ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2019.10.19現在
技術
名称
ブッシュチョッパー&アースシェーバー 
事後評価済み技術
(2016.04.18)
登録No. QS-120019-VE
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術










平成29年度〜



(2016.4.21〜)
旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VE
活用効果調査は不要です。(フィールド提供型、テーマ設定型で活用する場合を除く。)
活用促進技術:2016/04/21〜
推奨技術:2016/5/18〜

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2019.04.17
副    題 雑草雑木の粉砕及び回収装置 区分 機械
分 類 1 河川維持 − 伐木除根工  
分 類 2 道路維持修繕工 − 道路除草工 − 道路除草工 
分 類 3 河川維持 − 堤防除草工 − 除草工 
概要
@何について何をする技術なのか?
・道路、法面、河川敷の竹やぶ、雑草、雑木をバックホウの先に取り付けたブッシュチョッパーで粉砕する。
・アースシェーバー(集積ボックス)を取り付けると粉砕物をダンプ等に直接積載可能。

A従来はどのような技術で対応していたのか?
・人力による伐木、伐竹。

B公共工事のどこに適用できるのか?
・道路の、法面、河川敷の竹やぶ、雑草、雑木を粉砕する。

Cその他
・【ブッシュチョッパー】:ハンマーナイフを多数取り付けた回転型伐採部を持つ粉砕機で、バックホウに取り付けられる。
・【アースシェーバー】:ブッシュチョッパーの側面に着脱可能で、粉砕された竹、雑草、雑木を回収収容する籠体である。

ブッシュチョッパー&アースシェーバー
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
1)ブッシュチョッパーをバックホウに取り付け、竹、雑草、雑木を粉砕する。
2)更にアースシェーバーを装着することで、粉砕物を集積可能とした。

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
1)ブッシュチョッパーを利用することで、迅速に少人数で竹やぶ、雑草、雑木を切り開き、更地にすることが出来る。
2)刈取り、粉砕したものは1cm〜20cmになるため、堆肥化が可能な大きさとなる。
3)アースシェーバーを利用すれば、直接ダンプ等に積み込むことが出来る。
4)バックホウの操作で伐採が可能となり、害虫(蜂など)や毒蛇(マムシなど)から作業員を守ることが出来る。

ブッシュチョッパー(左)とアースシェーバー(右)
適用条件
@自然条件
・特になし

A現場条件
・バックホウ(0.45m3)の搬入路の幅が3m以上、作業空間高さが3m以上必要。

B技術提供可能地域
・日本全国技術提供可能

C関係法令等
・特になし
適用範囲
@適用可能な範囲
・バックホウが作業可能な場所であればどこでも適用可能。
・雑木直径10cm以下、竹の直径15cm以下の太さまで粉砕可能。

A特に効果の高い適用範囲
・竹やぶや雑木の密生地。
・高さ7m以下の法面の伐採。

B適用できない範囲
・障害物が混在する場所。
・雑木の直径が10cmを越えるもの、竹の直径が15cmを越えるもの。
・高さ7mを越える法面。
・水中下。
・飛散物が支障となる場所。

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
・特になし。
留意事項
@設計時
・バックホウは0.45m3タイプ以上とし、本体のバランスが不安定となるためカウンターウェイトの取付を推奨する。

A施工時
・作業範囲内に障害物や大きな雑木等があれば事前に撤去。

B維持管理等
・ブッシュチョッパーのカッターの刃が欠けたり変形していないかを管理する。

Cその他
・特になし。