NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.10.21現在
 
技術
名称
脂肪族系鉄筋防錆剤「サビラーズ」「ハイサビラーズ」 
事後評価済み技術
(2016.10.13)
登録No. KT-150006-VE
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













(2016.10.13〜)
旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-VE
活用効果調査は不要です。(フィールド提供型、テーマ設定型で活用する場合を除く。)
-VE評価:平成28年10月13日〜
活用促進技術 平成28年10月13日〜

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2016.10.13
副    題 コンクリートとの付着を阻害しない鉄筋の防錆剤 区分 材料
分 類 1 コンクリート工 − コンクリート工 − 鉄筋工 − 鉄筋工
概要
@何について何をする技術なのか?

・RC構造物における鉄筋の耐食性を大幅に向上させ、コンクリートとの付着を妨げない鉄筋用防錆剤


A従来はどのような技術で対応していたのか?

・ポリ塩化ビニル系熱収縮性チューブ


B公共工事のどこに適用できるのか?

・すべての鉄筋コンクリート構造物


Cその他

・長期の防錆期間が必要な時には濃縮タイプの 【ハイサビラーズ】 があります。
【サビラーズ】 防錆効果3〜6ヶ月(簡易に施工できるエアゾールタイプも用意してます)
【ハイサビラーズ】 防錆効果6〜12ヶ月

製品荷姿
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)

・鉄筋の防錆をポリ塩化ビニル系熱収縮性チューブから塗布型(塗膜型)の防錆剤に変えた。


A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)

・塗布型に変えたことにより、曲げ加工部や配筋した箇所でも簡単に防錆処理が出来るので、ポリ塩化ビニル系熱収縮性チューブでは対応しにくい箇所の品質の確保が出来る。
・塗布型に変えたことにより、ポリ塩化ビニル系熱収縮性チューブの加熱処理などの作業を省けるので、経済性の向上が見込める。
・塗膜型に変えたことにより、コンクリートの付着を阻害しないのですぐに施工できるため、従来ポリ塩化ビニル系熱収縮性チューブを取り外してできた産業廃棄物の発生は抑えられ環境にも配慮できる。

サビラーズ・ハイサビラーズ塗布後状況
適用条件
@自然条件

・湿度85%以上、雨天の場合は使用できません


A現場条件

・作業スペース1m×2m(刷毛塗スペース)
・換気の良い場所
・火気に近づけないこと


B技術提供可能地域

・技術提供可能地域については特に制限なし


C関係法令等

・消防法 : 危険物第四類第二石油類
適用範囲
@適用可能な範囲

・鉄筋コンクリート構造物の露出鉄筋


A特に効果の高い適用範囲

・複雑に入り組んだ鉄筋
・曲げ加工した鉄筋
・高所作業を伴う鉄筋部


B適用できない範囲

・汚れ・水分・錆等の付着している鉄筋


C適用にあたり、関係する基準およびその引用元

・道路橋示方書・同解説 Vコンクリート橋編(平成14年3月道路橋示方書・同解説Vコンクリート橋編第3章許容応力度3.2許容付着応力度 P122
留意事項
@設計時

・コンクリートとの最大付着応力度は無塗布鉄筋と同程度です。
・鉄筋の汚れ・錆などの状態を確認して下さい。
・作業場所の換気方法への対応方法を確認してください。


A施工時

・原液使用です。
・湿度85%以上、雨天の場合(屋外使用時)は使用できません。
・作業中は換気を良く し、絶対に火気を近づけないで下さい。
・塗布面の汚れ、水分、錆などがないことを確認してください。
・容器のまま軽くゆすって、別の容器に必要量ずつ小出しして使用して下さい。
・曲げ加工部分は2度塗りして下さい。
・塗布は刷毛、耐油性噴霧器又は浸漬の方法で塗布して下さい。
・揮発性ですので使用途中の缶は必ず蓋をして下さい。


B維持管理等

・揮発性ですので使用途中の缶は必ずふたをして下さい。
・作業終了後の塗布道具はできるだけ早くシンナーで洗浄して下さい。
・消防法、労働安全衛生法に準じた保管をして下さい。


Cその他

・危険物第四類第二石油類(屋外現場にて使用時の際には有機溶剤中毒予防規則適用外)

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について