NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。

更新履歴


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2016.06.29現在
 
技術
名称
安心トリマーくん 
事後評価済み技術
(2012.04.10)
登録No. SK-080016-V
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-V
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2009.04.13
副    題 替刃が簡単・トリマータイプの草刈機 区分 機械
分 類 1 道路維持修繕工 − 道路除草工 − 道路除草工 
分 類 2 河川維持 − 堤防除草工 − 除草工 
分 類 3 公園 − 公園除草工  
概要
@何について何をする技術なのか?
安心トリマーくんはトリマータイプ(バリカンタイプ)の草刈機ですので飛石や刃割れによる危険性が非常に低く、回転式草刈機を使用するときの様な飛石飛散防止対策の必要がありません。
また、従来のトリマータイプの刃はヘッド部(ギアボックス)を分解しなければ刃の交換が出来ず交換作業に手間がかかっていました。
安心トリマーくんなら4本のボルトを外すだけで交換が可能であり、わずか5分程度の作業ですので現場での交換も楽々出来ます。

A従来はどのような技術で対応していたのか?
従来は、路肩での草刈作業をする際は、回転式草刈機で行っていた為、回転刃と石との接触により飛石が発生していました。(当社では通行車両損傷を回避する目的で飛散防止対策(コンパネ等で防護)を行って対応している。)


B公共工事のどこに適用できるのか?
肩掛け式草刈機を使用する除草工に使用可能です。
安心トリマーくん製品仕様
型式 エンジン排気量 最大出力 点火プラグ タンク容量 重量 燃料 
WesG-270EA 26.8mL 0.88kw/7000min-1 NGK製 BPM6A 670mL 5.7kg ガソリン25:オイル1 
交換刃高(標準型) 交換刃高(長刃型) 交換刃長(標準・長刃型) 交換方式 ヘッド部重量 刈込み幅 (2サイクル専用オイル) 
24mm 29mm 280mm ギアボックス外勘合式 1.6kg 261mm  

安心トリマーくん
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
従来のトリマータイプ(バリカンタイプ)の場合は刃を研ぐ際は万力等でヘッド部を固定して刃を研ぐ必要がありました。
また、刃を外す方法もありますがヘッド部(ギアボックス)を分解する必要があり相当の時間を要する他、相当の技術が必要でありました。
したがって、従来作業では回転式草刈機にて行っていました。
しかし、安心トリマーくんは従来には無かった替刃の交換が非常に簡単で、刃研ぎも簡単に出来る様に改善しており現場作業に適した製品になっております。

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
当社実績では、安心トリマーくんを使用して草刈作業をする際は、飛石に伴う防護措置(コンパネ等で防護)無しで行っており、安心して作業出来る他、作業効率の大幅アップが期待出来るものと考えます。

ヘッド部比較
適用条件
@自然条件
除草作業なので、雨天時は作業に不適。

A現場条件
作業ヤードは除草場所から半径1m程度必要(回転式と同様)

B技術提供可能地域
技術提供地域については制限なし。

C関係法令等
特になし。
適用範囲
@適用可能な範囲
主に雑草の草刈を対象とします。(植木の場合は幹径10mm以下。)

A特に効果の高い適用範囲
飛散が少ない為、車両が通行する道路沿いの草刈作業に適用効果が高い。。

B適用できない範囲
植木の場合は幹径10mm以上。

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
特になし。
留意事項
@設計時
特になし。

A施工時
ゆっくり刈る。

B維持管理等
作業修了後は必ず注油し刃研を行うこと。

Cその他
刃の取り付け時のボルトナット(4本)の締め付け過ぎに注意すること。
刃の交換の際、刃研ぎする際は必ず手袋を着用すること。

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について