NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.10.21現在
 
技術
名称
ベントナイト砕石 NB工法 
事後評価未実施技術 登録No. KT-170018-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2017.05.15
施工単価
【施工条件】
共通
・施工場所 神奈川県
・施工規模 ベントナイト砕石 平坦部 10,000m2
新技術
・ベントナイト砕石NB工法
従来技術
・ベントナイト混合土工法

【算出条件】
共通
・労務費は平成28年度 公共工事設計労務単価を適用
・材料費は自社単価(平成28年11月神奈川県)を適用
・機械損料は自社単価(平成28年11月神奈川県)を適用
新技術
・自社歩掛を適用
従来技術
・自社歩掛を適用
概算標準工事費
工種 規格 単位 数量 単価 金額 
ベントナイト砕石 厚さt=5cm u 100 5,310 531,000 
バックホウ運転 0.7m3クレーン付 日 0.5 66,094 33,047 
振動ローラ運転 搭乗式3〜4t 日 0.5 34,820 17,410 
小型振動ローラ運転 ハンドガイド式 日 0.5 28,974 14,487 
一般世話役 専任 人 0.5 26,900 13,450 
普通作業員   人 2.5 21,900 54,750 
合計         664,144 
単位当たり   u 1   6,641 
歩掛り表あり 標準歩掛, 暫定歩掛, 協会歩掛, 自社歩掛)
施工方法
@準備工
・基盤整地、不陸整正をおこない、地盤強度を確認(コーン指数qc≧1,200KN/u)する。
A材料搬入
・フレコンバッグに封入されたベントナイト砕石を現場内に搬入し、荷下ろしをおこなう。
B撒きだし、敷均し
・フレコンバックをクレーン付きバックホウで吊り上げ、フレコンバック底部を破りベントナイト砕石を撒きだし、人力で敷均す。敷均し厚さは仕上がり厚さの30%程度割増す。
C転圧
・3〜4t級振動ローラで転圧をおこなう。転圧回数は、事前に実施する試験施工により決定した回数とする。
D出来形管理
・転圧完了後、施工厚さを測定し、所定の厚さ以上であることを確認する。
E品質管理
・簡易支持力測定器『キャスポル』にてインパクト値Iaを非破壊で測定し、10以上であることを確認する。
F養生
・次工程まで期間が空く場合には、ブルーシート、または農業用ビニールシートにより降雨対策養生をおこなう。


ベントナイト砕石NB工法施工フロー
今後の課題とその対応計画
@今後の課題
・ベントナイトの膨潤力より上層へアップリフトする可能性が課題です。

A対応計画
・低膨潤型Ca型ベントナイト砕石の開発しています。

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について