NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.12.15現在
 
技術
名称
静止画遠隔監視システム STAND GUARD(スタンドガード) 
事後評価未実施技術 登録No. KT-130049-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2014.10.27
施工単価
施工条件

【共通】
・河川監視用カメラを東京都で昼間施工した場合
・鋼管柱(5.5m)を新規で建柱して、監視装置を設置する
・監視装置は1基
・確認用のパソコン等は含まない

【新技術】
・STAND GUARD(スタンドガード)を1基設置
・太陽電池パネルとバッテリー各1台設置

【従来技術】
・一般的なカメラ(約130万画素)1基設置
・カメラは屋外対応のカメラハウジングに収納
・電気引込・通信工事を設置箇所まで50m行う

積算条件

【共通】
・労務費は、平成24年度公共工事設計労務単価(東京都)
・施工歩掛・・・標準歩掛:国土交通省土木工事標準積算基準書(電気通信編)平成24年度
・材料費・・・・・自社単価

【新技術】
・画像を閲覧するためにはASPサービスを利用する必要がある。料金プランは下記の表を参照。
ASPサービス料金表
料金プラン 月額料金(税抜) 一日の写真枚数(標準画質) 超過料金 
標準プラン 7200円 24枚/1日 1ヶ月720枚を超えると8.4円/1枚 
ワイドプラン 14200円 150枚/1日 1ヶ月4500枚を超えると5.25円/1枚 
フリープラン 15100円 上限なし なし 
歩掛り表あり 標準歩掛, 暫定歩掛, 協会歩掛, 自社歩掛)
施工方法
「鋼管柱を新規設置して監視装置を取り付ける場合の施工方法」

1.本体、太陽電池パネル、バッテリーを取り付ける鋼管柱を設置する。
※柱の材質、形状などは設置状況で異なります。

2.監視装置本体にFOMAカードが取り付けられていることを確認し、 電源線やFOMAアンテナのケーブルを配線する。

3.監視装置本体を柱に取り付ける。

4.太陽電池パネルを日照条件が良好な方角へ向けて取り付ける。

5.バッテリーを取り付ける。

6.配線、接続作業を行い、極性に間違いないことを確認して本体の電源を入れる。

7.カメラのアングル調整を行う。

8.パソコンなどから画像取得の試験を行う。

施工方法の詳細は取扱説明書をご参照ください。

※監視装置を既設の柱や壁面に取り付ける場合は上記1.の手順は不要です。


新設柱に監視装置を取り付ける作業の様子
今後の課題とその対応計画
@今後の課題
・特になし

A対応計画
・特になし

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について