NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2018.05.21現在
 
技術
名称
珪酸塩系含浸コンクリート保護材 
事後評価済み技術
(2011.06.17)
登録No. KT-080005-VR
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 

(2011.7.19〜
2016.6.15)

 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VR
右から調査様式をダウンロードして下さい。
様式ダウンロード
活用効果調査に際しては、従来技術の変更が必要です。
なお、変更後の従来技術は、「含浸工」です。
-VR評価:平成28年6月16日〜
設計比較対象技術 平成23年7月19日〜平成28年6月15日

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2016.06.15
施工単価
・施工単価の算出に用いた基準面積は300m2以上の場合です
・作業場所は平場作業とし、足場及び養生設備は別途積算となります
・他、併用補修工事は別途積算となります。
・EP-W工法(エバープロテクト2回塗布) 3.900円/u
・EP-S工法(エバープロテクト1回塗布) 2.500円/u
エバプロ施工単価内訳書
工種 円/m2 
労務費 640 
材料費 3040 
機械経費 220 
合計 3900 
歩掛り表あり 標準歩掛, 暫定歩掛, 協会歩掛, 自社歩掛)
施工方法

1.表面洗浄


2.一次EP材塗布


3.一次散水養生


4.二次EP材塗布


5.二次散水養生


6.養生・完成


作業手順
今後の課題とその対応計画
@課題
この珪酸系の材料は、日本において比較的新しい材料であり、浸透性コンクリート保護材として性能が理論的に解明されたばかりです。従って、性能評価が公に標準化されていません。今後の課題は以下の通りです。
・コンクリート保護材とした標準化の推進
・適正な性能評価法の開発
・EP材の特性に関する更なる研究

A計画
・浸透性コンクリート保護材としての適正な性能評価試験方法の確立
・EP材施工実施確認方法の確立
・EP材の特性を阻害せずコンクリート表面を着色する方法の確立

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について