NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.06.29現在
 
技術
名称
FSノンブレイクアンカー 
事後評価未実施技術 登録No. KT-160150-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2017.03.13
施工単価
施工条件

共通:施工場所⇒東京都千代田区
新技術:注入口付アンカーピンニング部分エポキシ樹脂注入工法(内筒拡張型の注入口付アンカーピン(FSノンブレイクアンカー)を使用)
従来技術:注入口付アンカーピンニング部分エポキシ樹脂注入工法(既存品の注入口付アンカーピンを使用)

積算条件
【算出条件】
共通:施工本数⇒一般部分は9本/u(出展:改修工事監理指針平成25年度版(上巻))

【FSノンブレイクアンカーの積算条件】
新技術ピン6Ф仕様、長さ50mmの設計単価=1900円(材工共、1穴当り、円・税別) (出展:自社基準、積算2016年 東京)

【従来技術の積算条件】
従来技術ピンの設計単価(材工共、1穴当たり・円・税別)=単価880円 (出展:建築施工単価2016年冬号 、積算2016年 東京)
FSノンブレイクアンカー 長さ50mm、1u当り 設計価格内訳(税別)
項目 仕様 数量 単位 単価(円) 金額(円) 
材料費、その他  FSノンブレイクアンカー、他一式 9 穴 580 5220 
機械工具損料、注入材、現場消耗品 機械工具損料、建築用エポキシ樹脂、ウエス、他一式 9 穴 550 4950 
人工代、特殊技能代、技術管理費、その他 穿孔=湿式低騒音ドリル、注入=一般ノズル、他一式 9 穴 770 6930 
         合計=17100/1u当り 
歩掛り表あり 標準歩掛, 暫定歩掛, 協会歩掛, 自社歩掛)
施工方法
【事前調査】
・仕上面厚を確認する
・外壁の浮きの状態を確認する

【マーキング】
・テストハンマー等で打音の確認をする
・チョーク又はテープにより剥離部をマーキングする

【施工】
1穿孔(湿式低騒音ドリルの使用を推奨)
2孔内清掃(穿孔と同時に吸引の場合は省略可能)
3アンカーピンの挿入
4アンカーピンの打込み
5打込み棒によるアンカーピン先端の開脚
6手動式注入器による注入
7打診棒による注入の確認
8仕上面をエポキシパテ等で施工・・・・2日で完了
FSノンブレイクアンカー 施工工程
日 工程 
1日目 @穿孔(湿式低騒音ドリルの使用を推奨) 
1日目 A孔内清掃(穿孔と同時に吸引の場合は省略可能) 
1日目 Bアンカーピンの挿入 
1日目 Cアンカーピンの打込み 
1日目 D打込み棒によるアンカーピン先端の開脚 
2日目 E手動式注入器による注入 
2日目 F打診棒による注入の確認 
2日目 G仕上面をエポキシパテ等で施工・・・・2日で完了 
施工完了後 打込みにより仕上面が破壊しないので、補修が不要(騒音、振動、粉塵が発生しない) 

 
今後の課題とその対応計画
@今後の課題
・特になし

A対応計画
・特になし

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について