NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2019.05.24現在
 
技術
名称
アクアシート 
事後評価未実施技術 登録No. TH-160009-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2016.08.04
副    題 コンクリート構造物の給水・水分逸散抑制養生用シート 区分 製品
分 類 1 コンクリート工 − コンクリート工 − 養生 
概要
@何について何をする技術なのか?
コンクリート表面の湿潤養生作業について、不織布の片面をラミネート加工した養生シートでコンクリート面を覆うことによって水平面の給水養生、鉛直面の水分逸散抑制養生を可能とする技術である。

A従来はどのような技術で対応していたのか?
スラブなどの水平面では、コンクリートの仕上げが終了した後の適当な時期にコンクリート面に養生マットを敷設し、散水によって給水養生を行っていた。また、型枠を取り外した後の鉛直面では、散水したり、シート・フィルム被覆を行って水分逸散抑制を図っていた。

B公共工事のどこに適用できるのか?
コンクリート工事の湿潤養生に適用できる。

アクアシートの敷設と散水状況
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
・軽量な不織布を基材に用いた。
・吸水性の不織布表面の片面にラミネート加工と微細な貫通孔を施した。
・半透明にした。



A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
・従来の養生マットは厚く、吸水すると重量物となり、撤去時の作業員負担が大きい。このため養生終了後から乾燥させて撤去している。新技術は軽量で、シートの面積を100m2としても8kgときわめて軽量である。このため、養生終了直後吸水させたまま撤去できる。
また、鉛直面であっても、吸水したシートは養生水の表面張力によってコンクリート面に貼り付く。
・新技術はラミネート加工によって不透水性としているので養生水の乾燥を抑制でき、散水量や散水回数を減らせる。
・コンクリート表面の湿潤性を目視観察できる。
・微細な貫通孔を多数設けているので、表面張力によって少量の養生水が広範囲に均一に給水できる。

アクアシートの軽量性
適用条件
@自然条件
シート敷設時に5m/秒を越える風速の風が吹くとシートがあおられるため作業を中止する。

A現場条件
特になし

B技術提供可能地域
全国

C関係法令等
特になし
適用範囲
@適用可能な範囲
コンクリート構造物の表面、型枠を用いないスラブなどの水平面や型枠を取り外した後の鉛直面。水平面の給水養生には微細な孔を有するシート、鉛直面の水分逸散抑制には孔なしシートを使用する。

A特に効果の高い適用範囲
養生面積が広い水平面および鉛直面。

B適用できない範囲
鉄筋が露出してシートの破損が懸念される打継ぎ面。

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
国土交通省土木工事共通仕様書第1編共通編25年度版第3章 無筋・鉄筋コンクリート 表1-3-3コンクリートの養生期間
土木学会コンクリート標準示方書(施工編)2012年制定 解説 表8.1.1 養生の基本、表8.2.1 湿潤養生期間の標準
留意事項
@設計時
特になし

A施工時
・コンクリート仕上げ面に足跡が残らない、傷がつかないなどを根拠にできるだけ早い時期にシートを設置する。
・養生水の補給は、シート内のコンクリート表面の湿潤状況を観察しながら実施する。

B維持管理等
シートの保管は直射日光を避ける。

Cその他
使用済みのシートは産業廃棄物として適正な処理をする。

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について