NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.06.26現在
 
技術
名称
RCGインナーシール 
事後評価済み技術
(2016.01.18)
登録No. KK-100013-VR
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VR
右から調査様式をダウンロードして下さい。
様式ダウンロード
活用効果調査に際しては、従来技術の変更が必要です。なお、変更後の従来技術は、「含浸工」です。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2016.06.17
施工単価
・施工規模300u基準3400円/u(材工共)
・特記条件(用水・電気は別途/昼間施工/重度の汚れ、下地処理費別途)
・他、併用補修工事は別途積算となります。
・施工確認用退色性着色材(α工法)は、110円/u別途計上 【添付資料14】
RCGインナーシール施工単価内訳書
工種 円/m2(新設コンクリート) 
塗布前洗浄工 158 
RCGインナーシール塗布 3242 
合計 3400 
歩掛り表あり 標準歩掛, 暫定歩掛, 協会歩掛, 自社歩掛)
施工方法
◎作業範囲設定
安全のため作業範囲を確認する。

◎養 生
飛散防止のため養生する。

◎下地補修
大きい破損やクラックについてはモルタル補修を依頼する。

◎清 掃
低圧・高圧洗浄機やブラシ等で塗布面の汚れを除去清掃する。

☆RCGインナーシール塗布
噴霧器やローラー、刷毛などそ使用して、RCGインナーシールの標準塗布量220g/ uを均等に塗布する。
…<または>…
☆RCGインナーシルα塗布
RCGインナーシルαの各梱包に適合した施工確認用退色性着色材を混合して適度に攪拌する。
標準使用量230g/ uを均等に塗布する。

◎湿潤養生
手で触って多少べとつく程度の湿潤養生をする(約1時間半位)
この間乾燥が激しい場合はひつように応じて散水する。

◎養生材撤去
撤去した養生材は必ず指定された場所に破棄する。

◎片 付


RCGインナーシール施工手順
今後の課題とその対応計画
@今後の課題
・コンクリート保護剤とした標準化の推進
・RCGインナーシールの特性に関する更なる研究
・施工確認用退色性着色材(α工法)の特性に関する更なる研究

A対応計画
・退色状況と環境条件データ(日照時間・強さ等)の関係把握
・現場で実施可能な強制退色方法の確立

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について