NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2019.10.20現在
 
技術
名称
ブッシュチョッパー&アースシェーバー 
事後評価済み技術
(2016.04.18)
登録No. QS-120019-VE
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術










平成29年度〜



(2016.4.21〜)
旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VE
活用効果調査は不要です。(フィールド提供型、テーマ設定型で活用する場合を除く。)
活用促進技術:2016/04/21〜
推奨技術:2016/5/18〜

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2019.04.17
施工単価
積算条件:
・緩傾斜地での竹やぶの伐竹(φ5cm以下)を行う。
・「平成31年度公共工事設計労務単価」の鹿児島県を採用。

作業料金表(目安):
1.除草(高さ1m以下)…平均36円/m2
2.竹類(孟宗竹直径15cm以下)…平均150円/m2
3.小雑木(直径10cm以下)…平均144円/m2
4.最小施工単位は、500m2とする。

備考:
1.石、岩、木株などがある場合は施工効率が落ちるため割増料金となる。
2.雑草、竹、小雑木においては密集度や種類により価格の設定をする。
3.現場内より伐採物の持ち出しが必要な場合の排出費は別途加算。
4.車や人の通行に対する整理要員や建物などの養生が必要な現場においては、別途加算。
5.重機運搬別途加算。
6.処理面積が5,000m2を越える場合は、現場状況を考慮し、割引料金を設定することもある。

※ブッシュチョッパーまたはアースシェーバーの機械販売も可能。
ブッシュチョッパー&アースシェーバー作業料金表(目安)…添付資料
工種 種類   平地 緩傾斜地 急傾斜地 
       (傾斜角30度未満) (傾斜角30度以上) 
作業料金 雑草 高さ 1m未満 12〜36円/m2 24〜48円/m2 36円/m2以上 
作業料金 〃 高さ 2m未満 24〜48円/m2 36〜60円/m2 48円/m2以上 
作業料金 〃 高さ 2m以上 36〜60円/m2 48〜72円/m2 60円/m2以上 
作業料金 竹類 笹 36〜60円/m2 48〜72円/m2 60円/m2以上 
作業料金 〃 にがこ竹、こさん竹 48〜72円/m2 60〜84円/m2 72円/m2以上 
作業料金 〃 金竹 現場確認見積 同左 同左 
作業料金 〃 孟宗竹 84〜156円/m2 120〜180円/m2 156円/m2以上 
作業料金 茶の木   120円/m2     
作業料金 小雑木 直径05cm以下 60〜120円/m2 84〜144円/m2 108円/m2以上 
作業料金 〃 直径10cm以下 84〜144円/m2 108〜180円/m2 144円/m2以上 
受け作業 受け作業 時間受けの場合 1時間/25,000円以上 同左 同左 
歩掛り表あり 標準歩掛, 暫定歩掛, 協会歩掛, 自社歩掛)
施工方法
ブッシュチョッパー作業
@準備工:作業エリアの確認
A機械搬入:ブッシュチョッパー及びアースシェーバーを装着したバックホウを現地へ搬入
B機械伐木、伐竹:粉砕などの作業
C粉砕物処理:アースシェーバーで集積回収した粉砕物をダンプに積み込み


施工フロー
今後の課題とその対応計画
@今後の課題
・特になし。

A対応計画
・特になし。

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について