の作業者が、コンパネ、ベニヤ等の板材を路側に立ててこれを保持し、この板材を保持した作業者が、草刈り作業の進行に伴って移動し、飛散防止を行っている。しかしながら、飛び石等の飛散距離は草刈位置の前方5メートル以上に及び、これに見合う長尺の板材等を保持し、草刈り作業とともに、前方に移動する作業は重労働である。 本考案は折り畳んで運搬が容易であるとともに、簡単に設定できる移動式草刈用飛散防止専用ネットの組み立てセットを提供することを課題とし、鋭意検討の結果、軽量ネットを支持管又は支持棒で保持しても中央で背負いベルトに吊り下げ左右でバランスさせ保持すれば、ネットを張設した状態でも作業者一人でも運搬移動が容易であることを見出した。 【解決手段】小石は不通過であるが風透過性を有する長方形のネット部材と、左右一対の支持管又は支持棒11を中央ジョイントで繋いでなる横架部材と、横架部材を吊下げ保持する背負いベルト16とからなり、作業者が一対の支持管等を両手に持ってバランスさせ移動させる移動式防護ネットを構成し、ネット部材の上部長辺には一定間隔で吊下げリング15を取付け、支持管等に挿通してネット部材を支持管又は支持棒に沿ってスライドして拡縮可能に取り付け、水平長手方向に広げて設置可能である一方、ネット部材の下部長辺には一定間隔で垂直方向に重力を付与する複数のネット重し13を備え、ネット重しはネット部材の設置時には地上にあってネット部材には実質的に重力を与えずネット部材の風圧による吹き上がりは重力によって防止する。  
第三者評価・表彰等
  建設技術審査証明 建設技術評価
証明機関    
番   号    
証明年月日    
URL    
その他の制度等による証明
制度の名称    
番   号    
証明年月日    
証明機関    
証明範囲    
URL    
評価・証明項目と結果
証明項目 試験・調査内容 結果



このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について