NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.07.25現在
 
技術
名称
ニュークリート 
事後評価済み技術
(2011.12.06)
登録No. QS-080018-VE
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VE
活用効果調査は不要です。(フィールド提供型、テーマ設定型で活用する場合を除く。)
活用効果調査が不要な技術です。(VE)

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2012.08.16
副    題 コンクリート・モルタル用ひび割れ抑制ナイロン繊維 区分 材料
分 類 1 コンクリート工 − コンクリート工 − その他 
分 類 2 共通工 − 法面工 − コンクリート法枠工 − 現場吹付法枠工
分 類 3 共通工 − ボックスカルバート工 − 躯体工 
分 類 4 橋梁上部工 − RC場所打ちホロースラブ橋工  
分 類 5 建築 − コンクリート工事  
概要
@何について何をする技術なのか?
普通コンクリートにナイロン短繊維を混ぜることで、
(1)初期ひび割れ・乾燥収縮ひび割れの抑制
(2)剥離・剥落の防止など
を行う技術です。
特長:
(1)1m3あたり1億22百万本(1本あたり長さ12mm、径15ミクロン)の繊維が均一に分散し、効果を発揮します。
(2)セルロース製の袋ごと投入できます。

A従来はどのような技術で対応していたのか?
普通コンクリート

B公共工事のどこに適用できるのか?
普通コンクリートを使用する工事であれば工種を選ばず、適用ができます。

商品外観(縦35cmx横23cm,重量300g)
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
(1)普通コンクリートにナイロン繊維を添加すること。
(2)ナイロンを短繊維に加工することで、すぐれた分散性を確保し、コンクリート・モルタルのひび割れ抑制材料として使用すること。
(3)ナイロン繊維の入った袋のまま投入できること。(袋はセルロース製で、コンクリートの中で溶けてなくなります)

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
(1)初期ひび割れ・乾燥収縮ひび割れの抑制:60%以上抑制
(2)曲げタフネスの増大:4〜5倍
(3)耐久性の向上:耐衝撃性44%増加
(4)剥離・剥落の防止:剥落に要する打撃回数は8.4倍
(5)接着性の向上:接着強度15%増加

ナイロン繊維
適用条件
@自然条件
普通コンクリートの自然条件と同様。

A現場条件
材料を投入できるスペースがあればよい。

B技術提供可能地域
全国提供可能。

C関係法令等
該当する法令なし
適用範囲
@適用可能な範囲
コンクリート構造物全般

A特に効果の高い適用範囲
壁、橋脚、床版など特に耐久性を求められる構造物

B適用できない範囲
現状では、コンクリート、モルタル以外の部材

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
土木工事共通仕様書
留意事項
@設計時
繊維混入量:標準混入量 300g/m3
標準混入量は、経済性、効果等を考慮し、当社で判断し定めたものです。

A施工時
アジテータ車に投入後、高速回転で3分間攪拌すること。

B維持管理等
特になし

Cその他
所定量の繊維が混入されているか否かを確認する方法はあります。試験方法は、現在特許申請しています。

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について