NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2019.10.19現在
 
技術
名称
リハビリカプセル工法 
事後評価済み技術
(2018.04.26)
登録No. CG-120005-VR
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VR
活用効果調査入力システムを使用してください。
−VR評価:平成30年4月26日〜

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2018.07.13
施工単価
施工単価は以下の基準で算出しています。
・施工面積100m2の場合の直接工事費。
・塩害劣化による鉄筋腐食が発生したRC上部工の補修工事を想定。
・コンクリート強度24N/mm2と仮定。
・鉄筋位置での塩化物イオン量を4.0kg/m3と仮定。
・施工仕様を決定するための試験値は既知とする。
・労務単価は平成29年度公共工事設計労務単価(広島県単価)を採用。
・材料費は広島地区の平成29年度単価(一般社団法人コンクリートメンテナンス協会からの見積り)を採用。
・新技術の施工歩掛は自社歩掛、従来技術は一般社団法人コンクリートメンテナンス協会からの見積りを採用。
・仮設費は含まない。
・新技術について、コンクリート殻の運搬処分費は含まない。
・消費税は別途。
歩掛り表あり 標準歩掛, 暫定歩掛, 協会歩掛, 自社歩掛)
施工方法
(1)下地処理工
・コンクリート表面に付着しているホコリ、遊離石灰、油脂類、塩分などを、シンナー拭き、ワイヤーブラシ、ディスクサンダー、高圧洗浄等によって入念に除去します。
(2)表面漏出防止工
・幅0.2mm以上のひび割れにはひび割れ注入を行い、幅0.2mm未満のひび割れがある場合には表面シールを行います。
・これらにより、内部圧入時の亜硝酸リチウムの漏出を防止します。
・このとき、ひび割れ注入材は超微粒子セメント系注入材、表面シール材はポリマーセメントモルタルを使用します。
(3)鉄筋探査工
・削孔に先立ち、既設鉄筋位置を把握するために鉄筋探査を行います。
・探査結果を基に、圧入孔の位置を決定します。
・圧入孔の間隔は、300mm〜500mmピッチを標準とします。
(4)圧入孔削孔
・ダイヤモンドコアドリルを用いて、亜硝酸リチウムを圧入するための圧入孔を削孔します。
・削孔径はφ10mmを標準とします。
(5)リハビリカプセル設置工
・リハビリカプセル内部に亜硝酸リチウムを充填し、各圧入孔に設置します。
・リハビリカプセルとコンプレッサーを耐圧ホースで接続します。
(6)亜硝酸リチウム本注入
・コンプレッサーにて圧力をかけ、設計で定めた亜硝酸リチウム圧入量をコンクリート内部へ内部圧入します。
・設計圧入量は、コンクリート中の塩化物イオン量(塩害の場合)またはアルカリ総量(ASRの場合)に応じて定量的に定めます。
(7)圧入孔充填
・亜硝酸リチウムの内部圧入完了後、リハビリカプセルを撤去し、無収縮モルタルまたは無収縮グラウトにより圧入孔を入念に充填します。


リハビリカプセル工法 施工フロー
今後の課題とその対応計画
@今後の課題
特になし。
A対応計画
特になし。

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について