NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2018.08.16現在
 
技術
名称
三次元赤外線画像作成システム 
事後評価未実施技術 登録No. TH-120021-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2013.01.30
副    題 モルタル吹付のり面・建築物外壁等、劣化損傷診断支援システム 区分 システム
分 類 1 調査試験 − 構造物調査 − 非破壊試験、調査 
分 類 2 共通工 − 法面工 − その他 
分 類 3 コンクリート工 − その他  
分 類 4 建築 − その他  
概要
@何について何をする技術なのか?
・劣化損傷調査診断を支援するために、二次元可視画像と二次元赤外線画像を利用し、三次元赤外線画像を作成する技術
A従来はどのような技術で対応していたのか?
・従来は三次元画像を作成する技術はなく、手法として、画像の撮影位置図を作成し、位置図に対応する二次元赤外線画像と二次元可視画像を並べて見比べていた
B公共工事のどこに適用できるのか?
・モルタル吹付のり面の空洞化調査
・コンクリート構造物の浮き箇所の調査
・建物外壁の浮き箇所の調査

二次元可視画像と二次元赤外線画像の合成
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
・二次元赤外線画像を奥行補正し、画像端部の歪みを解消できる
・可視画像と赤外線画像を重ね合わせた状態で、劣化部分の考察ができる
・複数回の調査データを合成できる
A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
・従来より少ない画像枚数で貼り合わせ作業が可能になることが期待できる(省力化につながる)
・従来より正確な損傷情報(位置・面積等)を容易に把握することが期待できる
・経年変化の把握が期待できる
・2回目以降の調査においては、前回の可視画像を利用できるので赤外線画像のみの撮影で対応できる(省力化につながる)

新技術の新規性(従来技術と施工方法の比較)
適用条件
@自然条件
・特になし
A現場条件
・特になし
B技術提供可能地域
・特になし
C関係法令等
・特になし
適用範囲
@適用可能な範囲
・二次元可視画像データと赤外線画像データがある場合
A特に効果の高い適用範囲
・特になし
B.適用できない範囲
・二次元可視画像データ及び二次元赤外線画像データが得られない場合
C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
・特になし
留意事項
@設計時
・600万画素以上の可視画像データ、25mmピクセル以上の赤外線画像データが必要
A施工時
・特になし
B維持管理等
・特になし
Cその他
・手振れ等、画像データによっては診断ができない場合がある

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について