NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.12.14現在
 
技術
名称
脂肪族系鉄筋防錆剤「サビラーズ」「ハイサビラーズ」 
事後評価済み技術
(2016.10.13)
登録No. KT-150006-VE
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













(2016.10.13〜)
旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VE
活用効果調査は不要です。(フィールド提供型、テーマ設定型で活用する場合を除く。)
-VE評価:平成28年10月13日〜
活用促進技術 平成28年10月13日〜

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2016.10.13
活用の効果        
比較する従来技術 ポリ塩化ビニル系熱収縮チューブ
項  目 活用の効果 比較の根拠
経済性 向上( 30.06 %) 同程度 低下( %) 加熱処理・チューブの取り外しなどの作業を省ける
工 程 短縮( 14.29 %) 同程度 増加( %) 塗布作業だけの工程で防錆処理作業の短縮が図れる
品 質 向上 同程度 低下 コンクリートとの最大付着応力度は無塗布鉄筋と同程度
安全性 向上 同程度 低下 作業中は換気を良く し、絶対に火気に近づけられない
施工性 向上 同程度 低下 簡単な塗布作業だけで複雑に入り組んだ箇所でも施工可能
周辺環境への影響 向上 同程度 低下 塗膜を剥す必要が無いため、産業廃棄物がでない
その他、技術の
アピールポイント等
本技術は、速乾性で鉄筋の伸縮に追随し酸性雨等に対しても強い防錆効果があり、鉄筋の品質の確保が図れる。また、塗膜は棒鋼とコンクリートとの付着力を妨げないので剥がす必要がなく、塗布作業だけで工程の短縮が図れる。
コストタイプ
コストタイプの種類
発散型:C(+)型
活用効果の根拠
基準とする数量 100  単位 u 
  新技術 従来技術 向上の程度
経済性 153815円 219930円 30.06%
工程 7.8日 9.1日 14.29%
新技術の内訳
項目仕様数量単位単価金額摘要
労務費普通作業員7.817300円134940円防錆剤塗布
材料費サビラーズ10L1887.5円18875円16L/缶
従来技術の内訳
項目仕様数量単位単価金額摘要
労務費普通作業員3.917300円67470円チューブ被せ
労務費普通作業員5.217300円89960円チューブ剥がし
材料費熱収縮性チューブ1250m50円62500円 

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について