NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2018.10.19現在
 
技術
名称
JS工法 
事後評価済み技術
(2018.03.15)
登録No. QS-120025-VE
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VE
活用効果調査は不要です。(フィールド提供型、テーマ設定型で活用する場合を除く。)
-VE評価:平成30年3月15日〜

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2016.03.07
施工単価
積算条件
・床版仕上げとする。
・九州以外は別途運搬費が必要となる。
・施工代理店契約も可能。(技術指導料が別途必要となる。)
・300u以下の場合は別途協議とする。
標準施工表(300u)
工種 名称 数量(u) 単価 金額 
JS工法 サーファー+ローリー+ハンドマン 300 1000 300,000 
〃 サーファー+ローリー 300 700 210,000 
〃 サーファー+ハンドマン 300 700 210,000 
歩掛り表あり 標準歩掛, 暫定歩掛, 協会歩掛, 自社歩掛)
施工方法
@均し工程においてサーファー(振動機付き平板)でコンクリート骨材を沈め、余剰水を浮かせ、表層部のエアーを抜く。
次工程まで、夏場は2時間程度、冬場は6時間程度要する。

A中間転圧作業でローリー(振動機付きローラー)で不陸整生と再転圧、締め固めを行い、さらに余剰水を浮き上げ、コンクリート内部の空隙を埋める。
次工程まで夏場は1時間程度、冬場は4時間程度を要する。

B最終仕上げでハンドマン(歩行式仕上機)を用いて仕上げていく。


施工フロー
今後の課題とその対応計画
@今後の課題
コンクリート表層部の緻密化(JS工法はクラック防止や不陸(凹凸)防止に効果大であるが、さらにコンクリート表層部(2mm〜7mm)にコンクリート改質剤や水ガラス成分等を浸透させ転圧を行い、ハンドマンで仕上げを行うことでコンクリート表面の緻密化を図る)

A対応計画
現在、実験段階を経て実用化に着手。

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について