NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2019.08.18現在
 
技術
名称
遠隔操作式散水装置(散水小僧 ASKシリーズ) 
事後評価未実施技術 登録No. KT-190028-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2019.07.08
副    題 解体現場などにおける粉塵防止のための遠隔操作式散水装置 区分 機械
分 類 1 共通工 − 構造物とりこわし工 − その他 
分 類 2 環境対策工 − 大気汚染対策工  
分 類 3 コンクリート工 − コンクリート工 − その他 
概要
@何について何をする技術なのか?
・解体現場などにおける粉塵防止のための遠隔操作式散水装置

A従来はどのような技術で対応していたのか?
・作業員によるホース散水

B公共工事のどこに適用できるのか?
・粉塵が発生する工事
・建築物解体におけるコンクリートの破砕作業現場
製品ラインナップ(ASKシリーズ主要仕様)
機種名 ASK-300-H ASK-300-L 
質量(kg) 20 20 
全高(mm) 735 735 
全幅(mm) 340 340 
ノズル径(インチ) 1/4 1 
水供給口 テーパめねじ(インチ) 1 1 
最高仕様圧力(MPa) 14 2 
散水量目安(L/min) 40 70 
操作方法 無線操作(到達距離30m) 無線操作(到達距離30m) 
操作内容 ノズル上下(90度)、左右旋回(180度)、バルブ開閉 ノズル上下(90度)、左右旋回(180度)、バルブ開閉 
同時使用可能台数 送信機4台、散水小僧本体16台 送信機4台、散水小僧本体16台 
動力 専用バッテリー又はAC100V 専用バッテリー又はAC100V 

散水小僧 ASKシリーズ
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
・散水作業を人力によるものから、水栓の開閉、散水方向を無線遠隔操作できる散水装置に変えた。
・1台の送信機で複数の散水装置の遠隔操作ができるようにした。
・散水装置を足場など高所・狭所にも設置できるようにした。

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
・無線遠隔操作できる散水装置に変えたことにより、作業員の現場内を移動しながらの散水作業が不要になり、事故防止に繋がるので、安全性の向上が図れる。
・無線遠隔操作できる散水装置に変えたことにより、散水作業が均等化されるので、品質の向上が図れる。
・無線遠隔操作できる散水装置に変えたことにより、設置後は頻繁に移動させないので、施工性の向上が図れる。
・複数の散水装置の操作ができることにより、必要作業員の省人化が可能となり、コスト削減になるので、経済性の向上が図れる。
・高所・狭所に取り付けできることにより、現場内の総合的な粉塵を軽減できるので、周辺環境への影響抑制が図れる。

Bその他
・現場内の散水作業には移動が伴うため補助作業員による散水ホースの取り回しや周囲の安全確認作業が必要となる。新技術は適切な箇所への散水装置の設置により、移動を伴う散水作業を軽減し安全性の向上、省人化が図れる。

従来技術との比較
適用条件
@自然条件
・強風時の施工は、散水の距離に影響を及ぼす。

A現場条件
・0.5m×0.5m以上の設置場所が必要
・無線距離は30m以内まで

B技術提供可能地域
・技術提供可能地域については制限なし

C関係法令等
・特になし
適用範囲
@適用可能な範囲
・水の供給ができる場所
・無線が受信できる30m以内の範囲

A特に効果の高い適用範囲
・解体工事で粉塵を抑えたい場所
・人力で散水が不可能な場所

B適用できない範囲
・水の供給ができない場所
・無線が受信できない30mを超える範囲

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
・建設工事公衆災害防止対策要綱(建築工事編):H5年版 <国土交通省>(添付資料2参照)
【P4】第2章 一般事項 第12 粉塵対策
【P11】第6章 解体工事 第40 粉塵・飛散防止
留意事項
@設計時
・ユーザーの使用するポンプの種類に応じて、機種を選定する

A施工時
・従来と同様

B維持管理等
・取扱説明書に記載された、正しい取り扱い方法と、整備、保守点検を行うこと

Cその他
散水小僧ASKシリーズの納期は、受注後1〜2ヶ月かかる

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について