NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2019.07.24現在
 
技術
名称
クラウド録画型カメラSafie GO 
事後評価未実施技術 登録No. KT-180113-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2019.01.23
副    題 モバイル通信回線を使って高画質の映像をリアルタイムと録画分(過去30日)を見ることができる、クラウド録画型カメラとルーターのセット 区分 システム
分 類 1 電気通信設備 − 電子応用設備 − 管理用カメラ、センサー設備 − カメラ
分 類 2 機械設備 − 遠方監視操作制御設備  
分 類 3 調査試験 − 分析・予測システム  
概要
@何について何をする技術なのか?
高画質かつ電源をさすだけで視聴できるネットワークカメラを用いた現場遠隔監視技術


A従来はどのような技術で対応していたのか?
屋外型有線ネットワークカメラ

B公共工事のどこに適用できるのか?
・建設現場における進捗管理、安全監視、防犯等
・河川洪水、斜面崩壊・地すべり等の自然災害の監視

Cその他
・遠隔地(本社、現場事務所等)から、現場の様子を確認して指示可能。
・日報代わりに撮影された現場の状況を毎日タイムラプス(早送り再生)映像で報告可能。
・撮影画像をリアルタイムにYoutubeに流すなどして広域での情報共有も可能。
・追加オプションにて過去1年分まで録画可能
・録画データをのダウンロードや共有が簡単操作で実行可能
詳細仕様や導入事例は下記URLで公開中
https://go.safie.link/

IR(赤外線)ライト内蔵で、夜間でも最大15m先まで監視できます。
レンズ対角180°の広角レンズなので、1台のカメラで広範囲を監視できます。

カメラ外観
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
・画質の低い屋外型有線ネットワークカメラから、ルーター一体型の高画質カメラ(HD 画質、30fps)に変えた。
・従来の大きく重いカメラ(有線通信設備工事が必要)から、ルーター一体型で業界最小サイズのカメラに変えた。
・専用の PC ソフトウェア(情報共有機能が限定的)の利用から、専用ソフトのインストール不要で簡単操作可能で使いやすいアプリの利用に変えた。

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
・ルーター一体型の高画質カメラ(HD 画質、30fps)に変えたことにより、高精細な画質による確実・正確な遠隔指示・監視が可能となるため、施工の品質が向上する。また、設置後の現場訪問時間の縮減(省人化)等により、工程の短縮が期待できる。
・ルーター一体型で業界最小サイズのカメラに変えたことにより、高画質カメラの設置工事が簡単になることで、設置作業の施工性が向上する。また、初期設定費や配線工事が不要となることから経済性の向上が図れる。
・簡単操作可能で使いやすいアプリの利用に変えたことにより、撮影画像の共有が可能となり、施主への説明責任の担保、施工不正の防止等、工事の品質の向上を図れる。

実際の利用映像
適用条件
@自然条件
・動作温度:-10℃〜50℃
・動作湿度:10%〜85%(結露なきこと)
・保護等級:IP66(粉塵や降雨環境下での耐久性あり)

A現場条件
・モバイル(NTTドコモのLTE)通信網のサービス提供エリア内
・90〜264V電源を用意できる場所
・カメラ(大きさ275mmx180mmx120mm、重さ2.0kg)を固定する場所として、直径42.7mm〜48.6mmのポールが望ましい。

B技術提供可能地域
・モバイル(NTTドコモのLTE)通信網のサービス提供エリア内


C関係法令等
特になし
適用範囲
@適用可能な範囲
・すべての屋内外の工事現場
・直接災害により破壊されない災害監視現場
・ただし、いずれもモバイル(NTTドコモのLTE)通信網のサービス提供エリア内で、90〜264V電源を用意できる場所に限る

A特に効果の高い適用範囲
・インターネット回線が整備されていない建設現場
・広角での現場全体像を確認したい現場

B適用できない範囲
・モバイル(NTTドコモのLTE)通信網のサービス提供エリア外。
・90〜264Vの範囲の電源が用意できない場所
・水中や塩害、超高温環境など特殊な過酷環境下

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
特になし。
留意事項
@設計時
・モバイル(NTTドコモのLTE)通信網のサービス提供エリアであることと、電源供給があることの確認が必要

A施工時
・監視対象が正確に映るようにカメラ画角を調整する。

B維持管理等
・カメラレンズが汚れた場合は清掃、カバーの破損は交換

Cその他
・特になし

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について