NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2019.09.17現在
 
技術
名称
粉塵防止剤ダストッパー 
事後評価未実施技術 登録No. QS-160029-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2016.10.19
副    題 繰り返し工事用車両が通行する走行路に一回の散布で長期間粉塵を抑制できる材料 区分 材料
分 類 1 仮設工 − 防塵処理工  
分 類 2 環境対策工 − 大気汚染対策工  
概要
@何について何をする技術なのか?
・工事現場等でトラック等、車両の走行により発生する粉塵を抑制するための材料である。
・法面や作業ヤード等、土壌表面から発生する粉塵を抑制する材料である。

A従来はどのような技術で対応していたのか?
散水車で1日に数回水を撒く。

B公共工事のどこに適用できるのか?
造成工事、道路工事、トンネル工事、法面工事等、車両走行の有無に係わらず粉塵の発生する工事現場。

Cその他
本技術はトラック等の車両によって発生する粉塵を水で希釈したダストッパーを対象箇所に撒布してポリマーフィルムを形成し粉塵を抑制する。また、希釈率を変えることにより、法面等の非走行部や土砂流出を防止することも出来る。

ダストッパー散布前後の比較写真
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
ダストッパーが土粒子に浸透し皮膜を形成し固化することで粉塵を抑制する。

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
・長期の粉塵を抑制することが期待できる。
・法面等の土砂流出、洗掘防止対策にも適用可能である。


B製品の特性と荷姿

荷姿
20L/ポリ缶(走行部で50u分)
1000L/ポリ缶(走行部で2500u分)
ダストッパーの特性
製品名 ダストッパー 
形状 液体 
色 黄色みがかった白色 
ph 4.2-5 
融点/凝固点 0℃ 
沸点 100℃ 
比重 1.05 
粘度 100 cps 

粉塵抑制イメージ図
適用条件
@自然条件
雨天の場合は施工不可。


A現場条件
・希釈液(水)が浸透する土壌。
・施工現場が極度に乾燥している場合は予め散水して適度な湿気を保つ。
・車両走行で轍等ができる場合は地盤を締め固める。

B技術提供可能地域
全国

C関係法令等
環境基本法環境基準(土壌の汚染に係わる環境基準について)
適用範囲
@適用可能な範囲
土壌の粉塵が発生する場所。

A特に効果の高い適用範囲
トラック等車両により粉塵が巻き上げられる場所。

B適用できない範囲
希釈したダストッパーが浸透しない土壌。

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
「石灰による地盤改良マニュアル」(日本石灰協会)
「テフロン処理防塵固化剤技術資料」(テフロン処理防塵固化剤協会)
留意事項
@設計時
・走行部、非走行部等の使用目的、土質により希釈率を決定する。
・対象となる箇所で、施工前に空きスペースにて試験散布を行い、浸透状況の確認を行う。
・散布後の対象土は、路体、路床に利用できる。

A施工時
・散布した機材は直ちに水洗いを行う。
・散布後、1日は乾燥期間を設ける。
・希釈液が河川や排水溝等に流出すると環境には問題無いが白濁した液体が河川等に漏れ出る可能性が有るので、乾燥するまでの間は河川等に流れ出ないよう注意する。
・エンジンポンプでの散布を標準とするが施工量に応じて散水車による散布も可能である。

B維持管理等
長期に渡る場合は表面に飛積した粉塵の適切な処理を行う。(水洗い)

Cその他
施工の際は必ず当社技術資料、安全データシート(SDS)を確認すること。
在庫としては12トン保有。

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について