NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.11.25現在
 
技術
名称
シカ矢来 
事後評価未実施技術 登録No. KK-160011-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2016.05.17
活用の効果        
比較する従来技術 シカ柵工
項  目 活用の効果 比較の根拠
経済性 向上( 4.48 %) 同程度 低下( %) 材料がシンプルで軽量であるため。
工 程 短縮( 62.47 %) 同程度 増加( %) 支柱の基礎設置が不要なため。
品 質 向上 同程度 低下 柵に奥行きを持たせ高さを低くすることで転倒や変形がし難い
安全性 向上 同程度 低下  
施工性 向上 同程度 低下 機械施工が不要なため。
周辺環境への影響 向上 同程度 低下  
その他、技術の
アピールポイント等
転倒や変形がし難いので耐久性が向上し、メンテナンスが軽減できる
コストタイプ
コストタイプの種類
発散型:C(+)型
活用効果の根拠
基準とする数量 100  単位 m 
  新技術 従来技術 向上の程度
経済性 1353014円 1416543円 4.48%
工程 1.82日 4.85日 62.47%
新技術の内訳
項目仕様数量単位単価金額摘要
労務費土木一般世話役1.8221500円39130円H27公共工事設計労務単価 大阪府
労務費法面工5.4522300円121535円H27 公共工事設計労務単価 大阪府
労務費普通作業員1.8216400円29848円H27 公共工事設計労務単価 大阪府
材料費シカ矢来部材11149105円1149105円 
諸雑費ネジ・ワッシャ・結束線等113396円13396円(労務費+材料費)×1%
従来技術の内訳
項目仕様数量単位単価金額摘要
労務費(基礎・支柱設置)土木一般世話役0.9521500円20425円H27 公共工事設計労務単価 大阪府
労務費(基礎・支柱設置)普通作業員8.216400円134480円H27 公共工事設計労務単価 大阪府
労務費(フェンス設置)土木一般世話役0.621500円12900円H27 公共工事設計労務単価 大阪府
労務費(フェンス設置)普通作業員10.116400円165640円H27 公共工事設計労務単価 大阪府
材料費(鋼管基礎)φ101.1×3.2×700501600円80000円 
材料費(フェンス)結線格子柵 H=1800100m10000円1000000円 
諸雑費 13098円3098円労務費×2%

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について