ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.12.12現在
技術
名称
被膜型コンクリート表面養生剤エムキュアリング 
事後評価未実施技術 登録No. KT-160044-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2016.07.15
副    題 コンクリート被膜養生剤 区分 材料
分 類 1 コンクリート工 − コンクリート工 − 養生 
分 類 2 河川維持 − 堤防天端補修  
分 類 3 共通工 − ボックスカルバート工 − 躯体工 
分 類 4 舗装工 − コンクリート舗装工 − コンクリート舗装工 − 車道舗装工
分 類 5 ダム − コンクリートダム提体工  
概要
@何について何をする技術なのか?
・コンクリートの養生について被膜養生剤を用いてコンクリートの養生を行う技術

A従来はどのような技術で対応していたのか?
・コンクリート養生マット

B公共工事のどこに適用できるのか?
・コンクリート構造物水平面全般

エムキュアリング荷姿
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
・コンクリートの養生方法をコンクリート養生マットから被膜養生剤に変えた。

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
・被膜養生剤に変えたことにより、コンクリート養生マットに必要な設置、撤去の工程を削減でき省人化が図られ、経済性の向上も期待できる。
・被膜養生剤に変えたことにより、散水作業が不要となるため省資源化が向上する。
・被膜養生剤に変えたことにより、コンクリート養生マット使用後の廃棄がなくなり、周辺環境への影響が低減する。
・被膜養生剤に変えたことにより、水分蒸発を抑制し圧縮強度が向上するため、品質の向上が図れます。
・被膜養生剤に変えたことにより、乾燥収縮が低減され、コンクリート表面のひび割れが低減する。
 
適用条件
@自然条件
・気温0℃以上
・降雨、降雪時でないこと
・強風でないこと

A現場条件
・エムキュアリングの置場スペースは500u施工の場合1m×1m=1u必要。

B技術提供可能地域
・技術提供可能地域については制限なし。

C関係法令等
・特になし。
適用範囲
@適用可能な範囲
・コンクリート構造物の水平面

A特に効果の高い適用範囲
・コンクリート打設後、気温が高い・湿度が低い・強風・直射日光を強く受ける等の乾燥しやすい気象条件。

B適用できない範囲
・コンクリート構造物の水平面でない範囲

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
・土木工事共通仕様書、第3章 第6節-9 養生、p57(国土交通省 平成23年度版)
・コンクリート標準示方書、第8章 養生、p126-128(土木学会 2009年)

留意事項
@設計時
・エムキュアリング技術資料・施工要領を参照して下さい。
・エムキュアリングは原液使用です。
・標準散布量は0.10〜0.15s/u

A施工時
・エムキュアリング技術資料・施工要領を参照して下さい。
・エムキュアリングは原液使用です。
・降雨になる可能性がある場合は散布しないで下さい。
・強風時、周辺環境に飛散する可能性がある場合は使用を控えて下さい。
・コンクリートの表面に床仕上げ剤を使用する場合は、エムキュアリングの被膜を除去して下さい。

B維持管理等
・凍結しない屋内に保管して下さい。
・凍結した製品は溶解しても使用できません。
・一度凍結した製品は溶解しても、固形化し分離するため使用できません。

Cその他
・取扱いに際しては製品安全データシート(MSDS)を参照して下さい。