NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.09.26現在
 
技術
名称
ランディングボックス(足場作業用簡易リフト) 
事後評価未実施技術 登録No. KT-130051-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2013.09.19
施工単価
ランディングボックスによる足場の組立、解体における費用は下記の通りとなる

施工条件

【共通】
・足場の組立・解体を埼玉県で昼間施工した場合
・足場設置面積 2,000掛u(平面16m×16m 平均高さ31.25m)
・安全ネットの設置は含まない

【新技術】
・荷揚げ機械:ランディングボックス(2基)
・敷地条件:ランディングボックス設置に十分な敷地を有する
・足場施工時、1層組立毎にランディングボックス設置用のレールを継ぎ足し、
チェーンブロックの設置位置を盛替える

【従来技術】
・荷揚げ機械:ラフテレーンクレーン(25t吊)
・敷地条件:ラフテレーンクレーン設置に十分な敷地を有する


積算条件

【共通】
・労務費:平成24年度公共工事労務設計単価(埼玉県)から引用

【新技術】
・施工歩掛:従来技術と同等とする
・材料費:従来技術と同等とする
・ランディングボックス設置、撤去、運転および盛り替え:普通作業員より2名を専任作業員とする
・購入費償却日数は稼動200日とする
・1日当たりの運用費は、購入費(2基)2,200,000円/200日=11,000円/日 として計上する

【従来技術】
・施工歩掛:国土交通省土木工事積算基準(平成24年度版)から引用
・機械経費:平成24年度公共工事労務設計単価から引用(移動式クレーン)より引用
""""""ランディングボックスによる足場施工費(2,000uあたり)""""""
 数量(単位) 単価 金額 備考 
ランディングボックス運用費 11(日) \11,000 \121,000 2基稼働 
世話役 34(人) \18,200 \618,800 足場設置・撤去費用 
とび工 116(人) \18,000 \2,088,000 足場設置・撤去費用 
普通作業員 16(人) \13,400 \214,400 足場設置・撤去費用 
普通作業員 22(人) \13,400 \294,800 ランディングボックスの設置・撤去、運転、盛替え費用 
ランディングボックス運転に関わる費用 53(kWh) \19 \1,007 電気使用量 
仮設資材費 23% \33,370 \767,510 従来技術に準ずる 
積算合計 2,000(掛けu)  \4,105,517  
歩掛り表あり 標準歩掛, 暫定歩掛, 協会歩掛, 自社歩掛)
施工方法
施工方法

@ 1段目レールパイプの取り付け
・足場支柱にレールパイプ付属のクランプ(2個)で固定する。
・下端は地上から320ミリ以下にする

A レールガイド上及び下の取り付け
・1段目レールパイプの上端からガイドの上を挿入する

B チェーンブロックハンガー、チェーンブロックの取り付け
・1段目レールパイプの上端からハンガーを挿入する。
チェーンブロック本体フックをチェーンブロックハンガーに取り付ける

C 2段目レールパイプの取り付け
・1段目レールパイプの上端に、当該レールパイプの下端を差し込む。

D ハンドウィンチポイント付き滑車の取り付け
・2段目レールパイプより上部の足場支柱の横ポケットに、ハンドウィンチポイント付き滑車を取り付ける

E チェーンブロックハンガーの引き上げ
・滑車用ロープをチェーンブロックハンガーおよび滑車に通す
・滑車ロープを引き上げ、チェーンブロックハンガーを引き上げ目的高さに設置し、保持ピンを用いて固定する

F 搬器の取り付け
・レールガイド上・下の接続ピンへ搬器のボックスフックをはめ、六角ボルトを差し込み、締付金具を使用して固定する

G ロードチェーン下フックの取付
・チェーンブロックの電源プラグを電源コードに接続する。
・チェーンブロックを操作して、ロードチェーンを適切な長さに伸ばし、先端のフックをレールガイド上のロッカーフックに固定する。

 
今後の課題とその対応計画
@今後の課題
・枠組み足場用に対応したリフトに改良。
・高さ30m以上に対応できるようにする。

A対応計画
・枠組み足場に対応できるよう、試作品製作段階。
・チェーンブロックおよびリモコンを高さ30m以上に対応できるよう、機能を向上させる。

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について