NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2019.09.17現在
 
技術
名称
洗浄剤キレイザーS 
事後評価未実施技術 登録No. KT-190031-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2019.07.19
副    題 舗装の洗浄剤 区分 製品
分 類 1 舗装工 − アスファルト舗装工 − アスファルト舗装工 − 車道舗装工
分 類 2 道路維持修繕工 − 道路清掃工 − 路面清掃工 
概要
@何について何をする技術なのか?
・舗装や道路付帯施設に付着したタイヤ痕、サビ、油汚れを落とす洗浄剤。

A従来はどのような技術で対応していたのか?
・軽油やガソリンを用いた洗浄。

B公共工事のどこに適用できるのか?
・舗装や舗装付帯施設(ブロックや区画線など)

Cその他
洗浄剤キレイザーSは水道水で3倍に希釈して使用する。

洗浄状況
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
・舗装面、歩車道ブロック、重機等に付着したタイヤ痕・サビ・油汚れの洗浄を、従来の紙やすりの削りやベンゼン・軽油・灯油などの洗浄剤から、界面活性剤主体型の水系洗浄剤に変えた。

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
・従来の軽油やガソリンを用いた洗浄から、界面活性剤主体型の水系洗浄剤に変えたことにより、
(@)本技術では原液を水で3倍に希釈して、洗浄剤を作成するため、材料費を抑える事ができ経済性の向上が図られる。
(A)従来技術で用いる軽油やガソリンは引火性であるあが、本技術の洗浄剤は引火性はないため、作業上の安全性が向上する。
(B)従来技術はウエスなどに染み込ませて拭き取るため、油跡が残るという問題があったが、新技術はスプレーで散布後、ブラシでこすり拭き取るだけできれいに洗浄できるので、品質の向上が図られる。
(C)従来技術は臭いが発生するが、新技術は無臭なので周辺環境への影響を抑制できる。
(D)小労力でスムーズに作業ができ、効率的洗浄作業が進む。

Bその他
界面活性剤、助剤および添加剤で構成され、特に界面活性剤は水中に油を分散させる性質(乳化作用)および水の表面張力を低下させる性質を持っている。
舗装などの洗浄に高い効果が出るように界面活性剤、助剤および添加剤の配合を開発した。
 
適用条件
@自然条件
・雨天時は洗浄剤が流れてしまい、効果が発揮されない可能性があるので実施しない。

A現場条件
・材料や洗浄道具置き場スペースとして、1m×1m=1m2が必要。
・保管温度は5〜40℃で、車内での保管はしない。

B技術提供可能地域
技術提供地域については制限なし

C関係法令等
特になし
適用範囲
@適用可能な範囲
アスファルト舗装やコンクリート舗装面および道路付帯施設に付着した油汚れやタイヤ痕およびサビ

A特に効果の高い適用範囲
コンクリート舗装面に付着したサビ

B適用できない範囲
フォークリフトのねじりによるタイヤ痕

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
特になし
留意事項
@設計時
洗浄面のホコリやゴミなどを箒で清掃する。
保護メガネ、ビニール手袋、マスクおよびウエスやブラシを準備する。

A施工時
洗浄剤キレイザーSを水道水で3倍に希釈する。(3倍に希釈してもPH値は12.6→12.3とほとんど変化しない)
保護具として保護メガネ、ゴム手袋、マスクを着用する。
施工道具として、ブラシやハケおよびウエスを用意する。

B維持管理等
製品の専用容器以外での保管はしない。
保管温度は5〜40℃で、車内での保管はしない。
直射日光は避ける。
換気のよい所で保管する

Cその他
作業中は換気を行い、風通しを良くして作業を行う。

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について