NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果
















            

2017.03.27現在
 
技術
名称
多機能フィルター 
事後評価済み技術
(2015.03.13)
登録No. CG-980018-VE
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













(2015.3.13〜)
旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 

(2008.12.4〜
2015.3.13)

 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VE
活用効果調査は不要です。(フィールド提供型、テーマ設定型で活用する場合を除く。)
設計比較対象技術 H20.12.4〜H27.3.13
活用促進技術 H27.3.13〜

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2015.03.13
活用の効果        
比較する従来技術 厚層基材吹付工 厚3cm
項  目 活用の効果 比較の根拠
経済性 向上( 6.21 %) 同程度 低下( %) 施工費用の低減
工 程 短縮( %) 同程度 増加( 12.68 %) 国土交通省標準歩掛との比較(1,000u施工に対して吹付プラント等の設置・撤去も考慮すれば従来技術9.1日に対して新技術8日と13%程度は短縮できる。)
品 質 向上 同程度 低下 「多機能フィルター」で被覆することにより、降雨に対する土壌の耐侵食性は著しく向上することが確認された。
安全性 向上 同程度 低下 材料が軽量でマットを張るだけの1工程となる為、安全性が向上する。
施工性 向上 同程度 低下 材料が軽量でマットを張るだけの1工程となる為、施工が簡略化される。
周辺環境への影響 向上 同程度 低下 吹付け材の流出が無い。
その他、技術の
アピールポイント等
生育基盤の保水性の向上ならびに土壌中の微生物活動の活性化により自生植物の導入も容易となり、各地域の生態系に適した緑の復元が可能となります。水・土壌・緑の自然環境と共生しながら樹林化できる工法です。
コストタイプ
コストタイプの種類
損益分岐点型:A(U)型
活用効果の根拠
基準とする数量 100  単位 u 
  新技術 従来技術 向上の程度
経済性 295446円 315000円 6.21%
工程 0.8日 0.71日 -12.68%
新技術の内訳
項目仕様数量単位単価金額摘要
材料費MF-45R-10120u2000円240000円 
材料費アンカー(φ9×200L)8734円2958円 
材料費止め釘(φ5×150L)38412円4608円 
労務費法面工1.616000円25600円平成19年度公共工事設計労務単価(山口県)
労務費普通作業員0.812100円9680円平成19年度公共工事設計労務単価(山口県)
労務費世話役0.617200円10320円平成19年度公共工事設計労務単価(山口県)
諸雑費労務費×5%12280円2280円 
従来技術の内訳
項目仕様数量単位単価金額摘要
厚層基材吹付工厚3cm100u3150円315000円市場単価(2007 4春 土木コスト情報山口県算出)

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について