NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2019.11.15現在
 
技術
名称
基本波有効分方式 低圧絶縁監視システム 
事後評価未実施技術 登録No. KT-190057-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2019.10.15
副    題 低圧側導入全設備稼働状態における絶縁劣化兆候把握に貢献する基本波有効分方式 低圧絶縁監視システム 区分 システム
分 類 1 建築設備(電気) − 受変電設備工事  
概要
@何について何をする技術なのか?
・低圧側導入全設備稼働状態における絶縁状態を監視する技術。

A従来はどのような技術で対応していたのか?
絶縁抵抗試験(メガリング試験)

B公共工事のどこに適用できるのか?
・給排水設備,建屋内各電気設備,地下水揚水設備他

システム構成例
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
・停電状態での実施を、全回路活線状態で実施可能とした。
・年次点検時に毎回絶縁抵抗試験を実施していたのを、試験を延長可能とした。
・都度絶縁抵抗試験を実施していたのを、365日24時間連続監視とした。
・計測方法を人手から自動化に変えた。

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
・全回路活線状態で実施可能としたことにより、設備の絶縁状態が計測でき、品質の向上が図れる。
・365日24時間連続監視としたことにより、絶縁劣化の兆候が掴みやすくなり、兆候把握の向上が図れる。
・試験を延長可能としたことにより、年次点検の負担が軽減でき、経済性の向上が図れる。
・計測方法を自動化に変えたことにより、人手作業が少なくなるため、安全性の向上が図れる。

 
適用条件
@自然条件
・腐食性ガス,塵埃がないこと
・使用温度 -10〜50℃(但し24時間の平均値は35℃を超えないこと)
・使用湿度 20〜90%(RH) 結露なきこと
・保存温度 -10〜75℃

A現場条件
・機器電源電圧 AC110V/220V 50/60Hz
・各電気設備近傍設置
・機器寸法 幅286mm以下 高さ143mm以下 奥行80mm以下
・ノイズ耐量 電源ノイズ 1500Vp-p以下
・ノイズ耐量 誘導ノイズ 1000Vp-p以下

B技術提供可能地域
・技術提供地域については制限なし

C関係法令等
・特になし
適用範囲
@適用可能な範囲
・440V以下の低圧側回路

A特に効果の高い適用範囲
・絶縁抵抗測定試験実施回路(負荷含む)全て

B適用できない範囲
・特高/高圧側回路

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
・国土交通省監修 電気設備工事監理指針 準拠(平成19年度版 506頁)
・国土交通省監修 公共建築工事標準仕様書 準拠(平成31年度版 125、126頁)
留意事項
@設計時
・適用ZCT(零相変流器)の使用
・機器補助電源電圧220V以下
・機器補助電源部への過電流保護装置(ブレーカ/ヒューズ等)の設置
・避雷器の設置

A施工時
ZCT(零相変流器)設置時の留意事項
・導体(ケーブル)がZCTのセンターになるよう貫通
・短絡事故での電磁反発力による損傷を考慮し、インシュロック等で導体(ケーブル)を固定
・大電流導体(ケーブル)から20cm以上離す(磁界影響の排除)

B維持管理等
・一般電子機器と同等

Cその他
・特になし

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について