NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.12.11現在
 
技術
名称
PC構台システム 
事後評価未実施技術 登録No. CB-140005-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2015.01.30
施工単価
設計条件
構台高さ4.6m
構台巾4.8m
構台延長4.5m
施工量100空m3
法面勾配 45度

積載機械条件
4.9tクローラクレーン自重12t(吊荷重含む)
巾2.27m長さ2.32m

見積条件
施工量100空m3
リース期間1ヶ月(最低保証日数30日、設置・撤去日を含む)
材料運搬費 別途
組立〔一人当り〕20空m3/日〔自社歩掛〕
解体〔一人当り〕20空m3/日〔自社歩掛〕
設置1日、撤去1日

従来 クランプ締め 98箇所
新技術 横架材セット 31箇所
5.72人工が5.43人工に短縮

*仮設機材の損耗費及び設計費は含まれていません。
*法面勾配との高さにより単価が変わります。
*敷鉄板が必要な場合は、別途になります。

工種
(A)アンカー構台システム
大口径構台システム
(B)機械構台
(C)重機作業構台システム
仮設道路システム(スロープを含む)
単価は積載荷重により変動します。
参考、PC構台システム内訳書(期間1ケ月)100空m3 (申請(B)タイプ構台)
工種 (B)機械構台 
材料費 316.000円 
施工費 222.544円 
合計 535.344円 
歩掛り表あり 標準歩掛, 暫定歩掛, 協会歩掛, 自社歩掛)
施工方法
【設置方法】
@敷板を敷き、ジャッキベースに支柱を立てます。
A組立開始のスパンに、ブレースを入れます。強度が必要な場合梁材を組み込みます。
B斜面側のジャッキと支柱の高さを調整します。
C基準スパンを完成させ順次基準高まで組み立てます。
D支柱先端に大引き受けを設置、大引き材を設置します。
F大引き材に根太材を取り付けます。
G手すり柱、足場板、手すり、巾木を取り付け完成です。
*解体は設置の逆の順序となります。


組立工程図
今後の課題とその対応計画
@今後の課題
特になし
A対応計画
特になし

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について