NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2018.11.21現在
 
技術
名称
コンクリートの充填検知システム「ジューテンダー」 
事後評価済み技術
(2012.05.08)
登録No. KT-090011-VE
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VE
活用効果調査は不要です。(フィールド提供型、テーマ設定型で活用する場合を除く。)
活用効果調査が不要な技術です。(VE)

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2018.06.01
活用の効果        
比較する従来技術 熱電対の温度計測による温度変化で充填を捉える方式
項  目 活用の効果 比較の根拠
経済性 向上( 2.03 %) 同程度 低下( %) センサ価格は安価である
工 程 短縮( %) 同程度 増加( %) センサ取付け,計測日数では大差がない
品 質 向上 同程度 低下 空気,不完全充填,コンクリートの識別が瞬時に可能で,コンクリートから水などの変化も捉える
安全性 向上 同程度 低下 熱電対の先端突起部による取付け時の眼刺しケガなどの危険性がない
施工性 向上 同程度 低下 計測器の操作が容易で,リアルタイムの充填管理が可能
周辺環境への影響 向上 同程度 低下 計測による環境への影響はない
その他、技術の
アピールポイント等
・小型センサにより,空気,不完全充填,コンクリートの識別が可能である 。 ・コンクリートの充填管理が的確かつ容易に可能である。
コストタイプ
コストタイプの種類
発散型:C(+)型
活用効果の根拠
基準とする数量 2  単位 回 
  新技術 従来技術 向上の程度
経済性 646600円 660000円 2.03%
工程 10日 10日 0%
新技術の内訳
項目仕様数量単位単価金額摘要
振動デバイス(センサ)ケーブル長20m605610円336600円1回の測定個所数30箇所×2回の場合
機械損料計測器本体(締固め検知機能なし)とターミナルボックス105000円50000円10日間でコンクリート2回打設
技術員費用振動デバイス(センサ)取付け,計測作業および報告書635000円210000円コンクリートの打込み管理に精通した者
返納整備費計測器本体とターミナルボックス150000円50000円 
従来技術の内訳
項目仕様数量単位単価金額摘要
熱電対T型,心線0.32mm,被覆テフロン,20m607000円420000円1回の測定個所数30箇所×2回の場合
機械損料データロガー103000円30000円10日間でコンクリート2回打設
技術員費用取付け,校正・計測,報告書作成635000円210000円データロガーの専門知識,コンクリートの打込み管理に精通した者

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について