NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2018.10.16現在
 
技術
名称
置換式柱状地盤改良工法「SST工法」 
事後評価未実施技術 登録No. KT-150002-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2016.01.25
施工単価
〈施工条件〉
【共通】
地盤改良を東京23区内で施工した場合(施工事務所は千葉県内)
1.地盤改良対象
・改良面積 100m2(10m×10m)
・地盤条件 0〜7.2m 粘性土(N=2)、7.2m以深 砂質土(N=25)
・基礎下レベル GL-1.0m
・改良深さ GL-7.5m

2.現場条件
以下に示す準備工は終了しているものとする。
・事前調査(ボーリング、土質試験等)
・伐開、整地、除草、施工基盤のトラフィカビリティーの確保(鉄板の敷設等)
・改良体の芯出し
・受電施設の設置

3.地盤改良設計諸元
【共通】
・設計地耐力 120kN/m2

【新技術】
・SST工法で施工
・改良径 φ500mm・・・SST工法の標準施工機材を使用
・改良長 6.5m(空堀長1.0m)
・改良体本数 81本(9×9の正方形配置)
・設計基準強度 2300kN/m2・・・改良材の配合割合調整により得られるコラム強度
【従来技術】
・深層混合処理(スラリー撹拌工)で施工
・改良径 φ1000mm(一軸)・・・改良面積・深度により一般的で合理的な改良径に設定
・改良長 6.5m(空堀長1.0m)
・改良体本数 81本(9×9の正方形配置)・・・新技術での施工と同等の密度に設定
・設計基準強度 600kN/m2・・・従来技術でコラム径φ1000mmの場合の標準的なコラム強度

<積算条件>
【共通】
・積算範囲 直接工事費+間接工事費(安全費、現場経費を除く)

【新技術】
・施工費はSST協会の協会歩掛を適用し算出する。
・資材費単価は、建設物価調査会編「建設物価2013年5月号千葉地区」の小口・横持・養生費用を付加し算出する。

【従来技術】
・労務費:機械損料は土木工事積算基準マニュアル(平成25年度版)より引用
・資材費は建設物価2014年度4月版より引用
・機械運搬費、機械組立解体費は実勢価格を適用
・諸雑費は国土交通省土木工事積算基準(平成25年度版)より引用
SST工法 改良面積100m2当たりの参考単価(改良深度7.5m)
項目 仕様 単位 数量 単価 金額 備考 
改良体築造工 SST工法 改良径φ500mm m2 100 37840 3784000 改良体81本、工程9日、材料費含む 
機械運搬費、組立、解体費  バックホウ、ユニック、特殊オーガ、他 式 1 120000 120000  
計  m2当たり単価(材込) m2 1 39040    
歩掛り表あり 標準歩掛, 暫定歩掛, 協会歩掛, 自社歩掛)
施工方法
〈施工手順〉
@コラム施工位置にポイントを明示する。
A資材を現場に搬入する。
B施工機械を所定の位置にセットする。
C建柱車を使いオーガ(正回転)で掘削を開始し、掘削土を地上に排出する。
Dミニバックフォーで掘削土と追加砂及びセメント系固化材を目視確認しながら均一に撹拌する。
E孔内の掘削状況を確認し、特に孔内水位・孔壁状況を確認する。
F地上で均一に撹拌した改良土を、オーガ(逆回転)を使い孔内に圧力を掛けながら充填する。
Gコラム天端部を調整し、養生の為覆土する。


コラム築造工程図
今後の課題とその対応計画
@今後の課題
・改良深度を向上させ、適用範囲の拡大を図る。
・施工速度の向上を目的に、ミキシングプラントを開発する。

A対応計画
・改良深度を向上させるための打設機械を開発中。

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について