NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2019.06.26現在
 
技術
名称
船舶動静共有航行支援システム 
事後評価未実施技術 登録No. KTK-180007-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2019.02.15
副    題 船舶事故を防止するアプリです。AIS情報、同じアプリを利用する船舶の位置情報を把握でき、アプリ同士で通話も可能にします。 区分 システム
分 類 1 港湾・港湾海岸・空港 − 安全対策工 − 安全対策工 
分 類 2 港湾・港湾海岸・空港 − 浚渫工 − グラブ浚渫工 − グラブ浚渫
分 類 3 港湾・港湾海岸・空港 − 浚渫工 − グラブ浚渫工 − 土運船運搬
概要
@何について何をする技術なのか?

港湾工事の安全監視について、AIS搭載船や同じアプリを利用している船舶の監視ができ、同じアプリ船との通話、工事区域、工事内容、危険個所の共有、他船接近警告と衝突予測時間の表示を行う技術です。


A従来はどのような技術で対応していたのか?

監視船にPC、GPS受信機を設置、無線機を用意し工事船団と安全の共有を図っていた。


B公共工事のどこに適用できるのか?
港湾工事全般

C詳細
・AIS搭載船、アプリ利用船を表示
・衝突防止(アラート機能)
・アラート時衝突予測時間表示
・同じアプリ同士で通話が可能
・工事エリア侵入警報
・工事エリアを設定し同じアプリ利用者への工事内容を表示、エリア接近通知
・船の航行履歴動画確認可能

作業写真
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)

従来は、工事エリアへ、接近している船舶すべてを対象に自動警報を発令していた為、工事エリア付近で停泊する船舶や安全退避をおこなっている船舶もすべて警報対象となり警報の頻度が非常に多い状態でした。
新技術では、互いの進路、速力から行き合い船、横切り船等を判断しながら、安全に交差、または横切りが可能かを判断をしながら、必要に応じて注意または警告信号で知らせ、衝突の可能性、工事エリア侵入までの時間を表示する事で安全性を高めます。


新技術では同じ携帯アプリを搭載した工事関係船舶、一般船舶が互いに位置情報の共有、通話が可能になる他、工事エリアを設定し、工事エリアに接近する同じアプリを利用する一般船舶には自動警報、工事内容を伝えることも可能にしたため安全性を高めることが可能になりました。

従来は無線の免許申請を行い、グループ無線として工事単位で利用していましたが、新技術では利用アプリを通じて通話可能となる為、グループ無線としての通話、同じアプリを利用するその他のユーザーとも通話可能となる為、無線にかかるコストを削減し業務効率を向上できます。





A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)

港湾工事の安全監視について、同じアプリを利用している船舶に対して情報の把握や通話、工事区域の周知、エリアに接近した際は警報で知らせる他、工事内容を知らせることができ、自船だけでなく、他船の安全性も高めることができます。


工事エリア接近写真
適用条件
@自然条件
特になし

A現場条件
GPS測位が出来ること
携帯端末の電波を受信できる範囲

B技術提供可能地域
制限なし

C関係法令等
特にありません。
適用範囲
@適用可能な範囲
港湾工事全般

A特に効果の高い適用範囲
工事用エリア付近を一般船舶が航行する港湾工事

B適用できない範囲
携帯電話サービスエリア外

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
特になし
留意事項
@設計時
携帯電話サービスエリアの確認が必要

A施工時
携帯端末を充電する電源

B維持管理等
特になし

Cその他
特になし

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について