NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果
















            

2018.10.19現在
 
技術
名称
ハレーサルトボックスカルバート 
事後評価済み技術
(2018.01.18)
登録No. CG-110006-VE
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VE
活用効果調査は不要です。(フィールド提供型、テーマ設定型で活用する場合を除く。)
−VE評価:平成30年1月18日〜

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2018.02.22
施工単価
○ハレーサルトボックス 平成28年度、岡山地区価格(消費税別)
・ボックスカルバート 1200×1200×2000
・延長10m当たり
・上載荷重 T-25
・土被り0.5〜3.0m
・基礎砕石及び均しCo含む
・PC鋼材による縦締め有り
・耐硫酸性目地材を含む

○プレキャストボックスカルバート(部材増厚タイプ) 平成28年度、岡山地区価格(消費税別)
・ボックスカルバート 1200×1200×2000
・延長10m当たり
・上載荷重 T-25
・土被り0.5〜3.0m
・基礎砕石及び均しCo含む
・PC鋼材による縦締め有り
・耐硫酸性目地材を含む
○ハレーサルトボックス平成28年度、岡山地区価格(消費税別)
呼び名(B×H) 製品長 参考質量(kg) 製品単価(円) 
1000×1000 2000 3,230 134,400 
1100×1100 2000 3,490 148,800 
1200×1200 2000 3,760 172,800 
1300×1300 2000 4,190 188,400 
1400×1400 2000 4,630 218,400 
1500×1500 2000 5,280 229,200 
1800×1800 2000 6,630 284,400 
2000×2000 2000 7,940 322,800 
2200×2200 1500 7,260 313,200 
2300×2300 1500 7,550 322,800 
2400×2400 1500 8,270 336,000 
歩掛り表あり 標準歩掛, 暫定歩掛, 協会歩掛, 自社歩掛)
施工方法
@基礎砕石の敷設
A均しコンクリートの打設
Bボックスカルバートの設置
C所定の本数を設置後、縦締め及びグラウト充填(必要に応じて)
D箱抜き部及び目地部には耐硫酸性モルタル等の充填
E必要によりライニングを行う。


プレキャストボックスカルバート施工イメージ
今後の課題とその対応計画
@今後の課題
現在の耐硫酸性能の設計手法は硫化水素ガス濃度によって規定されているが、実際のコンクリート劣化は硫酸濃度に応じて進行するため、劣化の実例を調査して新たな設計手法を策定する必要がある。

A対応計画
コンクリート劣化が生じている構造物周辺環境の硫酸濃度を把握する。

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について