NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.05.30現在
 
技術
名称
3S(サンエス)フェンス 
事後評価未実施技術 登録No. SK-170002-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2017.04.10
活用の効果        
比較する従来技術 単管傾斜足場
項  目 活用の効果 比較の根拠
経済性 向上( 59.86 %) 同程度 低下( %) ブロックの積み上げ段数が増えると防止柵の転用回数が増えるので、材料費が割安になり経済性に優れる。
工 程 短縮( 70.92 %) 同程度 増加( %) 設置時間が短縮する分向上する。
品 質 向上 同程度 低下 労働安全衛生規則及び仮設工業会の規格に適合する材料を使用している。
安全性 向上 同程度 低下 上部手摺部分を工事区域外で組み立ててから持ち込み設置出来る為、高所作業が少なく安全性が高い。
施工性 向上 同程度 低下 材料は軽量で、人力で運搬・施工できる。 移設時にボルト2個で取り外し・固定出来る為、施工性が良い。
周辺環境への影響 向上 同程度 低下 クレーン車を使用しない為、CO2の発生が無い。
その他、技術の
アピールポイント等
移設が簡単に出来るため作業効率が良く、高所作業時間の縮減による安全性が向上する。また本体構造物に係る施工時において安全帯が不要となる。
コストタイプ
コストタイプの種類
損益分岐点型:A(T)型
活用効果の根拠
基準とする数量 111.8  単位 掛m2 
  新技術 従来技術 向上の程度
経済性 115578円 287908円 59.86%
工程 0.57日 1.96日 70.92%
新技術の内訳
項目仕様数量単位単価金額摘要
3Sフェンス材料費(フェンス、基礎金物)10m7716円77160円6組/式、8回移設
土木一般世話役0.17m20000円3400円設置・撤去、1回当り
普通作業員0.5115800円8058円設置・撤去、1回当り
土木一般世話役0.420000円8000円移設、8回当り
普通作業員1.215800円18960円移設、8回当り
従来技術の内訳
項目仕様数量単位単価金額摘要
土木一般世話役1.5620000円31200円1.4人×111.8掛u/100掛u
とび工4.5820800円95264円4.1人×111.8掛u/100掛u
普通作業員2.815800円44240円2.5×111.8掛u/100掛u
ラフテレーンクレーン運転排出ガス対策型(第1次基準値)、油圧伸縮ジブ型 25t吊0.8950000円44500円0.8×111.8掛u/100掛u
諸雑費172704円72704円労務費、機械賃料の合計の35%、足場材損料を含む

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について