NETIS 新技術情報提供システム New Technology Information Systemトップページへ移動国交省のホームページへ
NETISとは 新技術の検索 新技術の最新情報 新技術の申請方法 NETISのRSS配信 サイトマップ
  新技術概要説明情報

「概要」「従来技術との比較」等のタブをクリックすることでそれぞれの内容を閲覧することができます。関連する情報がある場合は画面の上部にあるリンクをクリックすることができます。


ものづくり
日本大賞
国土技術
開発賞
建設技術
審査証明


他機関の
評価結果

















            

2017.12.15現在
 
技術
名称
コンクリート施工管理システム eagle plus 
事後評価未実施技術 登録No. KT-130081-A
事前審査 事後評価 技術の位置付け(有用な新技術)
試行実証評価 活用効果評価 推奨
技術
準推奨
技術
評価促進
技術
活用促進
技術













旧実施要領における技術の位置付け
活用促進
技術(旧)
設計比較
対象技術
少実績
優良技術
 



 
活用効果調査入力様式 適用期間等
-A
活用効果調査入力システムを使用してください。

上記※印の情報と以下の情報は申請者の申請に基づき掲載しております。 申請情報の最終更新年月日:2016.08.29
副    題 ■クラウド技術を用いてコンクリート施工時の打設時間、打設場所の打重ね管理を行う 区分 システム
分 類 1 コンクリート工 − 施工管理 − 施工管理 − その他
概要
@何について何をする技術なのか?
・コンピュータでコンクリート施工時の打設・打重ね時間、箇所を計時・記録し自動集計する技術

A従来はどのような技術で対応していたのか?
・人手での計時・記録、集計作業

B公共工事のどこに適用できるのか?
・コンクリートを施工する工事全般

Cその他
・本システムは、コンクリート打設時の計時・記録業務、打設終了後の集計業務を自動化するサービスで、Saas形式で提供します。
・本システムを利用した打設管理業務のフローは以下の通りとなります。
・(事前準備)
・1)管理者が、現場事務所からPCで、打設場所名、打設現場の図面(打重ねる層毎)を登録します。
・2)管理者が現場事務所からPCで、打設計画(出荷計画)を登録します。
・(打設時の作業)
・1)生コン工場記録員が、生コン工場からPCで、生コン車出荷の際に車両番号を入力します。
・2)現場到着時に、記録員が現場からタブレット、スマートフォンで該当する車両番号の現場到着ボタンをタップすると、現場到着時刻を記録します。
・3)荷卸開始時に、記録員が現場からタブレット、スマートフォンで該当する車両番号の荷卸開始ボタンをタップすると荷卸開始時刻を記録します。打設制限時間を超過しそうなときには該当セルが黄色で表示され警告を発します。
・4)記録員が、現場からタブレットで打設箇所(打重ね箇所)をタップします。打重ね制限時間を超過しそうなときには該当部分がピンク色で表示され警告を発します。
打重箇所のタップから、次の打重箇所のタップまでに荷卸中の車両番号が自動的に記録されます。
・5)生コン車荷卸終了時に、記録員が現場からタブレット、スマートフォンで該当する車両番号の荷卸終了ボタンをタップすると、荷卸終了時間を記録します。
・(集計作業)
・打設完了時には、帳票を出力します。
・旧登録技術名称:コンクリート施工管理システム eagle (〜平成28年7月)

eagle plusシステム概要図
新規性及び期待される効果
@どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
・コンクリート施工時の打設・打重ね時間の計時・記録、集計作業を、人手による計時・記録、集計作業からコンピュータによる計時・記録、自動集計に変えた。

A期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
・コンピュータによる計時・記録、自動集計に変えたことにより、計時・記録、集計作業が省力化されるので施工性の向上が図れる。

eagle plusユーザー画面
適用条件
@自然条件
・特になし

A現場条件
・インターネットに接続可能な場所であること。

B技術提供可能地域
・技術提供地域については制限なし


C関係法令等
・特になし
適用範囲
@適用可能な範囲
・インターネットに接続可能であること
・コンピュータにWebブラウザ(InternetExplorer 9以上、またはFirefox)がインストールされており、JavaScriptが動作可能であること


A特に効果の高い適用範囲
・コンクリート打設回数が多い工事
・コンクリート施工時の打重ね層数が多い工事

B適用できない範囲
・インターネットに接続できない場合は利用できません。
・コンピュータにWebブラウザ(InternetExplorer 9以上、またはFirefox)がインストールされていない場合、JavaScriptが動作可能でない場合には利用できません。

C適用にあたり、関係する基準およびその引用元
・特になし
留意事項
@設計時
・弊社ホームページ http://www.sky-system.net/concrete-construction-management.html 、及びカタログをご参照ください。カタログを入手される場合は弊社営業担当へお申し付けください。
・現場事務所-InternetExplorer 9以上、またはFirefox、MicroSoft Excel2003以上がインストールされたPC(ユーザ管理、打設計画の登録、打設進捗管理、集計帳票の出力に使用)
・打設現場-InternetExplorer 9以上、またはFirefoxがインストールされたタブレット端末(打重ね箇所の入力時に使用)、スマートフォン(ミキサー車現場到着、荷卸開始/終了時の車番・時刻記録時に使用)をご用意ください。
・本システム1ライセンスで、1工事に対応します。

A施工時
・eagle plusを利用する端末が、インターネットにアクセス可能かご確認ください。
・ブラウザの種類、バージョンが利用対象可能なものか、JavaScriptの設定が利用になっているかご確認ください。

B維持管理等
・PC、携帯電話、スマートフォン、インターネット接続回線の通信費用が発生します。
(弊社レンタルのタブレット端末以外の通信費はお客様負担)

Cその他
・特になし

このシステムはInternet Explorerの文字サイズ「小」で開発しております。                       プライバシーポリシー / 著作権等について