NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.04.30現在
 
技術
名称
特殊高所技術 
事後評価済み技術
(2017.04.06)
登録No. SK-080009-VE
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













(2017.4.20〜)
旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



(2009.4.16〜)
 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VE
活用効果調査は不要です。(フィールド提供型、テーマ設定型で活用する場合を除く。)
平成21年4月16日〜
活用促進技術 平成29年4月20日〜
V→VE 平成29年4月20日〜

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2017.04.20
活用の効果        
比較する従来技術 枠組足場を使用した橋脚の変状調査
項  目 活用の効果 比較の根拠
経済性 向上( 87.2 %) 同程度 低下( %) 足場設置が不用なため、それに伴う資材、人件費が削減できる
工 程 短縮( 77.32 %) 同程度 増加( %) 足場設置、撤去が不要のために資材搬入出、組み立て等の工程が不要
品 質 向上 同程度 低下  
安全性 向上 同程度 低下 作業時は常にロープ又は装備具で身体の確保がされているので墜落の危険性はない
施工性 向上 同程度 低下 現場条件により移動や作業時間を少し要するが大掛かりな仮設施工がない
周辺環境への影響 向上 同程度 低下 足場設置に伴う、騒音、景観の悪化、交通規制による渋滞が発生しない
その他、技術の
アピールポイント等
足場の設置が不要なため、大幅な工期短縮、コスト縮減に有効である。支点作成を行いロープ等で移動するため構造物の形式や規模による制約を受けない(エクストラドーズド橋、斜張橋、トラス橋、アーチ橋、ゲルバー橋、長大橋の主塔、アンカレッジ、ハイピア等)。
コストタイプ
コストタイプの種類
損益分岐点型:A(T)型
活用効果の根拠
基準とする数量 1125  単位 u 
  新技術 従来技術 向上の程度
経済性 510000円 3983475円 87.2%
工程 5日 22.05日 77.32%
新技術の内訳
項目仕様数量単位単価金額摘要
調査計画・準備主任特殊高所技術者135000円35000円 
調査計画・準備特殊高所技術者125000円25000円 
コンクリート橋脚変状調査主任特殊高所技術者245000円90000円 
コンクリート橋脚変状調査特殊高所技術者235000円70000円 
調査結果のまとめ(内業)主任特殊高所技術者235000円70000円 
調査結果のまとめ(内業)特殊高所技術者325000円75000円 
ロープ、スリング、その他装備具損料160000円60000円 
諸経費直接経費の20%185000円85000円 
従来技術の内訳
項目仕様数量単位単価金額摘要
枠組足場安全ネットあり1125掛u3320円3735000円L型橋脚:高さ37.1m・柱側面幅6.5m(詳細は施工単価に記載)
コンクリート橋脚変状調査技師(B) 1125u当り0.6530500円19825円 
コンクリート橋脚変状調査技師(C) 1125u当り0.6526000円16900円 
コンクリート橋脚変状調査技術員 1125u当り0.6526000円16900円 
調査結果のとりまとめ(内業)技師(B) 1125u当り1.730500円51850円 
調査結果のとりまとめ(内業)技師(C) 1125u当り326000円78000円 
調査結果のとりまとめ(内業)技術員 1125u当り2.526000円65000円 

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について