NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2019.08.26現在
 
技術
名称
防水コネクタ「HR41シリーズ」 
事後評価未実施技術 登録No. KT-140032-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2014.06.17
副    題 電源線及び調光制御線接続の一体化による施工効率アップ、耐雷サージによる品質向上、且つ現場結線に対応 区分 製品
分 類 1 トンネル工 − その他  
分 類 2 共同溝工 − その他  
分 類 3 仮設工 − その他  
分 類 4 付属施設 − その他  
分 類 5 建築設備(電気) − 電力設備(電灯・動力等)工事  
概要
@何について何をする技術なのか?
・電源線と調光制御線を一体化させた防水コネクタ

A従来はどのような技術で対応していたのか?
・電線メーカー工場内で結線し、電源線と調光制御線を分けた防水コネクタ

B公共工事のどこに適用できるのか?
・照明設置工事、配線工事

Cその他
・結線方式:コネクタとケーブル接合箇所の防水性能に影響する。
従来技術:オーバーモールド・・・電線メーカー等工場内で専用の設備を用いて樹脂で封止する方法。
新技術:組み込み式・・・一般的な工具を用いて機械的に締め込む方法。(工場内・現場共に結線することが可能)

・耐雷サージ(インパルス耐電圧):誘導雷対策
新技術:端子間にプラスチック壁を設けることで沿面距離を確保し、誘導雷対策(絶縁強度15kV)しています。

・防水性能:一般的にはIP67には評価条件がありますが、IP68はそれ以上に厳しい条件に対して付与されます。
従来技術:IP67・・・水深1m・30分間放置でコネクタ内部に浸水無きこと。
新技術:IP68・・・水深2m・14日間放置でコネクタ内部に浸水なきこと。

・耐候性:一般的なプラスチックは、紫外線・水等の影響により経年劣化する。耐候性グレードを選定する等の配慮が必要。
従来技術:特に配慮なし
新技術:耐候性グレードを選定

下表に新技術(HR41シリーズ)と従来技術の比較表を示します。
新技術(HR41シリーズ)と従来技術の比較表
 HR41シリーズ 従来コネクタ 
電源線・調光制御線 一体型 二線式 
芯数 5芯 2〜4芯 
耐雷サージ 15kV (4kV) 
結線方式 組み込み オーバーモールド 
現場結線 対応可 対応不可 
防水性 IP68 IP67 
耐候性 耐候性グレード選定 (特に配慮なし) 

新技術:HR41シリーズ
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
・電源線と調光制御線を2線式から一体式に変えた。
・結線方式をオーバーモールドから独自の組み込み式に変えた。

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
・一体式に変えたことにより、照明器具1台当たりコネクタ使用数が2個から1個に減少するので、初期購入費用の低減することで経済性の向上が図れる。
・一体式に変えたことにより、照明器具1台当たりコネクタ接続箇所が2個から1個に減少するので、接続回数が減少し作業効率が良くなるので施工性の向上が図られ、工程の短縮が図れる。
・独自の組み込み式に変えたことにより、防水性能がIP67からIP68になるため、品質の向上が図れる。

Bその他
・工場・現場両方で製作となり、保守や既設ケーブルを流用したLED照明器具の取替えが可能となった。
・コネクタに誘導雷対策を施したことにより、誘導雷による照明器具破損への対策が図れる。

独自の結線方式
適用条件
@自然条件
・使用温度範囲:-40℃〜+85℃

A現場条件
・特になし

B技術提供可能地域
・技術提供地域については制限なし

C関係法令等
・特になし
適用範囲
@適用可能な範囲
・電圧:AC600V/DC400V以下、電流:20A以下、芯数:5芯以下の電気接続箇所
・推奨電線は、以下の通りです。
適合電線導体サイズ:0.75〜2mm2(AWG♯14〜18相当)
導体径:φ2.4mm以下
被覆径:φ6mm以下

A特に効果の高い適用範囲
・トンネル・道路照明器具のLED化工事

B適用できない範囲
・電圧:AC600V/DC400Vを超え、電流:20Aを超え、芯数:6芯以上の電気接続箇所
・推奨電線以外の電線を使用する工事

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
・特になし
留意事項
@設計時
・カタログ・結線作業要領・製品図面・製品規格表を参照の上、設計するようにして下さい。
・カタログにつきましては、弊社ホームページよりダウンロードが可能です。
・結線作業要領、製品図面、製品規格表につきましては、弊社営業担当・ダイトエレクトロン営業担当までご連絡下さい。

A施工時
・器具取り付け用のハウジングを使用する場合、コネクタを通過させるために予め器具側に製品図面に記載している推奨パネル穴寸法にしたがって穴を開けて下さい。
・コネクタを嵌合する際に、コネクタ内部に水分や異物が付着していないことを確認して下さい。
もし、異常が認められた場合、これらをウェス等を用いて拭き取って下さい。
また、コネクタ嵌合時はキーの位置を合わせ、突き当たるまでしっかりと押し込み、スリーブ(円筒形の部品)を矢印の方向に回し、「カチィ」と音・感触を確認して下さい。
・カタログ・結線作業要領・製品図面・製品規格表を参照の上、施工するようにして下さい。

B維持管理等
・特になし

Cその他
・特になし

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について