NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2019.12.08現在
 
技術
名称
コンマット1号-A 
事後評価済み技術
(2012.08.08)
登録No. CG-090027-VE
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VE
活用効果調査は不要です。(フィールド提供型、テーマ設定型で活用する場合を除く。)
活用効果調査が不要な技術です。(VE)

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2015.08.11
施工単価
新技術コスト計算条件(平成21年度)は以下の通り
●養生面積:100u(10mx10m)
●マット敷設方法
・ラップ10cmにて養生マットを敷設。
●散水タイミング・散水量100uあたり0.2tを散水、コンマット1号-Aの変色部分が白くなったタイミングで再度散水。
●養生期間:5日間
●養生マットの転用回数:10回程度
●送料・消費税別
●マット設計価格は平成21年度現在のもの(但し北海道・沖縄は10%アップ)
歩掛り表あり 標準歩掛, 暫定歩掛, 協会歩掛, 自社歩掛)
施工方法
1.初期養生後、コンクリート表面がマットで荒らされない硬さになった時期に、コンクリート表面をコンマット1号-Aを10cmラップにて重ね合わせ覆う。
2.敷設の際は、表面が上になるように留意する。
3.マット敷設時は、マットとコンクリートの間を風が吹き抜けないように対策する。
4.完全に湿潤状態になるように散水。吸水変色性シートが反応し、青色となったことを確認する。
5.養生管理の際は、吸水変色性シートの色にてマットの湿潤状況を確認する。乾燥するにつれ吸水変色性シートの青色が薄くなるので、再度散水する。
6.再度散水時に、吸水変色性シートが再度青色に変色して湿潤状態を示す。
※10回程度の転用が可能。




コンマット1号-A 敷設後 散水状況
今後の課題とその対応計画
@今後の課題
コンマット1号-Aの更なるコスト低減

A対応計画
検討中

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について